ライター:nanatsu

憧れのすっきりメリハリボディに♡今日から始められる【下半身痩せ】成功への道!

年を重ねていくたび、下半身の体型の崩れが異様に気になりだしませんか?年齢や出産のせいだと諦める前に、今からご紹介する方法を試してみませんか?思い立ったら吉日です!脂肪は放置している時間が長ければ、長い程取り除くのに、時間と体力を要します。まずは、出来ることから徐々に始めて、お肉と太ももの脂身をなんとかしていきましょう。

シェアする
point
  • あなたの骨盤歪んでませんか??
  • 下半身痩せの第一段階にウォーキングを始めてみては??
  • 初心者でも簡単なスクワット方法をご紹介♡
1

骨盤の歪みが下半身太りの原因に・・!?

出典:出典先リンク

骨盤が歪んでいる人、かなり多いです。
女性はまず、出産時に骨盤がずれます。

出産した後、しっかり産後ケアに重点を置いておくと、さほどずれも少ないのですが、生まれたばかりで子育てにいっぱいいっぱいの状況では、自分の体型のケアなんて二の次、三の次なんて当たり前です。

骨盤の歪みは出産だけではありません。
日頃の生活環境や毎日の習慣やクセにより、歪みを引き起こしてしまう原因は潜んでいるのです。

骨盤の歪みが生じると、脂肪の燃焼効果が減少します。
燃焼効果が減少すると、脂肪が落ちにくい体質になってしまいます。

骨盤ベルトで矯正することも大事ですが、まずは、整骨院などに行かれることをお勧めします。

専門的な観点から、ご自分でも歪みを確認できます。

しかし自分で判断し、間違った方法で歪みを矯正しようとすると、腰を痛めたり、歪みが解消できなかったりするので、充分注意しましょう。

2

下半身痩せの第一段階にはウォーキングが効果的♡

出典:出典先リンク

下半身がなかなか痩せないという人は、まずはウォーキングから始めてみましょう。

ウォーキングでダイエットを始めるための体を作るのです。
体を作ってから、その次にダイエットと考えましょう。

下半身が痩せにくい人というのは、脂肪の燃焼が比較的少ない人と言われています。

「痩せる」というところに重点を置くのではなく、まず、脂肪を燃焼しやすい体に変えていくのです。

ダイエットも段階を追って計画的に行うことがとても大切です。

ウォーキングはダイエットに最適な「有酸素運動」なので長時間のウォーキングが効果的です。

有酸素運動は、20分以上続けることで脂肪が燃焼し始めます。
ちなみに、体脂肪1kgを減らすには約7000kcalの消費量が必要です。

60分間ウォーキングで、約250kcalの消費となります。
つまり、7000 kcalを消費するには、28日間かかる計算となります。

これは、あくまでも目安です。
無理のない範囲で続けることが大切です。

3

キングオブエクササイズの【スクワット】で下半身痩せ!

出典:出典先リンク

ウォーキングで痩せる体が出来てきたら、次はスクワットです!

スクワットはキングオブエクササイズと呼ばれるほどシェイプアップに効果的とされています。
特に、下半身の筋肉に大きな影響を与えることから、脚のシェイプアップやヒップアップ効果に優れています。

いきなりのスクワットは体へのダメージがすごいので、最初は椅子を使ったスクワットがお勧めです。
慣れてくれば、徐々にレベルアップしていきましょう。

【スクワットのやり方】
1.椅子の背もたれ側と向かい合って立ちます。
2.背もたれに両手を置き、足を肩幅くらいに開きます。
3.背筋を伸ばし、ゆっくりと膝を曲げる(椅子にすわるイメージ)
4.お尻を突き出し、太ももが床と平行になるくらい、腰を落とします。
5.ゆっくり膝をのばし、息を吐きながら、立ち上がります。

これを10回×3セットを目安に。

4

お風呂の中でのリンパマッサージで下半身痩せ♡

出典:出典先リンク

太ももやヒップにたっぷりとついてしまっている、脂肪やセルライト。
これらは、運動してもなかなか消えることはありません。

セルライトとは、水分や老廃物が蓄積されることで肥大化した脂肪細胞です。

心臓から遠く血液を押し戻しにくい足は、リンパが滞り老廃物が溜まりやすくセルライトもできやすいという特徴があります。

リンパの流れをよくするには、リンパに沿ってマッサージすることで、老廃物の排出を促すことができます。

マッサージは、下から上へ向かって行うのが基本。
つま先から太ももの付け根に向かって、手のひらでゆっくりとなでるように押し上げていきましょう。

力が強すぎると、リンパを潰しむくみや血行障害を起こす原因になることもあるので、注意してください。

【リンパマッサージのやり方】
1.リンパ節(鼠蹊(そけい)部、ヒザ裏、足首)を刺激し、老廃物を流しやすくします。
2.ふくらはぎは両手で撫で上げるようにさすります。
3.膝の後ろにリンパ節があります、これを5秒間押します。
4.太ももは両手で脂肪をねじるように絞り上げます。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか。
下半身はなかなか痩せないといいますが、だからといって、そのまま放置はとても危険です。

お風呂上がり、ご自分の後ろ姿を鏡で見てみましょう。
毎日顔を鏡で見ることはあっても、後ろ姿を見てチェックしていますって人少ないですよね。

自分の姿を、10年以上前の印象が残っていて、あまり変化ないのかな、って思っていませんか??
今の姿を久しぶりに見ると、愕然とするなんてことも・・・!?

そんな時は現実を受け入れ、まずは出来ることからやっていってみると後ろ姿にも自信が持てるかも♡

今すぐ下半身痩せしたい人はコチラ♡

関連記事

履いて寝るだけ『痩せパン』効果は嘘!?ステーシア LUXXXY(ラクシー)の口コミとリアルな感想

この記事に関するキーワード

  1. 骨盤矯正
  2. ポッコリお腹
  3. 下半身痩せ
  4. 脂肪
  5. 産後太り
  6. 歪み
  7. 生理痛
  8. 痩身
  9. 方法
  10. 成功

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:nanatsu
age:0
【経歴】ゴルフ場の営業として勤め、出産を機に退社。営業ではコンペ開催、HP作成など色々な業務をしておりました。現在は子供も落ち着き、平日は事務職として働いています。
【コメント】自分の経験してきたことを色々な媒体で発信していけたらと思っています。今興味のあることは、ペット関連です。その中でも猫が大好きです。ペットとしてではなく、保護猫への活動も興味あります。今後は色々なテーマを考えていきたいと思っています。

PR