ライター:ちひろ

ダイエット効果を高めたいなら、ウォーキングでの正しいフォームを身につけよう

せっかくウォーキングをするなら、ダイエット効果の高い方法で、効率的に行いたいですよね。そう考えているなら、正しいフォームを身につけることが大切です。「歩くのにフォームなんか考えたことない」という女性が多いかと思いますが、実はとっても大切なんですよ! 正しいフォームを身につけるということは、正しい姿勢を手に入れることでもありますから、ダイエット効果だけでなく、凛とした、素敵な女性になれることでしょう♪

シェアする
1

正しい姿勢で、まっすぐ立つことから始めよう

正しく歩くためには、“まっすぐ立つ”姿勢を身につけることが重要です。

全身が映る鏡の前に立ってみてください。
自分ではまっすぐ立っているつもりでも、意外と傾いていたり、猫背だったりしているのではないでしょうか?

立つ姿勢だけでも、長年の生活でいつの間にかクセがついてしまっているのです。

自分のクセを把握して、少しずつ修正していきましょう。
毎日、鏡の前に立って、以下のポイントをチェックしてみてください。

<頭>
頭の上を糸でピンと張られて、頭の上にみかんをバランスよく乗せている感じをイメージしてください。
あごは軽く引いて、視線は足元ではなく、15mくらい前方を見る感覚で。

<肩>
余計な力が入って、肩が上がっていませんか?
また、肩の左右の高さを水平に保ちましょう。

<背中>
背すじを伸ばしてください。頭の上を糸でピンと張られた感じをイメージすると、伸びやすいですよ♪
伸ばすことを意識しすぎて、無理に背中が反らないように気をつけてください。

<胸>
両肩を少しだけ後ろに引いて、少しだけ胸を開きましょう。

<お腹>
おへそから指3〜4本下にある場所を丹田といいます。
そこに力を入れて、重心を意識しましょう。

<お尻>
お尻の穴を締めるように、かるーく力を入れてください。

<足>
両足の間隔を、肩幅くらいに広げてください。
足のつま先を正面に揃えて、左右の足に均等に力を入れましょう。


いかがですか?
正しい姿勢だけで、こんなにチェックポイントがあるので、 混乱してしまうかもしれませんね。

最初から全部を意識できなくてもいいですから、
「今日は頭・・・、今日はお腹・・・」というふうに、少しずつ意識できるポイントを増やしていきましょう。

だんだんと慣れてくれば、すべてのポイントを短時間で意識できるようになりますよ☆

2

ウォーキングの正しいフォームを解説

正しい姿勢に矯正しながら、ウォーキングでも正しいフォームを身につけていきましょう。

<骨盤をまっすぐ立てる>
ウォーキングの基本は、骨盤をまっすぐ立てることです。
骨盤をまっすぐ立てるという感覚が分かりますか?

分からない場合は、おへその下にある丹田に力を入れてみてください。
丹田に力を入れると、お腹がぐっと引き締まりますよね。
それが、骨盤がまっすぐ立っている状態です。

骨盤が正しい形で立っていると、ウォーキングをしていても体幹がブレずに、安定した姿勢をキープできますよ♪

<自然に大きく腕を振る>
丹田を意識したら、いよいよ歩き出しましょう。

リラックスして、腕を肩甲骨から動かすイメージで、自然に大きく前後に動かしてください。
どちからというと、腕を引くことを意識すると、自然に大きく動かすことができます。

ひじを深く曲げて、固定してしまうと、肩に余計な力が入ってしまいますので、気をつけてくださいね。
リラックス、リラックスですよ♪

拳は、軽く握っておくくらいで良いでしょう。
自然に広げておいても構いません。
拳を握り締めると、力みにつながってしまいます。

<かかとから着地してつま先から蹴り出す>
足は、かかとから着地して、足の裏に身体全体の体重を乗せて、親指と親指の付け根のつま先から蹴り出すように、地面から足を離しましょう。

足の裏は、人間の身体の中で、もっとも敏感に感覚を感じられる場所の1つなので、体重がどこにかかっているのかを意識してみてください。

歩幅は、広すぎず、狭すぎず。
身体がブレないような歩幅が理想です。

適正な歩幅の目安としては、身長−100cmです。
適度な歩幅が分からない場合は、参考にしてみてください。

3

正しいウォーキングをする上での注意点

なるべく運動靴を履きましょう
準備運動をしましょう
こまめに水分を補給しましょう

ウォーキングは軽い運動のように思うかもしれませんが、いままで何もしていなかった方が始めると、思わぬケガにつながることもあります。

正しい姿勢とフォームを身に付けても、ケガをしてしまっては元も子もありませんから、上記の注意点に気をつけてくださいね☆
仕事帰りなどにウォーキングをする場合でも、なるべく自分の足にフィットしたシューズを履いて、ウォーキングするのが望ましいですね。

また、いきなりウォーキングを始めると、膝などに急な負担がかかって、ケガや痛みのもとになってしまいます。
ストレッチや準備運動を行ってから、歩き始めましょう。

そして、ウォーキングと言えども、身体を動かしていると、自分が思っている以上の汗をかいています。とくに、暑い時期はこまめに水分補給を行ってください。

あとがき

ウォーキングでの正しいフォームを解説しましたが、いかがでしたか?
難しいと思ったかもしれませんが、まずはチャレンジしてみてください。

少しずつ意識できるポイントが増えてくれば、しめたものです。
次第に正しいフォームが身につくことでしょう♪

フォームがきれいになるということは、姿勢も良くなっているでしょうから、 あなたの魅力を倍増させますよ。

キレイに歩いている女性って、それだけで素敵ですものね☆

この記事に関するキーワード

  1. ウォーキング
  2. フォーム
  3. ダイエット

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR