TOP > 恋愛 > あなたの結婚の決め手教えてください!既婚女性に聞いたリアルな本音5選♡

あなたの結婚の決め手教えてください!既婚女性に聞いたリアルな本音5選♡

nanatsu 更新日:2016-01-27
お気に入り

人生の最大イベントとも言える、「結婚」よく結婚は勢いなんて言われますが、果たして結婚の決め手となったポイントっていったい何なのか?実際に、結婚まで進んだ決め手とその決意を既婚女性の方々にお答えいただきました。理想と現実をしっかり見極め、結婚に至った最大のポイントとは、なんだったのか、しっかりと探ってみたいと思います。

1

ダントツの第1位は【経済力】

出典:出典先リンク

結婚の決め手のダントツの1位は【経済力】

年収や資産、安定した職業など、しっかり大事なポイントを見極めていらっしゃいます。

夢がないように思えますが、結婚=生活であるので、やはりこの結果は当然の結果かと思われます。

女性は結婚を夢見ていると同時に、現実をしっかり見極めているということでしょう。
素晴らしいことです。

ただ、誤解していただきたいのは、あくまでお付き合いされた方がたまたま、経済力を備わっていたということだけです。

お金目当てでは決してないので、その点は誤解のないように・・・。

愛がないのも困りますが、お金がないのはもっと困るということでしょうか?

2

一緒にいると気を使わず自分らしくいられるところ♡

出典:出典先リンク

お決まりではありますが、よく聞くセリフの中で、「空気みたいな人」。

結婚してずっと生活を共にしていくので、いくら好きな人であっても、一緒にいるだけで緊張しているようでは、お互い疲れてしまいます。

ここでの「空気みたいな人」はもちろん褒め言葉であって、決してどうでもよい人という意味ではありません。

自分が生活していく上で、一番心地よいと思える人と添い遂げるということは考えただけでも、穏やかで、素晴らしい事なんだと思います。

恋愛には、やはり刺激がないと物足りないとは思いますが、結婚生活には平穏が一番ということですね。

3

顔がタイプであること♡

出典:出典先リンク

本来、結婚というシステムは子孫を残すという、大前提があるわけで、夫がどストライクだったら、妊娠した時なんてウキウキですね。

とはいえ、出産は大変なお仕事ですので、子供の顔がどうであれ、必死すぎてどうでもいいことなのです。

只々、無事に生まれてくれることだけを祈ってまさに死ぬ思いで産むわけですから。

しかし、顔だけで結婚相手を選んだわけではないと信じたいですが、顔が良ければ、多少問題があっても許してしまうということなのでしょうか?

イケメンとかの選別ではなく、自分好みの顔であるかどうか結婚生活にはやはり大切な問題だと思います。

毎日顔を合わせて、ご飯を食べるのだからタイプの顔の方がいいですよね。

4

優しく家庭的なところ♡

出典:出典先リンク

ここ数年の傾向ですが、「イクメン」はもはや当たり前の光景になってきています。

お風呂はもちろんのこと、保育園の送り迎えや、夕ご飯の準備など、忙しい女性に代わってほとんどの家事を男性が受け持ってくれている家庭も珍しくありません。

女性は結婚して家庭に入るという選択肢はあるものの、やはり経済的に考え、働き続ける場合がほとんどですし、結婚後も社会と携わっていたいという女性も多いので、男性も子育てのみならず、家事全般が出来て当たり前の時代になりました。

やさしい=家事をやってくれる。
これは、働く女性にとって必須条件になっています。

家事ができない男性は、今の時代危機的状況といっても良いでしょう。

5

愛されていることが実感できたから

出典:出典先リンク

女性の幸せは愛するより愛される方が幸せになれるなんてよく言いますよね。

結婚生活において、お互い愛し愛される関係が最も理想なのですが、自分の事を大切にしてくれることが実感できることが、結婚生活のもっとも大切な事なのだと思います。

大切に思ってくれる人だから、外で遊ぶこともなければ、もちろん浮気なんてないだろうと思います。

自分の事を大切に思ってくれる人なのか、そうでないのかは結婚すれば、すぐにわかります。

信頼できる人なんだと思います。
結婚相手にこれほどまで信頼できる人なんてとても幸せなことだと思います。

穏やかに暮らせていけるだろう相手というのは、信頼なんでしょうね。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがだったでしょうか?

よく、芸能人が結婚のインタビューでビビッと来たと言いますが、結婚する相手というのは「この人と結婚するかも」というような予感というか、予兆があるのだと思います。

自分にはその予感がいつ訪れてもいいように、アンテナをしっかり張って結婚の予感をしっかり察知し、来るべきプロポーズがいつ訪れてもいいように準備しておきましょう。

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ



関連記事