TOP > ダイエット > 下半身デブのダイエット方法|原因を解消してパンツの似合う脚に

下半身デブのダイエット方法|原因を解消してパンツの似合う脚に

CROCO 更新日:2018-06-19
お気に入り


ふと気付くとあなたの下半身、ぶくぶくと太っていませんか?
「体重は落とせても下半身のお肉はなかなか落ちない…」そんな悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

もし、あなたが下半身太りを気にしているとすれば、それはあなたの生活習慣や日常で行っているちょっとしたクセに原因があるかもしれません。
そして、いまは太ってないという人も「下半身デブ予備軍」の可能性があるので要注意ですよ。

まずは、あなたの「下半身デブ度」をチェックしてみましょう。
以下の質問に、○か×でお答えください。

全28問の内にがいくつあったかをチェックしてください。
あわせて<生活習慣><むくみ><骨盤のゆがみ><筋肉太り>の4つのカテゴリーにおいて、
それぞれ○がいくつあったかをチェックしてください。

それでは、チェックスタート!

【下半身デブ度チェック】

<生活習慣>

  • 揚げ物やスナック菓子が好きでよく食べる
  • 食後のデザートは欠かせない。あるいは間食が多い
  • 週3回以上お酒を飲む
  • 起きる時間と寝る時間が日によってバラバラだC
  • スポーツはあまりしない。1日の合計で20分以上歩くことが少ない
  • 最近、体がだるくて、いつも疲れている気がする
  • 低血圧である。もしくは、寝起きが悪い

<むくみ>

  • 体温が低い。冷え性だと感じている
  • 1日の中で立っている時間が長い
  • 週3回以上お酒を飲む
  • 同じ姿勢でいることが多い
  • あんまり水を飲まない(1日1リットル以下)
  • 猫背である
  • 夕方になると足がパンパンになる
  • 肌を指でぐっと押すと、指の形がなかなか消えない

<骨盤のゆがみ>

  • 足を組むクセがあり、いつも同じほうの足を上にする
  • いつも同じほうの手でバッグを持ち歩いている
  • 靴のかかとの減り方が左右でまったく違う
  • 左右の足の長さが違う
  • どちらかの足に重心が傾きがちである
  • 歩いているときスカートのウエスト位置がよくずれる
  • 最近ストレスがたまっていると感じる

<筋肉太り>

  • ハイヒールを履くことが多い
  • 内股、あるいはがに股で歩いている
  • 1年以上同じスポーツを続けている
  • 太ももの前側に筋肉が盛り上がっている
  • O脚、またはX脚である
  • つま先立ちをすると、ふくらはぎに筋肉のかたまりが出てくる
  • 足を地面に打ちつけるように歩いてしまう

以上で、チェックは終了です。お疲れ様でした。

さあ、全部で○の数はいくつありましたか?
あなたの下半身デブ度を判定していきます!

○の数 0~7個  下半身デブ度 10%

あなたは、非常に健康的な生活を送っていて、姿勢にも気を付けているようです。
とても素晴らしいですね! 今のままずっと綺麗でいてください!

○の数 8~14個  下半身デブ度 40%

あなたは、下半身デブ予備軍です。
毎日の生活に追われて、生活リズムが少し崩れていませんか。
今の生活を続けていたら、太ってしまうかもしれません。

○の数 15~21個  下半身デブ度 70%

私が推測するに、あなたの下半身はいま太っているのではないでしょうか。
でも大丈夫。生活習慣を改めれば、すぐに健康的な身体にもどせますよ!

○の数 22~28個 下半身デブ度 100%!

いますぐ生活習慣やクセ、姿勢なども正していく必要があります。
焦らないで、一歩ずつやっていきましょう。
本サイトのエクササイズも参考にしてくださいね。
お疲れ様でした!結果はいかがでしたか?

しかし、チェックはこれだけでは終わりではありません。
<生活習慣><むくみ><骨盤のゆがみ><筋肉太り>の4つのカテゴリーで、一番多くに○がついたカテゴリーが、あなたの下半身デブのタイプになります。
それでは、ここからタイプ別に詳しくチェックしていきましょう。

<生活習慣の乱れ>タイプ

揚げ物や甘いものが大好きで、運動をあまりしていないあなた!
単純に摂取カロリーが基礎代謝を上回っていることが原因と考えられます。
このまま放っておくと、下半身だけでなく上半身も太ってしまう可能性がありますよ。
まずは、毎日簡単に続けられることから始めるのがおすすめです。たとえば、早寝早起きを心がけたり、毎日20分以上歩き、脚や太ももに女性らしくしなやかな筋肉をつけましょう。
あわせて、間食、揚げ物、デザートなどカロリーの高い食べ物を減らすことで、より下半身ダイエットは効果的に進むことでしょう。
毎日の乱れた生活習慣を改めて、正しい生活習慣に改善していく必要がありますよ。

<むくみ>タイプ

冷え性や猫背、むくみに悩んでいるあなた!
「むくみなんて放っておけばそのうち解消されるだろう」などと甘く見てはいませんか?
実はむくみは意外とやっかいなもので、慢性化させると改善に時間がかかるといわれています。
下半身デブを卒業したいなら、いますぐに正しい姿勢を意識し、背筋を伸ばしましょう。また、矯正ベルトや矯正下着などを使って姿勢を基から正すのも良いでしょう。
あわせて、入浴中に脚や太もものむくみ改善マッサージを行い、冷え性を対策しながら下半身ダイエットを進めていきましょう。

<骨盤のゆがみ>タイプ

このタイプに属するあなた!身体のバランスが悪く骨盤がゆがんでいる可能性がありますよ!
実は骨盤のゆがみは日常生活に大きく関係しています。
一般的に骨盤がゆがむ原因としては、出産後やストレス、脚を組むなどの姿勢などが関係しているといわれています。
骨盤がゆがんでいることで、左右の身体のバランスが悪くなったり、女性であれば生理痛がひどくなることもあるので要注意ですよ。
そんな骨盤のゆがみから、代謝が悪くなり下半身デブにつながってしまうのです。
骨盤のゆがみを矯正するエクササイズで、脚や太ももをすっきりと下半身ダイエットを始めましょう。

<筋肉太り>タイプ

「運動しているのになんで下半身は痩せないの?」嘆いているあなた!
運動を続けて行っているのは非常に素晴らしいことですが、一部に偏った筋肉ばかり使っていると、脚や太ももをはじめとする下半身のボディラインのバランスが悪くなってしまい、結果的に太ってしまうことがあるのです。
まずは、偏ってついてしまった筋肉をほぐすことからスタート!
女性らしく綺麗でしなやかな筋肉をつけるために、正しい運動法を知って気持ち新たに下半身ダイエットを始めましょう。

下半身デブになってしまう原因

ダイエットをしてもなかなか痩せないのが下半身。
「胸の脂肪はすぐ落ちるのに、どうして下半身は太くなるの?」といった疑問や悩みを抱えている女性は意外と多いようです。
ではここで、下半身デブになってしまう原因を、上記でチェックした4つのタイプ別に解説していきます。

<生活習慣の乱れ>の原因

下半身太りになるいちばんの原因は生活習慣の乱れです。
生活習慣の乱れと一言でいっても理由はさまざまが、日常的に歩く習慣がない方や、運動を全くしていない方は要注意です。
また、立ちっぱなしや座りっぱなしなど長時間同じ姿勢で過ごしている方は、姿勢が乱れ骨格がゆがみ、下半身太りの原因となります。
ほかにも、塩分の過剰摂取、インスタント食品やスナック菓子、濃い目の味付けなどを好んで食べている方は、下半身太りの原因であるセルライト増殖につながるので要注意です。

<むくみ>の原因

女性はもともと低体温や、身体の手や足の先端が冷える末端冷え性の方が多いと言われています。
身体が冷えることで、筋肉の機能が衰えて筋ポンプ作用がうまく働かず、血流が身体のすみずみまで届かないことで、結果的に血行が悪くなりむくみを引き起こします。
また、姿勢が悪くなると、冷えと同様に身体全体に血液が行き届かなくなり、老廃物の排出が難しくなりむくみを引き起こしてしまうのです。
冷えや姿勢のほかにも、水分不足からくるむくみの可能性もあるので、1日に2Lを目安に水分を摂るように心がけましょう。

<骨盤のゆがみ>の原因

下半身太りの原因として意外と知られていないのが、骨盤の歪みです。
骨盤が歪むと血流の低下やリンパの流れが悪くなることで、下半身に溜まった水分や老廃物が流れにくくなってしまうのです。
ほかにも、出産後は骨盤が広がる上に、運動量がぐんと減り筋肉量が落ることでセルライト(脂肪の塊)がたまる原因にもなります。
また女性の場合は、生理不順や生理痛にも関係してくるので、現在下半身太りが気にならない方も、骨盤のゆがみを直しておくことをおすすめします。

<筋肉太り>の原因

筋肉が原因で下半身が太っている方は、昔部活や激しい運動をしていた人に多くみられます。
一般的に、脂肪太りの場合は全身にまんべんなく脂肪がつくことが多いのですが、筋肉太りの場合は太ももや脚などの下半身が太くがっしりしているというパターンが多いです。
筋肉太りの方は筋肉の間や上に脂肪がつき、その部分が硬くなり張ってしまうことで、筋肉が緊張し代謝が低下しているといわれています。
また、昔からよく食べてよく動いていた人がその動きを辞めると、筋肉が硬くなってしまい、その固くなった筋肉の間に脂肪が溜まっていくことで太ってしまうのです。

下半身デブのタイプ別ダイエット方法

<生活習慣><むくみ><骨盤のゆがみ><筋肉太り>
4つのタイプ別、下半身太りの原因がわかったらあとは改善するだけですよ。
ここでは、4つのタイプ別のおすすめダイエット方法をご紹介します。
下半身デブを卒業して、ほっそりとした綺麗な美脚を目指しましょう!

<生活習慣の乱れ>のダイエット法

仕事やプライベートで忙しい毎日を送っていると、本人も気付かない間に生活習慣が乱れることも少なくありません。
生活習慣の乱れは、不規則な睡眠や食事、朝食を抜くことなどから起こります。生活習慣の乱れが起きると、眠れなくなったり、太りやすくなるといった身体への影響も大きくあらわれるのです。
生活習慣の乱れを放っておくと、慢性化し生活習慣病にまでつながる可能性があります。
まず始めに、いちばん身近である食事内容を見直すことをおすすめします。

食べる量だけでなく内容にも注意

「食べる量を制限しているのに痩せない」と感じている人は多いはず。
下半身太りを改善するためには食事量だけでなく食事内容にも気を付ける必要があります。
塩分たっぷりの食事を続けていると、身体はバランスを保つために水分を溜め込んでいきます。溜め込まれた水分はやがてむくみとなり、脂肪に絡みついてセルライトへと形を変えていくのです。
ほかにも、カップ麺や菓子パンには、「トランス脂肪酸」という油がたっぷり含まれています。自然の油と違って燃焼されにくいといわれています。
ほかに気を付けたいのが、マーガリン、レトルトカレー、ジャンクフードコンビニのホットスナックなど。とても便利で手軽な食べ物ですが、ダイエット中は控えてください。
むくみや老廃物を流し、血液の巡りをスムーズにするために、塩分や脂の多い食べ物を控え、食事とあわせて水分をたっぷり摂ることが大切です。

<むくみ>のダイエット法

むくみからくる下半身太りの大きな原因は、リンパや血液の流れが滞っていることにあります。
リンパや血液の流れが悪くなると、体内の余計な水分や老廃物が排出されにくくなり、下半身に溜まっていきます。この溜め込まれた老廃物が、やがて慢性的なむくみへと変化するのです。
実際に脚をみて、アキレス腱が見えない人や象のように寸胴足という人は、むくみが慢性化して太くなってしまった可能性があります。
これを解決するためには、筋肉をつけて下半身の血流を良くしたり、リンパマッサージでしっかり血流を流す必要があります。
放っておくとセルライトの原因にもなるので、早めのケアが大切です!

セルフマッサージの方法

お家で簡単にできるセルフマッサージの方法をご紹介します。
リンパは身体が冷えていると流れにくいので、必ずお風呂あがりや温かい部屋で行ってください。
強い力でもむことはせず、たっぷりのクリームやオイルで滑りを良くするとさらに効果的ですよ!

【老廃物を流すリンパマッサージ】

  • 足の指先をしっかりもみほぐす
  • 足の甲を指先から上に向かって流す。骨のすき間に指を入れるようにすると◎!
  • 足裏をかかとから指先に向けて数回流し、もう一度指先をもみほぐす(ここは強めでもOK)
  • リンパの流れを良くするために、2〜3回前屈をして脚全体を伸ばす
  • 片足を曲げ、足首からひざに向かってふくらはぎ全体をさすり上げる(30回)
  • すねにある骨のすぐ外側を下から上に向かって押し流す(10回)
  • すねの骨の上も同じように下から上に向かって押し流す(10回)
  • ひざの裏側をしっかり押しながら上へ流す(5回)
  • ひざの上のお肉を揉みほぐす。ひざの皿の境目も丁寧にもむ
  • 足首からひざ上に向かってなで上げる(3回)
  • 太もものお肉を内側から外側に向かって、細かく流しながら上へと移動する
  • 足首から太ももの付け根に向かってなで上げる(3回)

少し長いように思いますが、手順さえ覚えてしまえば3分ほどでできます。
最後に太ももの付け根を揉みほぐしておくと、老廃物の排出がよりスムーズになりますよ。

<骨盤のゆがみ>のダイエット法

骨盤が正しい位置にないと身体に余分な圧力がかかり、筋肉が慢性的に緊張している状態になります。そのような状態が続くと、骨盤周辺の血行が悪くなり下半身の代謝を下げ、脂肪は付きやすいのに筋肉は付かないという残念な体質になってしまう恐れがあります。
ほかにも、骨盤のゆがみが慢性的な肩こりや腰痛を引き起こす原因となっているケースも少なくありません。
脚痩せストレッチをいくらやっても下半身ダイエットの効果があらわれない人は、骨盤のゆがみを改善するためのエクササイズがおすすめです。

お家でできる骨盤エクササイズ

お家でできる骨盤エクササイズの方法を2つご紹介します。
とても簡単なので初心者の方におすすめです!

【ゆがみを直す骨盤エクササイズ】

  • 仰向けで寝る
  • 脚を90度に立てる
  • 左右交互に脚をたおす(1~3分)

【骨盤のゆがみを直すお尻エクササイズ】

  • 両脚をそろえたまま伸ばし、腕は両手を交差する
    (この時に背筋が曲がらないように注意!)
  • 左右の脚を交互に前にだしながら進む
    (この時にお尻は床から浮かないように注意!)
  • 前に6歩進んだら一度ストップ
  • 6歩進んだ分を元の位置に戻るように後退する
  • これを5セット繰り返す

下半身ダイエットを始める上で、骨盤のゆがみはとても重要になってきます。
毎日エクササイズを続けて、骨盤を正しい位置に戻してあげましょう。

<筋肉太り>のダイエット法

4つのタイプの中でいちばん脚痩せが難しいといわれるのがこの筋肉太りです。
学生時代に運動を熱心にやっていた人や元々スポーツが好きな人、筋肉が付きやすい体質の人などに多いと言われています。
モデルのように引き締まった美脚を手に入れたいなら、凝り固まっている下半身をしっかりほぐすことが大切です。
まずは、現在行っている運動を一度見直して、下半身ダイエットに適した正しい筋トレ方法に切り替えていく必要があります。

筋トレで遅筋を鍛えよう

遅筋とは、散歩をしたり軽いジョギングするときになどに使用される筋肉です。
遅筋は酸素を使って脂肪をエネルギーに変えます。ダイエットのターゲットである脂肪を優先的に使うので、遅筋を鍛えることで下半身痩せの効果があらわれます。
それでは、筋肉太りに効果的な遅筋の筋肉トレーニングの方法をご紹介します。

【遅筋を鍛えるおすすめトレーニング】

  • ランニング
  • 速足でのウォーキング
  • 水泳
  • サイクリング

実は遅筋は鍛えてもほとんど太くなることがない筋肉といわれています。
むしろ、遅筋のトレーニング方法を繰り返していくことで、速筋繊維が細くなって遅筋繊維の割合が増えていくことがわかっています。
下半身デブを卒業したいなら、まずはランニングや速足でのウォーキングから初めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

4つのタイプ別に下半身痩せのポイントを紹介してきました。
脚や太ももなど下半身ばかりが太くなる原因のほとんどは、「生活習慣の乱れ」「むくみ」「骨盤のゆがみ」「筋肉太り」の4つに当てはまります。
これを効果的に改善するためには、自分の太り方のタイプに合わせたケアが必要だったんですね。
今までいくつかの下半身ダイエットに失敗してきた人も、今度こそスムーズに痩せられるはずです。
あなたに合うピッタリの脚痩せ法で、この夏魅せたい美脚を手に入れてください!

Pigryユーザーのリアルな口コミ投稿

口コミをどうぞ