ライター:Rukka

♡美活は腸から♡朝の習慣で腸の美活はじめよう!

「美活」なんとなく聞いたことはあるけど、一体どういう活動をしているのか具体的にはわからない…だけど、今更人に聞くのも恥ずかしい、と思っている方は意外と多いのではないでしょうか?そもそも「美活」とは美を求める活動のことを指しますが、外側の美しさだけではなく、内面、ライフスタイルまでトータルに「美」を捉えているようです。したがって、「美活」にルールは不要!美しさを求めて活動する全てが「美活」と言えるのです。ここではまず、腸の働きを良くすることからキレイを目指していきたいと思います。腸をキレイにすることで、お肌の調子が良くなったり、代謝が高まるのでダイエット効果も期待できます。明日の朝からすぐに始められる簡単な方法をご紹介します。

シェアする
point
  • 「朝」がキーポイント!!
  • 和食は万能?!
  • 腸の美活でキレイを☆
1

やっぱり!朝一番は「白湯」がいい!

出典:出典先リンク

「朝一番に白湯を飲むといい」とは一度は聞いたことがあると思います。
目覚めて一番に体温より温かい白湯を飲むことで代謝が高まり、
腸内の老廃物を洗い流し、便秘の改善につながると言われています。


飲むときは、ゆっくり時間をかけて少しづつ飲みます。
モデルさんや芸能人にやっている人が多いということで一時ブームになりましたね。
始めてみたのにいつの間にかやらなくなってる方も多いのではないでしょうか?
これをきっかけにもう一度はじめてみませんか?
白湯を鉄製のやかんで沸かせば、女性に不足しがちな鉄分も一緒に摂取できるので一石二鳥の効果もあります。
毎日続けることで、白湯の味に変化を感じるようになってくるそうです。
朝一番の白湯は手軽に始められる美活No.1といってもいいでしょう。

2

朝食は和食がいい!

出典:出典先リンク

日本の朝ごはんに代表される納豆、お味噌汁、お漬物などの発酵食品には腸が喜ぶ乳酸菌が多く含まれています。
腸の中の悪玉菌の数が多くなると肌トラブルの原因になることもあります。
発酵食品を食べて善玉菌を腸に送り込むことで、腸内環境を整えて肌のトラブルを回避できるのです。

朝ごはんを食べる習慣のない方は、まずはインスタントのお味噌汁から始めて、徐々に慣れていくといいでしょう。
お味噌汁の美味しさにハマると、出汁からこだわって作るようになる人も多いのです。
料理も上手くなっていいですね。
少し早起きをして朝ごはんを作って食べる、これも立派な美活と言えるでしょう。

3

決まった時間にトイレへいこう!

出典:出典先リンク

毎朝決まった時間にトイレに行くことで便秘が解消される、という研究データがあります。
最初のうちは何も起こらなくても、毎日続けることで習慣化され、便意が起こるようになるのです。

この時、スマホや本などは持ち込まず、便に集中することが大事だそうです。
便意がないのにトイレに籠るというのも慣れないうちは大変かもしれませんが、
「朝必ずでる」という体質作りには欠かせない習慣です。

ただ、注意しなければならないのは座っている時間は3分程度にしておくことです。
5分以上座ったままでいると、痔になるリスクもあるそうなので要注意です。

4

朝のラジオ体操で腸の運動を活性化させる

出典:出典先リンク

やはり腸を活性化させるのに不可欠なのは運動です。
忙しくてなかなか運動の時間が取れない、という方にはラジオ体操がオススメです。

ラジオ体操には身体を大きく動かして筋肉や関節の動きを良くしたり、
腹部をねじったり、腰を回したり、腸の働きを促す運動も多数組み込まれています。
また、朝、身体を動かすことで身体と脳が目覚めていくので、
シャキッと仕事に向かえることができますし、
背筋が伸びることで姿勢良く過ごすことができそうです。

ラジオ体操は腸だけでなく、健康的に1日を始めるための最強のストレッチ運動といっても過言ではないでしょう。

あとがき

出典:出典先リンク



いかがでしたか?今回はお金をかけずに明日から始められる腸の美活をお伝えしました。
毎朝のちょっとした習慣で身体の内側からの美しさを手に入れましょう。

美は1日にしてならず、の精神で毎日の積み重ねです。
もし、1日休んでしまったとしても、あまり自分を責めずにまた次の日から何かひとつでも再開することが大事です。

また、たまには思い切って「明日は何もしない!」と決めて、
寝たいだけ寝ることもストレス発散になっていいかもしれません。
とにかく続けてみてください。きっと変化を感じるはずです。

この記事に関するキーワード

  1. 美容
  2. 食事
  3. 腸の美活

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:Rukka
age:32
元美容師のプレママライターです。得意分野はヘアスタイル関連ですが、美容やダイエット、ファッションの情報から幸せになる生き方まで幅広い記事を書きます。一緒にキラキラな毎日を送りましょう!

PR