TOP > ライフスタイル > ポジティブ思考とネガティブ思考、どちらも素晴らしい!その理由とは?

ポジティブ思考とネガティブ思考、どちらも素晴らしい!その理由とは?

*はる* 更新日:2016-03-24
お気に入り

考え方には、大きく分けて、ポジティブ思考とネガティブ思考がありますね。普段何気なく耳にする言葉ですが、あなたはこの2つについて、どんな印象を持っていますか?今回は、ポジティブとネガティブについて一緒に考えてみましょう。新しい発見があるかも知れませんよ♡

1

ポジティブとネガティブとは?

出典:出典先リンク

ポジティブとは、「楽観的・肯定的・積極的」であることです。

未来など、未知の物事について、良いイメージを持ち、希望を抱く。
未来に向けて、前向きに行動する。活動的で積極的なのが、ポジティブの特徴です。

ネガティブとは、「悲観的・否定的・消極的」であることです。

未来など、未知の物事について、悪いイメージを持ち、希望を抱けない。
未来に対して、後ろ向きで消極的。過去の経験に基づいて、すがる傾向があります。

分かりやすい例として、「目の前に置かれたグラスに、飲み物が半分入っていた場合」の心理を見て見ましょう。

「半分もある!」と喜ぶ心理状態がポジティブ。

反対に、「半分しかない…。」と悲しむ心理状態が、ネガティブです。

2

性格なのか、考え方なのか?

出典:出典先リンク

性格は変えるのが大変だとしても、考え方は、本人次第で変えることが出来ます。
自分の意識をどう変化させていくかで、見えてくる世界も変わります。

今までにどんな経験をして、その時、どう感じてきたのか。
それによって、これまでに「自分に対する思い込み」が創られてきているかも知れません。

けれど、そもそも、この世に確かなものというのは存在するのでしょうか?

常に時は流れ、時代は進化していきます。
ネイルを、その時の気分で新しく塗り替えるように、形を変えながら進んでいくのが人生。

あなたの心も、どんどん変化しているのです。

「こうなりたい」という理想がありますか?

その気持ちが湧いている時点で、既にあなたには、理想の自分になれる可能性が充分にあるのです。

3

どちらにも、良さがある。

出典:出典先リンク

思考に、正解や不正解はないと思います。

ポジティブに生きるのが楽しそうなら、ポジティブ思考を意識して生活すれば良いですし、ネガティブに生きるのが楽であれば、その様に生きる。

ネガティブは、「慎重」とも表現できます。
人生には、大胆に行動すべき時もあれば、慎重さが大切な時もあります。

慎重さに重点を置いた人生も、堅実で良いと思います。
つまり、人それぞれに性格があり、考え方は十人十色。

自分は自分、人は人。

皆、それぞれに違うテーマを持って生きているのですから、自分の道を、自分らしく歩いていけたら幸せですね。

4

自分にとって、心地良いバランスを。

出典:出典先リンク

誰にでも、「前向きさ」もあれば「慎重さ」もあります。
ポジティブ100%な人間も、ネガティブ100%な人間も、そうそう存在しないのでは?

その時々で、自分の心の声に耳を澄ませて、「最善だ」と思う方向に進めば良いと思います。

自分らしさは、自分ではよく分からないかも知れません。
けれど、自分の本心を意識して生きていると、少しずつ自分自身を知ることが出来ます。

一生、進化していく自分を楽しみましょう♡

そして、その時々で「ポジティブ」と「ネガティブ」のバランスをとっていけたら良いですね。

完璧を目指す必要はありません。ほどほどでも良いから、気楽にいきましょう。

あとがき

出典:出典先リンク

人は、幸せになるために生まれてきたのだと思います。
自分を信じて、毎日を精いっぱい生きていれば、絶対に道は開けます。

この世には、可能性の扉が無数に存在しています。
星の数ほど、奇跡は起こる。それが、人生だと思います。

日々の幸せ、奇跡に気付けるかどうかは、全て自分次第です。
あなたが生まれてきたのには、必ず輝く意味があります。

「自分だからこそ出来ることを、見つける旅」が、人生なのだと私は思います。

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ



関連記事