TOP > 恋愛 > 知ったら今すぐ恋をしたくなる!フランス式・恋愛観♡

知ったら今すぐ恋をしたくなる!フランス式・恋愛観♡

sariemon 更新日:2015-11-14
お気に入り

恋愛大国である、フランス。なぜ、そう呼ばれているのでしょう。そして、そこに住む人たちはどんな恋愛をしているのでしょうか。読んだらきっと、素敵な恋をしたくなる。フランス式の恋愛の一部始終をご紹介します。

1

恋愛に対して楽観的

出典:出典先リンク

『いつでも恋をしていたいの♡』

フランス人は、常に恋をしていたいし、したいと思っています。
そこには男も女も関係ないのです。

たとえ歳を重ねて、パートナーと別れてしまっても、年齢を理由にして恋をあきらめる、という発想もあまりありません。

だからこそ、一人の相手と激しく燃え上がるような恋に落ちても、ある日突然、誘惑が迷い込んで来たりすることだってあります。

ここだけの話、フランスでは統計的に見ても、たった一人の相手と、ずっと一緒にいるなんて稀なことなのです。

つまり、そのたびに一回りも二回りも強くなり、今よりもっと自立し、魅力ある存在になれるのです。

2

いつだって恋を求めている

出典:出典先リンク

恋をしていないときは、出会いを求めて、パートナーのいない気の合う友人に声をかけて出掛けたりと、フットワークはかなり軽め。

バーや友人主催のホームパーティー、イベントなど、人が集まる場所にどんどん遊びに行くのです。

そうしていると、常に、誰に出会ってもいいように美しくありたい、恋をしていたいと努力をします。

フランスでは、男性もそんな女性をリスペクトしてしっかり褒めてくれるそう。

習い事などで女磨きや、スキルを高めることも大切ですが、まずは今の自分のままで、勇気を出して、いつも出かけない時間、場所に出掛けてみて。

あのシンデレラだって、夜遊びをしたから、王子さまに出会えたのです。

3

友人の恋愛を祝福しよう

出典:出典先リンク

友人が誰かと付き合い始めると、フランスではまずは『よかったね!』と手放しで祝福します。
どんな人かはさておき、パートナーを見つけたことを、自分のことように喜んでくれます。

そして、それから何ヵ月か経つと、周りは『ねえ、恋してる?』と聞くのです。

その相手と、どんなデートをしているか、とか一緒に暮らすのか、結婚するのか、などではなくて、その相手に恋をしているのかどうかを聞くのです。

フランス人にとって、恋愛することと、幸せはイコール。

相手のことを思うだけで、笑顔になれて、目がキラキラして、日常の風景が違って見えます。
恋をしていないときよりも、人生が充実しているように感じる。

こんな幸せなことが、自分の友人の身に起こっているなんて、祝福せずにいられませんから。

4

恋愛がうまくいかなくなったとき

出典:出典先リンク

恋愛がうまくいかなくなったとき、フランス人はどうするのでしょうか。

例えば、相手から連絡がこなくなったとき。
『どうせ大した男じゃなかった。相手には、もっとふさわしい人がどこかにいるのよ。』と、言うのです。

そう。答えはとてもシンプル。
そうなったら、さっさと別れてしまうのです。

つらくて悲しい恋をしてボロボロになるなんて、しらけてしまうから。

自分が恋をしていて、幸せであるかが、重要なのです。

だから、恋愛対象が今日と昨日で違っても何の問題もありません。
もしかしたら、恋愛対象は相手そのものではないのかもしれませんね。

そう、パリジャン、パリジェンヌは、恋に恋をしているのです。

あとがき

出典:出典先リンク

フランス式発想の恋愛観、いかがでしたか?

恋愛はもうたくさん!
恋愛は大変!

なんて、凝り固まった恋愛観のせいで頭痛がしそうになったら、彼らのことを思い出してみてくださいね。

いつまでも、恋する気持ちを持ち続けていいのです。
いつだって、恋愛中心に人生が回っていいのです。

そんなパリジャン、パリジェンヌから、これからも目が離せません。

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ



関連記事