TOP > ライフスタイル > バリバリ働いていたら私にも部下ができた! そんなあなたが部下から信頼を得るための4つの秘訣

バリバリ働いていたら私にも部下ができた! そんなあなたが部下から信頼を得るための4つの秘訣

ちひろ 更新日:2015-11-08
お気に入り

いまや男性・女性に関わらず、結果を出している人が出世する時代です。あなたも仕事に一生懸命取り組んで、実績を上げたからこそ、昇進することができたのでしょう。バリバリ働いているキャリアウーマンって、カッコイイですね。昇進して、あなたに部下ができたなら、モチベーションも高まっていると思います。次のステップとして、尊敬される上司になるために、部下から信頼を得る秘訣をお教えします。

1

すべての部下と公平に接する

あなたの部下は、何人いますか?
1人だけなら気にする必要はないですが、2人以上いるなら、どの部下とも公平に接することを心がけてください。

とくに、女性は「感情」で判断することが多いですから、仕事においても、つい好き嫌いが出てしまったり、感情的になってしまいがちです。
好き嫌いがあるのは仕方ありませんが、職場ではそれを態度に表してはいけません。

例えば、性格的に合う部下をひいきにするのはもってのほかですが、成績の芳しくない部下に冷たく接していませんか?

営業成績が悪いのは、部下だけでなく、上司であるあなたの責任でもあることを肝に銘じてください。
できの悪い部下を指導して、できるようにしていくのが上司の務めです。

それなのに、冷たくあしらっているだけでは、部下からの信頼を大きく損なってしまいます。

個人的な感情は抑えて、誰にでも公平な態度で接しましょう。

2

叱り方に気をつける

部下がミスをしたとき、再発しないように注意したり、叱ることもあるでしょう。
ただ、その叱り方には、細心の注意を払う必要があります。

ミスが発覚して、あなたがイライラする気持ちはわかりますが、そのイライラを部下にぶつけるような叱り方は、絶対にやめてください。
例えば、ほかの部下がいるところで、これ見よがしに怒鳴りつけたりしたら、その部下はひどく傷ついてしまいます。

そして、次からは怒られないように、あなたの顔色を伺って、ビクビクしながら仕事することでしょう。
部下にそんなふうに仕事してほしくないですよね。どうせなら、伸び伸びと楽しく仕事してほしいですよね。

ですから、叱り方に気をつけてください。
怒鳴るだけが、叱り方ではありませんよね。

どうしてミスが起こってしまったのか、今後はどのように対処したら良いのかをアドバイスするように、優しく叱ってあげてください。

3

部下と積極的にコミュニケーションを取る

いままでに部下を持ったことがない人は、あなたが上司から受けた態度と同じように接してしまうことが多いようです。

あなたの上司は、どんな方だったでしょうか。
男性上司であったなら、あまり部下とはコミュニケーションを取らず、じっと見守っているような上司が比較的多いのではないかと思います。

それで、あなたも上司と同じように、デスクにふんぞりかえって、部下からの報告を待っている・・・なんて感じになっていませんか?

上司から部下にコミュニケーションを取るなんて、「媚びているみたいじゃないか!」なんて思わないでくださいね。
もし、そんな考えをしているなら、ちょっと古いですよ・・・!

あなたから部下に対して積極的に話しかければ、きっと部下は嬉しいはずです。
「こんなに気にかけてくれているから、もっと頑張らなきゃ!」と、部下のモチベーションも上がることでしょう。

積極的なコミュニケーションで部下の成果が上がるなら、これほど簡単なことはありませんよね。
部下をあなたと同じかそれ以上に育てるのが、上司の大きな仕事ですから。
そして、部下も上司であるあなたのために、よりいっそう頑張ってくれると思います。

そうやって、強い信頼関係が生まれたら、最高ですよね。

4

頭ごなしに価値観を押し付けない

あなたが築いてきた仕事のノウハウを、部下にも伝えていることでしょう。
もちろん大切なことですが、それが100%完璧なものではないはずです。

それなのに、部下に有無を言わせず、自分の考え方や行動を押し付ける上司がいます。
一方的に仕事のやり方などを押し付けられたら、部下は窮屈になってしまいます。

最初は、我慢して聞いているかもしれませんが、それで結果が出なければ、上司であるあなたに対して違和感を持つ可能性もあります。

もちろん、あなたが親身になって指導しているのだと思いますが、たまに自分の言動を振り返って、押し付けがましくなっていないか、自問自答してみることが大切です。

部下は、上司であるあなたに対して、面と向かっては言えないですから。

この辺りのバランスは難しいですが、もし自分が部下だったらどう感じるか? と考えてみると、「ちょっと強引に押し付けてしまったかな」と気付けるかもしれません。

あとがき

部下から信頼を得る秘訣を紹介しましたが、参考になりましたか?

最後に、上司のNGワードをお教えしましょう。それは、
「もっと早く言ってくれれば良かったのに!」です。

ドキッとしましたか?
けっこうこのセリフを言っている上司は多いと思います。

部下からの相談が遅くて、「もっと早く言ってよ」と思うときは多いかもしれませんが、
それはほとんどの場合、部下からすると「もっと早く言いたかったけど、言えなかった」のです。

あなたが忙しそうにしていたのか、話しかけづらい雰囲気を醸し出していたのかなど、原因はいくつかあるでしょう。
とにもかくにも、相談が遅れるということは、相談しづらい環境にあるという証拠です。

それは、上司であるあなたが変えていかなければなりません。
つまり、相談しやすい環境を作っていけば、部下から信頼を得ることができるのです。

あなたが職場で「理想の上司」と慕われることを願っています!

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ



関連記事