ライター:ちひろ

タイプ別 小顔になっちゃう4つの食材

あなたは、どの原因で顔が大きくなってしまっていますか? 「太って顔に脂肪がついてしまった人」「顔がむくんでいる人」「顔が固太りする人」「骨格のゆがみが気になる人」という4つのタイプ別に、小顔になれちゃうおススメの食材を紹介します。毎日の食事にうまく摂り入れてみてくださいね!

シェアする

食生活を改善することで小顔になるなんて、あなたは信じられますか?

「私は食事に十分気をつけているから、改善することなんてないわ」と思っているかもしれませんが、意外と食生活に問題がある人は少なくありません。

とくに、実家を出て1人暮らしをしている女性は、毎日の食事メニューを自分で考えているでしょうから、無意識的に自分の好きなものばかり食べていませんか?
美容や健康のことを考えて、「嫌いなものでも食べているわ!」という女性は少ないのではないでしょうか。

小顔になりたいのなら、自分で意識して栄養バランスの摂れた食事にしていかなければなりません。

ここでは、「どうして顔が大きくなってしまうのか」で解説したタイプ別に、小顔になるために摂取してほしい食材を紹介しますから、ぜひ毎日の食事に取り入れてほしいと思います。

1 太って顔に脂肪がついてしまった人向けの食材

顔が大きい原因が脂肪であるなら、脂肪を落とせばいいですね。

毎日の食事の摂取カロリーに気を付けましょう。
仕事や学業などに忙しいからといって、便利なファストフードに頼りがちになっていませんか。
皆さんもよくご存知のことだと思いますが、フライドポテトなどの揚げ物は非常にカロリーが高いですから、なるべく控えたほうが良いと思います。

女性が大好きなスイーツもカロリーは高いですよ。
美味しいものは、総じてカロリーが高いのですね……

いままで、毎日のように高カロリーのものを食べていたのなら、いきなりすべてを禁止するとストレスになってしまって、続かないですから、例えば「週1回だけに控えよう」としてみてはいかがでしょうか。
小顔をめざすあなたなら、きっとできるはずです!

効率良く脂肪を落とすためには、発汗作用が見込める生姜や唐辛子を摂取することも良いでしょう。
とくに、生姜の辛味成分であるジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンには、ノルアドレナリンの分泌を促して、体脂肪を燃焼させる効果がありますので、脂肪の撃退には欠かせません。

<脂肪が多いあなたへ>

摂取カロリーに気をつけて! 生姜や唐辛子もおススメ

2 顔がむくんでいる人向けの食材

顔がむくんでいるというのは、血液やリンパの流れが悪くなって、水分や老廃物が溜まっている状態のことでしたね。

むくみを起こさないためには、塩分控えめで薄味の食事を心がけることが大切です。
塩分を摂り過ぎることが、むくみの原因になってしまうからです。

そして、むくみの改善が期待できる食材は海藻類(ひじき・昆布・わかめなど)です。
海藻類は、ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルを豊富に含んでいます。
ミネラルは、水分の代謝を正常にしてくれる効果がありますので、むくみの改善が期待できるのです。

また、海藻類は水溶性の食物繊維も多く含有していますから、腸内で毒素や老廃物を包み込んで、体外へ排出してくれます。つまり、デトックス効果があるということですね。

海藻類はカロリーが少ないのに、栄養素が豊富であるという、とっても優れた食材なのです。

<顔がむくみやすいあなたへ>

塩分控えめで薄味の食事を! 海藻類がおススメ

3 顔が固太りする人向けの食材

固太りとは、歯ぎしりをしたり、歯を食いしばったりすることで、顔に筋肉がついて凝り固まってしまうことです。
筋肉が凝り固まってエラが張ってしまうことで、顔が大きく見えてしまうというわけですね。

寝ているときに歯ぎしりをしたり、気がつくと歯を食いしばってしまうというのは、ストレスが主な原因と言われています。
ストレス過多な女性には、セロリを食べてほしいです。

セロリの香り成分であるセネリンやアピインには、精神を安定させ、疲労を回復させる効果があります。
また、セロリの葉に含まれるピラジンという香り成分には、血流を改善させる効果が期待できます。
筋肉が凝り固まると血流が悪くなってしまいますので、固太りに効果的というわけです。
ですから、セロリは葉も捨てずに食べてくださいね。

<顔が固太りしやすいあなたへ>

食事でストレスをコントロールしよう! セロリがおススメ

4 骨格のゆがみが気になる人向けの食材

食べ物を口に入れたとき、片方の歯だけで噛むクセはありませんか?
片側だけで噛むクセがある人は、骨格のゆがみが起こりやすくなり、顔のバランスが悪くなってしまいます。

噛みグセのある人は、左右の奥歯でバランス良く噛むことが大切です。
クセは意識し続けないとすぐに元に戻ってしまいますから、左右バランス良く噛むことを意識し続けてください。

噛みグセを矯正するという意味でも、食材はスルメがおススメです。
スルメは、噛めば噛むほど味が出て、飽きずに噛み続けられますね。
また、イカに含まれるたんぱく質は、加工しても崩れにくい筋原繊維たんぱく質の割合が多いため、スルメになっても残っています。
たんぱく質はコラーゲンを作るのに欠かせない栄養素ですから、美肌作りにも良い効果があると言えるでしょう。

スルメのように固い食べ物をしっかり噛むことで、満腹中枢が刺激されて、すぐにお腹がいっぱいになります。
食べ過ぎでカロリー過多になるのを抑えられるので、ダイエットにも効果的ですね!

<骨格のゆがみが気になるあなたへ>

左右の奥歯でバランス良く噛む意識を! スルメがおススメ

顔が大きい原因のタイプ別に、おススメの食材を紹介しましたが、いかがでしたか。
小顔になれる食材があるんですね。

といっても、栄養バランスの摂れた食事が一番大切であることを忘れないでください。
決して、生姜や海藻、セロリ、スルメだけを食べ続ければ、小顔になるわけではありません。

そのためにも、毎日の食事を記録しておくことをおススメします。
さすがに今日食べたものは覚えていると思いますが、一週間前に食べたものをすぐに思い出せますか?
なかなか思い出せないでしょう。

食事を記録しておくことで、例えば一週間の食事を振り返って、「最近、野菜が不足しているから、これから多めに摂ろう」と考えられるのです。
記録することで、「こんなに食べているんだ……」と分かって、食べ過ぎの防止にもつなげられるというメリットもあります。

最近では、食事を簡単に記録できるアプリもありますので、アプリを活用するのも良いですね。

食事を「我慢する」という意識ではなく、
「小顔になる栄養を摂る」という意識で、食事を楽しんでください!

この記事に関するキーワード

  1. 小顔
  2. 顔でかい

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR