ライター:あこ

実はダイエット効果が絶大な「チーズ」

チーズというと高カロリーで痩せるどころか逆に太ってしまうようなイメージを持っている方が多くいるのではないでしょうか?そんな「チーズ」ですが実はとり方次第で健康的なダイエット方法として痩せるためのサポートをしてくれる機能があるんです!

シェアする
1

チーズの魅力とは?!

チーズは皆さんがご存じの通りかなり種類が豊富で料理に入れたり、そのまま食べたり、トッピングとしても活用することができます。
ギュッと凝縮された栄養を少量で気軽に摂取することができる食べ物なんです。

チーズはタンパク質と脂肪が20~30%をしめているからカロリーはもちろん、エネルギーを豊富に含んでいます。発酵や熟成をすることによってさまざまな栄養を含んでおり乳酸菌の分泌成分で作られるペプチドはアミノ酸の集合体であり血液中のコレステトールを下げてくれる効果があります。

また、ビフィズス菌などといった腸内環境を整えたり腸内の細菌の生息を安定させてくれるたりもします。腸内の細菌が安定して生息することで免疫力をあげたり、有害な菌を駆除してくれるので必要不可欠なんです!他にもビタミンB、カルシウム、リンなどといった成分が驚くほどに含まれています。

栄養が豊富に入っている牛乳をチーズには凝縮されて入っており、チーズを100g作るのに必要な牛乳の量は10倍の1000mlなのでチーズを20g食べるだけで牛乳を200ml飲んだのとほぼ同じ程度の栄養が摂れちゃうんです!

2

チーズは太りにくい?!

チーズはタンパク質と脂肪が主成分であることからダイエットには不向きだったり太ってしまうのではないかと思われがちですが、脂肪燃焼を促進してくれるビタミンB2を豊富に含んでいます。
脂肪分を多く摂取したり、食生活が偏りがちな方ほどチーズを摂取することで脂肪を燃焼しやすくしてくれて体内に蓄積しにくくしてくれる効果があるんだとか。

よくチーズを食べている人は食べていない人よりも痩せている人が多く、脂肪の分解がスムーズに行われていることで痩せやすい体質になっているんです!

3

実は美肌効果もある?!

チーズはダイエット効果だけではなく、美容効果まであるんです。ダイエットに最適なビタミンBだけではなく美容効果が高いビタミンAも豊富に含んでおり、このビタミンAはよく緑黄色野菜に含まれているのですが、そんな緑黄色野菜よりも多く含まれています。

ビタミンAは抵抗力や免疫力を高める作用があり、病気になりにくくなったり皮膚や粘膜を健康に保つ役割を持っており、若さや美しさを保つためにとても大切な栄養素を含んでいるんです!他にもカルシウムが豊富に含まれていることから女性が摂るべき栄養素がたくさん含まれているといえます。

4

チーズダイエットの方法とは?

チーズダイエットは置き換えではなく、食べ物の中に取り入れる方法が効果的だといわれています。
ダイエット用としてカロリーを低減した食べ物にいれることで更にダイエット効果を上げてくれるので効率よくダイエットをすることができます。

毎食チーズを取り入れるのではなく、1日1~2回ほど取り入れるようにすればOKです。原料や製造方法によって味だけではなく乳脂肪分などにかなり差がでたりしますし、クリーム状からハード状なものと形態や味わいも豊富にありますよね。プロセスチーズよりもナチュラルチーズの方がカロリーが低いのでダイエットには最適ですが、種類が豊富なことから飽きがなかなかこないのでダイエットを快適に続けられますね!

肉類に使えば、肉の脂肪分をカットしてくれるので食べても太りにくくしてくれます。また、キノコなどカロリーがないものや低カロリーなものと食べてもかなり効果を発揮してくれます。

5

オススメなチーズの種類

チーズも種類によってかなり栄養素や栄養分が違います。パルミジャーノはイタリアではチーズの王様といわれています。タンパク質が豊富でカルシウムを多く含んでいるのに低脂肪なのでダイエットや体型維持にとても効果的です。

また、グラナパダーノやエメンタールといった硬質系のチーズはタンパク質が他のチーズよりも更に豊富なので美肌効果が期待できます。
ダイエット中は肌荒れになりやすい傾向にありますが、肌荒れなどといった肌トラブルを抱えている方にはとても効果があるといえます。

他にもカロリーをとにかく抑えたいという方にオススメなのが乳脂肪分が少ないといわれているカッテージチーズ・レモンチーズ・ヨーグルトチーズなどです。脱脂粉乳を使用していたり、牛乳やヨーグルトを利用して作ることが出来たりするものなので低脂肪牛乳などを利用すれば自分で脂肪分をコントロールして作ることができます。

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. 美肌効果
  3. チーズ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:あこ
age:33
食ビジネスにかかわる仕事をしています。食環境改善などのコラムを通じて、皆様のお役に立てればと思います。これからもよろしくお願い致します。

PR