TOP > ダイエット > 下半身痩せにはスポーツがおすすめ!痩せるスポーツで下半身太り解消

下半身痩せにはスポーツがおすすめ!痩せるスポーツで下半身太り解消

ランサーズ 更新日:2018-08-01
お気に入り

下半身太り解消に重要なのは、運動して痩せるための筋肉をしっかりとつけること。ただ、運動する時は種目を選ばないと、逆に筋肉で脚が太くなってしまうこともあります。下半身痩せに合ったスポーツ、向かないスポーツをランキング形式でご紹介します。

下半身痩せはスポーツ系の習い事がおすすめ?

楽しい 女性

ダイエットをしているのに、なかなか引き締まらない下半身に悩んでいませんか?
もしかすると、その原因は蓄積した脂肪よりも、筋力の低下にあるのかもしれません
それでは、ひたすら筋トレをすればいいのかというと、自己流ではなかなか続かなかったり、トレーニングの方法を間違えて、かえって足が太くなってしまったりなんていうことも。
効果的に筋力をアップさせて、下半身痩せしたいのなら、スポーツ系の習い事がおすすめです。
下半身太りの原因と、下半身痩せに向くスポーツ、向かないスポーツをその理由を交えながらご紹介します。

下半身太りの原因に運動不足が関係

下半身太り

上半身にはあまり問題がないのに、腰から下だけが引き締まらない下半身太りは、食事制限を基本とした方法では対応できないのダイエットの代表格と言えます。
それは、下半身太りの最も大きな原因が運動不足にあるから。
美脚を手に入れるためにはどんなことが必要なのでしょうか?

食事制限ダイエットだけでは脚やせは難しい

太る原因

食事制限に重点を置いたダイエットでも、超過した体重を落とすことはできますし、全体的なサイズダウンもある程度までなら可能です。
ただ、下半身太りは、カロリー過多による脂肪の蓄積だけでなく、むくみや老廃物の蓄積、骨格のゆがみなどいろいろな要因が組み合わさって起きています
そのため、食事制限ダイエットをどんなに頑張ったとしても、引き締まった脚を手に入れることは、かなり難しいと言わざるをえません。

運動不足は老廃物が溜まりやすくなる

下半身太り

人は起きている時間のほとんどを、立ったり座ったりして過ごします。
当然のことながら、その間、脚は体の下の方にあることになり水分や老廃物が沈殿するかのごとく足に溜まっていくのです。
不要なものが溜まると、リンパや血液の流れが阻害され、冷えやむくみを引き起こし、結果的に下半身が太くなってしまいます
冷えやむくみの解消は、一時的にならばマッサージなどですることもできますが、その状態を保つためには老廃物を脚からくみ出すためのポンプ機能が必要になります。
そのポンプこそが、脚の筋肉です。
運動不足は、ポンプ機能として働く脚の筋肉を衰えさせるため、老廃物がたまりやすくなるのです。

下半身痩せにスポーツジムがおすすめな3つの理由

3つ

「下半身痩せのために運動をしよう」一念発起しても、具体的に何をすればいいのかわからない場合は、まずスポーツジムから始めてみましょう
スポーツジムには、脚やせにつながる筋力トレーニングにいい3つのポイントが揃っています

側にアドバイザーがいてくれる安心感

ピラティス

運動の場所としてスポーツジムを選ぶ一番のメリットはアドバイザーがいることです。
大人になってから始めるスポーツは、どうしても自己流になりがちですが、スポーツジムならインストラクターがいるので、相談しながらトレーニング方法を考えることができます
それは、技術面はもちろん、自分のトレーニングは間違っていないという安心感も与えてくれます。

人の目があるからサボらない

エクササイズ

下半身やせのためのトレーニングで最も大切なことは、続けることです。
筋力トレーニングは、方法さえわかれば、スポーツジムに通わなくても自宅でできる運動です。
ただ、自宅で行うことの最大のデメリットは、三日坊主になりがちで、トレーニング自体も簡単に手を抜きができることです。
スポーツジムに会費を払えば、行かないともったいないという気持ちが働きますし、トレーニング中も周囲の目を意識して、自然にしっかりとしたトレーニングを行うことができます

綺麗な筋肉のラインが作れる

美脚

下半身やせをしようと思って筋トレをしたら、筋肉がついて逆に足が太くなってしまったとなっては何のためのトレーニングかわかりません。
脚を細くするためには、通常の運動でよく使う前側や外側の筋肉ではなく、裏側や内側の筋力を鍛えることが大切です。
ただ、この部分の筋肉はスクワットなど、一般的によく知られた脚のトレーニングでは鍛えにくい部分。
スポーツジムには、この部分を重点的に鍛えるマシンがあり、正しい使い方を指導してくれるインストラクターもいるので、とても効率的に脚やせのトレーニングができます。

話題の痩せる習い事ランキングベスト3

話題 おすすめ

筋力トレーニングも効果があるけれど、せっかくなら楽しく運動しながら、脚痩せができればうれしいですね。
そんな人におすすめの、痩せる習い事を3つ後紹介します。

3位 しなやかな筋肉をつけられる「ヨガ」

ヨガ 楽しい

ヨガは今や多くの人が親しんでいる健康法のひとつで、習い事としても人気です。
トレーニングでは、呼吸法と正姿勢を大切にして、さまざまなポーズをとりながら心と体のバランスを調えていきます。
独特のポーズを繰り返す中で、次第に体のゆがみがとれ、血流やリンパの流れが良くなる効果が期待できますし、機械トレーニングで得られるのとは違うしなやかな筋力をつけることができます
まさに、ヨガは下半身太り解消のためにうってつけの運動といえます。

2位 世界最古の踊り「ベリーダンス」でお腹痩せ

美しい腹筋

音楽に合わせて体を動かすことが好きな人には、ベリーダンスがおすすめです。
そもそもベリーダンスのベリーは英語で「腹」の意味。
腰をまわしたり震わせたりしながら体をよじる動きが多くあり、ウエストのくびれづくりに期待がもてます
また腰を使って踊ることにより姿勢がよくなるので、体のゆがみの改善も期待できますし、動くことで血流やリンパの流れもよくなり、むくみ防止にもつながります

1位 無理せず脚が細くなる「水泳」

水泳 理想

体に負担をかけずに筋力アップを狙うなら、水泳がおすすめです。
水泳はほかの運動に比べて消費エネルギーが多く、全身のダイエットにもつながります。
ゆったりと、自分のペースで泳いだり、泳げない人は水中を歩いたりするだけでも、筋肉に過度な負担をかけることなくトレーニングができます。
バタ足などをすれば、血の巡りをよくすることができますし、平泳ぎは普段使わない脚の筋肉を使うことができるので脚痩せにぴったりです。

足が太くなるスポーツランキングベスト3

がっかり 女性

適度にスポーツをすることは健康にとってはとてもいいことです。
けれど、足に大きな負荷がかかる種目は太ももやふくらはぎ、腰回りに筋力がつく傾向にあり、時に筋肉太りを引き起こします
筋肉太りに気をつけたい3種目をピックアップしました。

3位 下半身に負荷がかかる「バスケットボール」

バスケットボール

バスケットボールの基本姿勢は、少し腰を落とした低重心の構えです。
この姿勢は、ゲーム中ずっとスクワットをしているようなもの。
まだ、動きも激しく、高く飛んだりしっかりと着地したりするために下半身の筋力が重要となってきます。
バスケットボールのような、下半身に負荷のかかるスポーツは脚に想定以上の筋肉がついてしまう恐れがあります。

2位 体の片側に重心がかかる「サッカー」

サッカー

広いフィールドを力いっぱい駆け回るサッカーはエネルギー消費も激しく一見ダイエットにもよさそうに思えます。
けれど、サッカーの動きは、パスやシュートをはじめ多くの場面でどちらか一方の足で蹴ることが多く、片側に重心が集まるため、実は体にゆがみが生じやすい状況になります。
人間の体は、体にゆがみが生じると、リンパの流れが滞り、下半身に溜まっていきます
これが、下半身太りの原因になる可能性があります。

1位 瞬発力勝負の「バドミントン」

バドミントン

公園などで、遊びの一環としてするバトミントンは穏やかな雰囲気ですが、本格的なバトミントンはとても激しいスポーツです。
シャトルの飛んでくる方向へ、瞬時に移動しなくてはならないため、脚の瞬発力が求められます。
速い動きに対応するための筋肉は、速筋と呼ばれ、太い筋繊維が特徴の筋肉
瞬発力をつけるため、脚の速筋を鍛え続けると、結果的にどんどん脚が太くなってしまうスポーツです。

痩せるスポーツで下半身痩せを目指そう

運動

ご紹介してきたように下半身痩せを目指すなら、運動することはもちろん、どんな運動をするかということもとても重要です。
自分が楽しく続けられる、下半身痩せ向きの運動を見つけて、美脚を手に入れましょう

ファットカットロスで相乗効果を狙おう♪

サプリメント

食事制限だけで効果を得ることが難しい下半身太りですが、解消に成功したあとリバウンドさせないためにも日ごろから食事には気を使うべきです。
ファットカットロスは飲みやすいカプセルタイプのサプリメント
白インゲン豆のエキスで、小腸からの脂肪の吸収を抑え、ギムネマ抽出液が便通を良くしてくれます。
ファットカットロスを上手に使って、リバウンド知らずの毎日を過ごしましょう。

最低10kg以上痩せる⁉ファットカットロスの口コミと効果は?

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ