TOP > ダイエット > 脚痩せ最終兵器!!何をしても細くならなかった脚のための、脚痩せストレッチ

脚痩せ最終兵器!!何をしても細くならなかった脚のための、脚痩せストレッチ

sariemon 更新日:2016-08-08
お気に入り

突然ですが、想像してみてください。今日は、いつも一緒に行動している大好きな親友と、二人で恒例のショッピング!二人ともショートパンツでばっちり決めています。でも、いつも同じ距離を歩いて、毎日脚痩せトレーニングもやっていて、しかも親友のほうが食べる量は多いのに・・・。なんでこの子、こんなに足が細いの・・・?夕方になってもちっとも浮腫んでないし、スラッと長くて細い足に周りの視線が集まってる・・・それに引き換え、何倍にも膨れ上がった自分の脚。このままだと、親友と遊ぶときは、もう脚を出すのはやめよう・・・。なんて、友情にヒビが入りかねません。今すぐに、なんとかしましょう!脚痩せトレーニングをしているのに、全然細くなってない!!!いつもの脚痩せトレーニングの効果が倍増する脚痩せストレッチをご紹介します。

1

脚痩せトレーニングをする前にあなたが知っておくべきこと

出典:出典先リンク

あなたの脚の付け根を触ってみてください。
ヒヤっとしていませんか?

脚痩せにとって大敵なのが、脚の付け根の冷えと浮腫です。

脚の付け根の冷えと浮腫みは、内臓が関係しているである場合もありますが、股関節回りが正常に機能しておらず、老廃物を溜め込みやすくなったことが原因で起こります。

老廃物が溜まってしまうと、股関節回りの動きが悪くなります。
動きが悪いところに脂肪はつく傾向にありますので、股関節が動いていないと、太ももの内側に脂肪がつきやすくなります。

2

股関節の動きを良くしましょう

また、股関節のまわりには、23個もの、たくさんの筋肉がついています。

股関節の動きが鈍くなると、股関節まわりの筋肉はかたまり、使われないので衰えます。
すると、脚痩せとはほど遠くなってしまいます。

股関節を正常に動かすことが出来れば、筋肉が緩み、使うべきときに、使うべき筋肉が鍛えられ脚痩せにつながるのです。

まずは股関節の動きを正常に戻すことから始めましょう。

足をこぶしひとつ分開け、右足を曲げ、前に出し、左足の膝は床につけます。

前に出している脚の方向に、上半身を倒します。

このとき、おへそは正面に向けます。
大切なポイントは、骨盤が前のほうに引っ張られているイメージで、骨盤を前に押し出すことです。

このストレッチで、ふとももの付け根当たり、股関節回りがストレッチされたら使えている証拠です。
15秒キープして、反対側も同様に行いましょう。

3

次に、膝裏のストレッチを行いましょう

出典:出典先リンク

股関節と同様に、膝裏にもふくらはぎや足首、太もも裏が疲労することによって老廃物がたまりやすくなります。

膝裏の機能が適切に機能していないと、膝回りの動きが悪くなり、ふくらはぎの筋肉にばかり負担がかかってしまいます。
すると、筋肉疲労によってふくらはぎがパンパンに張りやすくなります。
ふくらはぎの太さは、筋肉のハリが原因のことがほとんどです。

膝裏の機能も正常に戻すストレッチをご紹介します。

長座の姿勢になります。

一方の足の膝裏を両方の中指でぎゅっと押します。

押しながら10回膝を曲げ伸ばししましょう。

反対も同じように繰り返します。

老廃物のたまり場である膝裏のリンパの流れを良くする効果があります。
さらに、疲労しやすい太ももの裏の筋群が集まる場所の緊張を緩め、正常に動かせるようにしていきます。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか?

脚の太さを気にしていると、隠すようなファッションばかり選んでしまっておしゃれも楽しめないし、毎日夕方の浮腫みにおびえて暮らさなくてはなりません。
でも、もうそんな生活とは、おさらばです!

そして、脚痩せトレーニングを続けながら、ストレッチも取り入れてみてくださいね。
結果は必ずついてきます。
さあ、自信をもって、お友達と脚見せファッションを楽しんでくださいね♪

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ



関連記事