ライター:*はる*

彼もあなたもHappyになれる♡幸せを呼ぶ、甘えの極意とは?

「お付き合いしている彼に、本当はもっと甘えてみたい!」 けれど、いつもつい強がったり、一人で解決してしまうあなた。 彼も、実は「もっと甘えてほしい、頼りにされたい!」と 思っているかも知れないですよ♡

シェアする
point
  • 甘えたい女性必見!
  • 甘え上手になろう♡
  • 彼と幸せを感じられる関係を作ろう♡
1

彼がいるからこそ、甘えることができる。

出典:出典先リンク

あなたには、大好きな「彼」という存在がいます。
そして、彼もあなたの事が好きだから、付き合っているのですよね!

二人は相思相愛なのですから、お互いに甘え、甘えられる事で「幸せを感じられる関係」なのです♡

「自分には、甘えたいと思える相手がいる。」

これは、実はあたり前のことではなくて、とっても幸せなことなのですよ♡
せっかくそんなステキな関係の彼がいてくれるのですから、
一歩踏み出して、少し、彼に甘えてみようかな?と、自分に「甘えのオッケーサイン」を出してあげましょうね。

2

あなたは、甘え上手になれる。

出典:出典先リンク

今はまだ、甘えることに慣れていなくても大丈夫です!
何でも、最初は戸惑ったり、どうすれば良いか分からないもの。

まずは、「私にも、甘えることが出来るんだ。」と信じましょう。

甘えてみたい!という意識が強すぎても、逆にぎこちなくなる可能性があるので、気軽に捉えてみましょうね♡

もし、彼が「大丈夫?」などと気遣ってきてくれたら、
大丈夫な時は、「大丈夫だよ!」と返事をすれば良いと思います。

少しでも、一人ではきついかな?と思ったら、
「ちょっと手伝ってもらえると嬉しい。」と、素直にお願いしてみましょう。

彼も、きっと喜んで、あなたを助けてくれると思いますよ。

3

自立した自分でいる。

出典:出典先リンク

甘えるには、まず「自立した自分」でいることが前提です。

基本、自分のことは、ちゃんと自分で出来る。

自分で、自分のことについて解決しようという意思がある。

けれど、時には自分だけでは出来ないこともあるし、
男性の手助けを、必要とする時もありますよね。

本当は自分の力で出来ることなのに、ただ人に頼っていては「依存」になってしまいますから、そこはきちっとわきまえましょう!

ここぞという時に、「お願い!」と助けを求めることで、
彼もきっと、あなたに優しく手を差し伸べてくれるでしょう。

4

自然に甘える。

出典:出典先リンク

甘えは、本来、計算してすることではないのでは?

「ここで甘えたら、彼はどう思うかな?」と、相手の思いを想像してみたところで、それはあなたの想像に過ぎません。

あれこれと考えて、「この場面では甘えるか否か」を判断するよりも、 自然な感情のままに、行動してみてはいかがでしょうか?

恋の駆け引き、という言葉も存在はしています。

けれど、あなたの恋は、駆け引きよりも、自然体のあなたと彼でいることで、 よりお互いを知り、お互いを高めていけるようなものであると良いですね♡

あとがき

出典:出典先リンク

こうして、甘えと恋について改めて考えてみると、とても奥が深いですね!
今は、甘え方がよく分からない。

そんなあなたは、きっとしっかり者で、責任感のある、素晴らしい女性なのだと思います。

長女気質や、自立心の高い女性であるあなたは、男性にとっても高嶺の花なのかも知れませんね。

自分に、もっと自信を持って大丈夫!

彼があなたに依存することのないように、お互いに助けあえるような頼もしい彼と、共に成長していってください。

恋は、フェアな関係でいることが、とても大切です。

いつもしっかり者のあなたが、たまに甘えを見せたら、きっと彼は意外性に驚きつつも、喜んで手助けしてくれることでしょう。

彼に、甘えを受け入れて貰ったら、笑顔で「ありがとう。」と伝えてみてくださいね♡

この記事に関するキーワード

  1. 甘える
  2. 女性
  3. 幸せ

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:*はる*
age:30
全ては、絶対に大丈夫!

 試練の連続を乗り越え、ワクワクな人生観を見つけました。
「本当の幸せを育てる秘訣」をお伝えします。
 あなただからこそ、出来ることがあります。

 共に、笑顔の光を放って生きましょうね♡

PR