TOP > ライフスタイル > ヨガの効果を高めるための食事法とは!? タンパク質と魔法の言葉がキーポイント♪

ヨガの効果を高めるための食事法とは!? タンパク質と魔法の言葉がキーポイント♪

ちひろ 更新日:2017-01-06
お気に入り

ヨガを通じて、身体のラインを引き締めるだけでなく、ダイエットにもつなげたいと考えているなら、食事にも気をつける必要があります。ヨガを行っているからといって、食べたいものを食べたいだけ食べていたら、痩せるものも痩せなくなってしまいますからね。そこで、ヨガの効果を高める食事のポイントを紹介したいと思います。定期的なヨガ+適切な食事で、あなたの身体はもっとキレイになることでしょう♪

1

ヨガの前後は食事を避ける!

前回のコラム「ヨガの7つのNG行動」 でも解説した通り、ヨガの前後2時間は食事を避けることが望ましいです。

ヨガは、普段の生活であまり使うことのない深層筋に刺激を与え、内臓にまで働きかけることのできるものですから、胃が空っぽの状態で行ったほうが、効果も高いのです。

食べたものを消化するには、少なくとも2時間はかかりますからね。

そして、ヨガの後は、身体が飢餓状態になっていますから、すぐに食べてしまうと、脂肪分などを吸収しやすくなってしまいます。
そのため、太りやすくなってしまうと言えるでしょう。

ヨガ中はしっかりと水分補給をして、前後は食事を摂らないように心がけてみてください☆

2

ゴールデンタイムにタンパク質を摂取する!

ヨガ後に食事を摂らないほうが良いのですが、30分以内にタンパク質を摂取してください!

ヨガ後の30分は、ゴールデンタイムと言われます。
運動後の30分は、筋肉を作るタンパク質の合成が高まるためです。

ただし、同時に筋肉を減らしてしまうタンパク質の分解も起こっています。

そこで、運動後30分以内に、必須アミノ酸を含むタンパク質を摂取することで、筋肉を減らすタンパク質の分解が抑制されるのです。

30分以内に摂取するタンパク質としては、食べ物よりも飲み物がおススメです。
豆乳や牛乳には、タンパク質が多く含まれているので、ぴったりですね(^^)

豆乳や牛乳が苦手な方は、ヨーグルトやチーズでも構いませんよ。

3

タンパク質の合成を高めるロイシンに注目!

ヨガ後、2時間以上空けてから摂る食事でも、良質なタンパク質を摂ることを意識してください。

身体のタンパク質を構成しているのは、20種類のアミノ酸。
その中でも、バリン・ロイシン・イソロイシンという3種類の必須アミノ酸が、筋肉のタンパク質を増加させてくれます。

タンパク質の合成を高めるという点では、とくにロイシンの摂取がおススメです。

<ロイシンを多く含む食べ物>
鶏のムネ肉、豚のロース、カツオ、マグロ、納豆、卵など

また、動物性のタンパク質(肉・魚・乳製品)と、植物性タンパク質(納豆などの豆類)を、バランス良く摂取することが望ましいですね。

お肉やお魚だけでなく、豆類も食べてください♪

さらに、ヨガ後の食事のポイントとしては、内臓への負担が少なくて、脂肪分の少ないものを選びましょう。

温かいスープは、身体を温めるだけでなく、水分補給にもつながるので、ヨガ後の身体に優しいですね。

温野菜などを食べて、しっかりと栄養を摂ることも大切ですよ。
サラダを食べる場合は、ドレッシングに注意してください。
油分の少ないものを選んで、脂肪分を摂りすぎないようにしてくださいね☆

そして、ヨガの食事では、なるべくアルコールは避けましょう。
アルコールは、内臓への負担を増大させてしまいますからね。

4

感謝の気持ちで食べる!

ヨガとは、ただの運動ではなく、自然のエネルギーを取り込む行為です。

それは食事においても同じで、単に栄養を摂取するのではなく、自然のエネルギーを身体に取り込むことが大切なんですね。

だから、できれば素材にこだわった、自然のものを食べることを心がけてほしい。
でも、忙しい毎日を送っているあなたは、なかなか素材にこだわった食事を続けるのは難しいと感じてしまうでしょう。

そんなときは、食べるときの心の持ち方にだけ、気をつけてください。
具体的には、「いただきます!」という魔法の言葉を発することです!

「いただきます」という言葉は、感謝の気持ちを表す言葉ですね。
その食べ物を作ってくれた人すべてに感謝して、また食べることができる状況に感謝する言葉です。

その感謝の気持ちは、食べ物の消化促進にも効果的なんですよ♪
やっぱり、身体と心は、つながっているのですね。

忙しいからといって急いでご飯を食べたり、仕事をしながらご飯を食べないでください。
「いただきます!」と言ってから、10分でも、時間がなければ5分でもいいから、食事だけに集中しましょう。
そして、「ごちそうさまでした!」と感謝の言葉でしめくくれば、完ペキです(^^)

あとがき

ヨガの効果を高めるための食事法を紹介しましたが、いかがでしたか?
とくに、最後の「いただきます!」という言葉は、どんなふうに感じたでしょうか。

「そんなスピリチュアルというか、精神論を言われてもね〜」と批判するか、「そういえば、最近はいただきますなんて言ったことがなかったな・・・」と気づくかは、あなた次第です。

ヨガは、呼吸を意識することによって、精神の安定にもつながります。
それなら、食事のときも、ただ食べるだけでなく、精神を安定させて、感謝の気持ちを持って、食べ物をいただきたいですよね。
その安定した精神が、安定したキレイな体を作り上げるのだと、私は信じています☆

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ