TOP > ライフスタイル > 短期間で体を柔らかくする方法。体が硬くてもできるストレッチ

短期間で体を柔らかくする方法。体が硬くてもできるストレッチ

美怜 更新日:2017-08-26
お気に入り

実は体が硬かったり柔らかいという柔軟性は、持って生まれた才能ではありません!個人の生活習慣や行動パターンが大きな要因だといわれています。短期間で体を柔らかくするには、無理をしない程度に毎日ストレッチを行うことが重要なんです!体が硬めの方でも無理なくできるストレッチをご紹介します☆

体を柔らかくするには?

体が硬いとけがをしやすかったりしますよね。体が硬いのは、毎日の生活習慣や行動パターンを見直すことでも改善しやすくなります。しかしそれだけで体が柔らかくなるわけではなありません。

 

体を柔らかくするには「ストレッチ」が一番いいんです♪すぐに効果が現れないと辛く感じたりしますが、効率よく毎日続けることで柔らかくなりますよ!

ストレッチのポイント

効果が現れないとやる気もなくなってしまいます。効率よく短期間で体を柔らかくするにはストレッチを行うポイントを知ることが重要だといえます。体を柔らかくするためのストレッチ方法も三つのポイントをうまく利用すれば、より短期間で体を柔らかくすることができます!

 

首と肩をほぐすストレッチ

体全体をゆっくりとほぐしていくように、上半身から順番にストレッチをしましょう。まずは首と肩をほぐすストレッチ方法です☆肩こりや首の疲れにも効果的ですよ!

出典:出典先リンク

1

肩の力を抜いて首をゆっくりと左右に倒す。

2

耳を肩に近付けるようなイメージでゆっくりと左右交互に5回ずつ行う。

3

両肩をすくめるように持ち上げ、3秒キープしたらゆっくり元に戻す。

4

これを5回繰り返す。

腕と背中をほぐすストレッチ

次に腕と背中をほぐすストレッチ方法です。フェイスタオルやスポーツタオルなど、少し長めのタオルを1枚用意してから行いましょう♪体の伸びを感じられるストレッチで、とても気持ちいいですよ!

出典:出典先リンク

1

用意したタオルの両端をつかむ。

2

タオルをつかんだまま体を左右にゆっくりとねじる。

3

左右に2~3回往復したら腕を上に上げ、バンザイのポーズをとる。

4

バンザイをした腕をゆっくり背中側に倒すのを3回繰り返す。

背中と股関節を伸ばすストレッチ

最後に背中と股関節を伸ばすストレッチを行いましょう。股関節は女性にとって重要な関節の一つですし、ほぐしておくことで脚への負担の軽減や疲れを取ってくれますよ☆

出典:出典先リンク

1

お相撲さんが四股を踏むポーズをとる。

2

そのままの姿勢で、手は膝から離さず右肩を左膝に近づけるように体を左右にねじる。

3

体を正面に戻し、今度は左肩を右膝に近づけるイメージで同じ動作を行う。

4

これを5回ずつ繰り返し行う。

どのくらいすればいいの?コツは?

首と肩をほぐすストレッチ・腕と背中をほぐすストレッチ・背中と股関節を伸ばすストレッチ、3種類のストレッチを一日に2セットずつゆっくりと時間をかけて行ってみましょう!

 

行うときは全ての動作をゆっくりと行い、伸ばすときに息を吐きながら行うのがコツです♪お風呂上りだと体がほぐしやすいので、体が温まって硬い筋肉がほぐれているときにストレッチをしてみましょう。

最後に

以前は体が柔らかかったとしても年齢と共に硬くなった、と感じる方もいるかもしれません。体が硬くなると肩こりなどにもなりやすくなり、頭痛などの原因になることもあるためいいことがないですよね。

 

毎日お風呂上りにまったりとしながら体をほぐせば、気持ちも落ち着き心地よくなれそうですよね☆リラックスしながら行うことで日頃のストレス解消にもなりそうですね!

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ



関連記事