TOP > ダイエット > 血液型ダイエットで本当に痩せる?信憑性とその効果

血液型ダイエットで本当に痩せる?信憑性とその効果

美怜 更新日:2017-12-14
お気に入り

12月5日の有吉弘行のダレトクでも紹介された「血液型ダイエット」。根強い人気のダイエット方法ですが、本当に痩せることができるのでしょうか?今回は血液型ダイエット方法の信憑性と気になる効果をご紹介します。

「血液型ダイエット」 とは?

「血液型ダイエット」とは、その血液型のルーツをもとに合う食べ物と合わない食べ物を理解するところからはじまります。自分の血液型に適している食材を多く摂り、適していない食材をある程度避けるダイエット方法です。

 

自分の血液型のルーツを知れるのは面白いですよね!合った食べ物と合わない食べ物を知ることで誰でも簡単にできるダイエット方法です。しかし、本当に痩せられることができるのでしょうか?

効果があった人も!

血液型ダイエットが発表されて以来、今もこの方法は人気で、効果があったという方も多くいます、有名なところだと、ミランダ・カーが産後に血液型ダイエットで17キロものダイエットに成功しているんだとか☆

 

また、ミス・ユニバース・ジャパンの栄養指導をしているエリカ・アンギャルさんは、栄養学の専門家で医師でもありますが、血液型ダイエットを推奨しています。

信憑性は低いの?

血液型ダイエットは、ピーター・J・ダダモ博士が研究や歴史的な背景を元にして提唱したダイエット方法だといわれています。しかし、この効果を決定づける論文は発表されていません。

 

つまり、科学的な根拠はないとされています。根拠はありませんが、実際に体験した方でダイエットに成功したという体験談も多くあります!合う食べ物と合わない食べ物がはっきりしているのはわかりやすく、続けやすいと感じる方が多いのも血液型の特徴です。

A型のダイエット

A型は農耕民族がルーツだといわれています。真面目で神経質な方が多く、ストレスをためやすい傾向が強いのがA型の特徴。コルチゾールの分泌量が多いため、ストレスによるダメージを受けやすい傾向にあるので、ストイックなダイエットは向いていません。リラックス効果もあるといわれているヨガ・ウォーキング・ゴルフなどを週3~5回するといいでしょう。

 

農耕民族がルーツになっているA型は、野菜や穀物が身体に合っていて緑黄色野菜・にんにく・生姜・玉ねぎ・大豆製品・鮭・青物の魚・パイナップル・ベリー系がいいといわれています。逆に合わない食材は、赤身肉・乳製品・小麦製品・キャベツ・ナス・椎茸・魚以外全般・油分の多い果物。胃散と消化酵素が出されにくいA型は、肉や魚を消化しにくい傾向にあるといわれています。

B型のダイエット

遊牧民がルーツだといわれているB型は、A型と対称的といわれ、マイペースで新しいものや楽しいものが好きな傾向があります。楽しみながら気分転換ができる、テニスやエアロビなど達成感のあるスポーツが合っていて、ストレス発散にもなるでしょう。

 

遊牧民がルーツになっているB型は、免疫力が高く消化酵素の分泌が活発です。赤身の肉・魚類・まいたけ・パプリカ・しいたけ・ベリー系・さくらんぼ・バナナ・乳製品などが合っていますが、好き嫌いがはっきりとしていて、同じものばかりを食べる傾向にあるため注意しましょう。合わない食材は、鶏肉・コーン・ピーナッツ・そば・ゴマ・アボカド・ココナッツ・・ピスタチオ・カシューナッツ・ヘーゼルナッツなどです。

O型のダイエット

人間の原始の血液型といわれているO型は、集中力があり欲望に対してストレートな性格の方が多いのが特徴です。ハードな有酸素運動や筋トレが合っていて、ジョギング・エアロバイク・格闘技・水泳などで汗をかいてドーパミンの分泌を促せば、メンタル的にも良い効果が得られるでしょう☆

 

O型はタンパク質をベースに作られた身体であるため、消化酵素が豊富で胃酸の分泌が盛んで代謝が高いです。赤身の肉・タラ・ブリ・海藻類・青身魚・オクラ・ブロッコリー・玉ねぎ・ベリー系・プルーンなどが合っています。小麦製品・タコ・乳製品・きゅうり・しいたけ・アボカド・ココナッツ・オレンジなどが合っておらず、野菜だけのダイエット方法は合わないため、高タンパク質+炭水化物を少なくする食生活をするといいでしょう。

AB型のダイエット

A型とB型の両方を併せ持つ複雑なAB型は、功利的・自由人・二面性を抱えているといわれています。エクササイズに関してもA型とB型の特徴をいかした方法が合っているといわれており、ストレスに対して最も強いといわれています。リラックス効果があるヨガ、アクティプなテニスなどをミックスして、バランスよく実践するといいでしょう。

 

食材もA型とB型の特徴を見ながら、全体的にバランスよく食事を摂るのがいいといわれています。大豆製品・マグロ・さんま・サバ・いわし・低脂肪の乳製品・ほうれん草・しいたけ・レモン・グレープフルーツ・ベリー系が合います。体質に合わない食材はB型に似ていて、加工肉や鶏肉・そば・ごま・バナナ・柿・オレンジなどです。

最後に

血液型ダイエットは血液型によって、消化しやすい食材と消化しにくい食材があるため、自分の血液型に合った食材を選ぶ方法です。消化に合わせれば、消化不良だけではなく代謝もよくなりそうですよね。

 

化学的な根拠はないとしても、自分に合った食べ物やエクササイズ方法を知っていればダイエットのきっかけにもなりそうですよね!続けることで痩せられれば一石二鳥になりそうなのがいいですね。

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ