ライター:みりん

夏に備えてツルツル脚に!脱毛方法は賢く選ぼう

女性にとってムダ毛の処理は欠かせないものですよね。最近では家電でも脱毛できるものがあったり、ひと昔前と比べて脱毛サロンでの価格も下がってきていることから、“脱毛”を選択される方も多いのではないでしょうか?そこで今回は様々な脱毛方法のメリット・デメリットのご紹介をしていきたいと思います。自分に合った脱毛方法を見つけて、露出の増える夏に備えて準備していきましょう!

シェアする
point
  • 脱毛のメリット、デメリットをしっかり理解しよう!
  • カミソリよりも肌の負担が少ない脱毛♡
  • 自分にあった脱毛方法を知ろう!
1

レーザー脱毛

出典:出典先リンク

レーザー脱毛とは?
医療レーザー脱毛とは、クリニック・美容皮膚科などの医療機関で行う、医療用レーザー機器を使った脱毛方法です。
黒色にだけ吸収させる波長の光を当てる事で毛根部のメラニンに光が吸収され熱のエネルギーに変換されます。
そのエネルギーが伝導体として、毛根周囲に存在する、毛を製造する“毛乳頭”を破壊することで毛が生えてこなくなります。

レーザー脱毛のメリット
・一回の施術時間が短い
・レーザー機器の取り扱いは医療者のみなので、トラブルがあった場合のアフターケアがあり安心。
・少ない回数で永久脱毛に近い効果が得られる。
・眉毛や鼻毛など、サロンではできない箇所の脱毛もできる

レーザー脱毛のデメリット
・光が強いため肌へに負担がかかる可能性がある
・黒い色素の反応するため、薄い毛に効果が薄い
・保険適用外のため費用が高め
・日焼けをしているとできない
・個人差はあるが痛みを感じることも。

費用が高く痛みを感じることもあるけれど、短い期間で永久脱毛ができるといった感じですね。

2

光脱毛

出典:出典先リンク

光脱毛とは?
光脱毛はエステサロンでの主流の脱毛方法です。
脱毛の原理自他はレーザー脱毛と同じなのですが、大きな違いは“波長”が異なることです。
レーザーは光が強いため医療者しか扱えませんが、光は出力を一定にしているためエステサロンでの取り扱いが可能となっています。

光脱毛のメリット
・個人差はあるが痛みが少ない
・レーザーに比べると価格が安い
・一度で広範囲を脱毛できる
・エステサロンなので脱毛後、保湿など肌のケアを行ってくれたり接客も丁寧なところが多い。

光脱毛のデメリット
・出力が少ないため脱毛完了までに時間がかかる
・毛を製造する“毛乳頭”を破壊してはけないため、永久脱毛はできない
・日焼けしているとできない

価格が安く痛みを感じることが少ないけれど、長い期間がかかり完全に毛が無くなることはないといった感じです。

3

ワックス脱毛

出典:出典先リンク

ワックス脱毛とは?
ワックス脱毛とは脱毛用の過発されたワックスを肌に塗って密着させ、それを剥がすことによって毛を毛根から取る脱毛方法です。
水あめのような液体のものやシート状になっているものもあります。

ワックス脱毛のメリット
・費用が安い
・自宅でも簡単にできる
・ワックスによって古い角質を除去でき肌がキレイになる
・レーザーや光では反応のない産毛のような細い毛にも効果的

ワックス脱毛のデメリット
・一気に毛を毛根から抜くので痛みがある
・肌にダメージを与える可能性がある
・毛を製造する“毛乳頭”に働きかけることはなので効果の持続は一か月ほど。

手軽に取り入れることはできるけれど痛みがあり、一か月ほどで新しい毛が生えてくるので繰り返し行わないといけません。

ですが、背中の細い毛であったり、元々の毛が細くレーザーや光ではなかなか反応してくれないといった方にも効果的な脱毛方法です。

自宅でも手軽に行えますが、取り扱いに注意して正しく使用しましょう。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたでしょうか?

カミソリを使うよりも肌への負担が少ない脱毛。

お手入れもラクになるし、今年こそ脱毛を始めていきませんか?

メリット・デメリットをよく確認して自分に合った脱毛方法を取り入れてくださいね♪

この記事に関するキーワード

  1. 脱毛
  2. 美容

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:みりん
age:23
元ネイリストで現在は2歳児の母をしております。
女性がより魅力的になれるようなご提案をしていきたいと思っています。
色々な情報を発信していくにあたって日々アンテナを張ることで筆者自身も小綺麗なおかんになれるんじゃなかという魂胆でございます。よろしくお願いします。

PR