ライター:みく

ダイエットはやっぱり王道!本当に痩せるエクササイズとは?

私たち悩める女性と切っても切れないのがダイエット。何度挑戦しても途中で諦めてしまったり、せっかく痩せたのに結局はリバウンドをしてしまったり・・・。なかなか思うように結果が出てくれないですよね。そして、以前に比べて本当にたくさんのダイエット方法が簡単に得られるようになってきました。例えば、「あの人気芸能人が○キロ痩せた!○○ダイエット」や、「カリスマモデル御用達☆ダイエットサプリメント」など、様々なうたい文句で私たち悩めるダイエッターを誘惑しています。けれど、本当のところはどうなのでしょう?サプリメントや、ある一つの食品を継続して摂ったりするだけで本当に痩せることが出来るのでしょうか。・・・答えはノーですよね??ダイエットをするときに欠かせないのはやっぱり運動です。体を動かして余分なカロリーを消費し、脂肪の蓄積を防がなければいけません。そして、徐々に脂肪が付きにくく燃えやすい体に作り替えていくのです。残念ながら、ダイエットに近道はありません!さあ、ダイエットの王道をきっちり抑えて、無理なくきれいに痩せましょう!!

シェアする
point
  • 食事制限よりもエクササイズ!
  • ダイエットも楽しみながら♡
  • エクササイズで健康も保とう!
1

一体何キロ痩せれば良いの??

出典:出典先リンク

「ダイエット」という言葉を聞いて多くの方が思い浮かべることは、何といっても「体重を落とすこと」なのではないでしょうか。

突然ですがみなさん、ご自身の理想体重というものはご存知でしょうか?

様々な計算方法がありますが、理想体重の中にも「健康体重」と「美容体重」というものがあるのです。「健康体重」というのは、名前の通り、体を一番健康で長生きができる状態に保つ体重のことです。
BMI計算による標準体重はこちらの健康体重を指し示しているのです。

その為、外見的には少しふっくらとして健康的な感じに見えます。
そして「美容体重」というのは、世の多くの女性が理想とするようなスレンダーな体系を保つための体重となります。

ダイエットを始めるにあたり、まずは目標を決めなければいけません。

ただやみくもに体重を落とすのではなく、自分の理想とするものがどちらなのか、きちんと目標を持って取り組みましょう。
大まかにですが、健康体重は「身長―5」、美容体重は「身長―10」を計算した数字だと言われています。身長160センチの人であれば健康体重は55キロ、美容体重は50キロという訳ですね。

もちろん筋肉質な人や運動をする習慣がない人など、生活習慣によって多少の違いはありますので、あくまで目安として考えてくださいね!

2

痩せるメカニズムを知ろう!

出典:出典先リンク

私たち人の体が痩せたり太ったりするとき、体の中では一体何が起きているのでしょうか?

人の体というのは細胞の集合体ですよね。
そして各々が持っている細胞の数は、痩せている人も太っている人もそれほどの大差はないと言われています。

では何が違うのか・・・。

そう、一つ一つの細胞の大きさが違うのです。

つまり、太っている人は一つの細胞が抱えている脂肪の量が多いということです。

痩せるためにはその脂肪を少なくし、細胞を小さくしなければならないのです。

それを行うのが「代謝」です。
細胞内の脂肪をエネルギーとして供給し、使っていくことで徐々に脂肪の量が少なくなり、細胞が小さくなって痩せていくのです。
つまり、脂肪を「摂り過ぎない」、「溜めない」、「効率よく使う」といことを意識して生活をして行けばダイエットの効果につながるという訳なのです。その量を目視できる値として表しているのが「カロリー」。

基礎代謝のカロリーを、摂取カロリーが上回ってしまえば太りますし、少なく抑えることが出来れば痩せることが出来るということですね!

3

ダイエットの王道はやっぱり運動!

出典:出典先リンク

こうして痩せるメカニズムを理解していくと、何かを食べたりするだけで痩せるなんて絶対にないということがわかってきましたよね。

「食べる」という行為はカロリーを摂取する行為なのですから、痩せるにはそれを消費する必要があるのです。

消費するにはやはりエクササイズを取り入れなければなりません。

けれど、難しいことは必要ありません!

例えば、普段はヒールを履いて電車通勤しているところを、スニーカーに変えて一駅分速足で歩いてみたり、バスで数駅であれば流行りのスポーツバイクでの移動に切り替えてみるなど、日常的な運動量を増やせば良いのです。

もちろん余暇や仕事の後にジムでトレーニングをしたり、ヨガなどの教室に通ってみても良いかもしれません。

おススメのエクササイズとしては「ウオーキング」と「サイクリング」。どちらも脂肪を燃焼させるために必要な「有酸素運動」ですし、つらい運動ではありません。
脂肪を一キロ減らすには7000キロカロリー以上も消費しなければならないので、毎日続けられるようなエクササイズが適しているのです

4

プラスアルファでメリハリボディ☆

出典:出典先リンク

さて、「脂肪の減らし方」がわかったところで一緒に押さえておいていただきたいのは「筋肉の増やし方」。

体は筋肉を動かすことによって動いているので、その筋肉を増やせば必然的に使用するエネルギーの量も増えるという訳です。

そこでおススメなのが「サーキットトレーニング」。

こちらは筋トレと有酸素運動を交互に短時間で行うエクササイズ。

様々なトレーニングのやり方があるので、自分に合ったものを探してみましょう。
筋肉は「天然のコルセット」といわれており、メリハリのあるボディラインをキープするためには必要不可欠です。

また筋肉を鍛えるエクササイズは2~3日おきに行えば十分ですので、無理なく続けられそうですね!

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか?

私自身もこれまでにいろいろなダイエットを試してきました。

けれど、やっぱり一番効果があったのはエクササイズを日常に取り入れること。
そして、なかなか効果が出なくても諦めす、甘い言葉に惑わされないこと!

簡単に痩せる方法なんてありません。

その都度紹介されるもの自体に美容効果などが期待できるものは確かにありますが、それだけで痩せることはありませんでした。

エクササイズを続けて痩せやすい体を作ることが何よりのダイエットです。

食べる量を減らすダイエットでは、一生減らし続けなければリバウンドしてしまいます。

そして、減らしたカロリーで動けるよう体が省エネモードになっていくので代謝はどんどん落ちていき、逆に太りやすい体になってしまいます。

エクササイズで脂肪を燃やし、筋肉を増やしてメリハリボディを手に入れましょう♡

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. エクササイズ
  3. 運動

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:みく
age:29
「好きなことを好きな時に」を人生のテーマに、一女性として魅力的であることを日々探求中。また、外国語や異文化コミュニケーションを好む国際派。美容に関しては、「エイジレス」であることを目標に研究中。

PR