ライター:ちひろ

ウォーキングの30分前にブラックコーヒーを飲んでたっぷり脂肪を燃やそう

あなたはコーヒーが好きですか? コーヒーが好きなら、ぜひともウォーキングダイエットに役立ててください。ウォーキングの30分前にコーヒーを飲むことで、脂肪の燃焼効果を高めることが期待できるのです。なぜ、コーヒーが脂肪の燃焼に良いのか、そのメカニズムを解説しましょう。

シェアする
1

コーヒーが脂肪の燃焼につながるワケ

どうして、コーヒーを飲むことで、脂肪の燃焼効果が高まるのでしょうか。

それは、コーヒーに含有している「カフェイン」が大きく関係しています。
カフェインが、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを活発にさせる作用があるのです。

そもそも、筋肉が消費するカロリーには、2種類あります。
・ 筋肉中に蓄えられているグリコーゲンなどの糖類
・ 体脂肪が分解されて血液中に溶け出している脂肪酸

運動を始めると、まずグリコーゲンのほうが主に使われて、脂肪酸はあまり使われません。

脂肪酸を使うには、まず脂肪を分解する必要があります。
脂肪酸は、10分以上の運動をすることで、初めて血液中に出回り始めます。

筋肉は、この脂肪酸を燃やして、エネルギーに変えているのです。

そこで、コーヒーを飲んで、カフェインを摂取していると、 より脂肪の分解が進むようになります。

ある実験では、コーヒーを飲んだ後に血液中の脂肪酸の量を調べると、 水しか飲まなかった場合に比べて、脂肪酸量が増えるという結果が現れています。

その量は、コーヒーを飲まなかった場合と比べて、2倍にもなるとのこと!

効果が2倍になるのなら、コーヒーを飲まない手はありませんね♪

2

いつコーヒーを飲んだらいい?

体脂肪を効率良く燃やすためには、カフェインの濃度が血液中で最大になる、飲んでから20〜30分後が最適です。

つまり、コーヒーを飲んでから20〜30分後に運動を始めるのがベストですね☆

先ほどの筋肉の話に戻りますが、 筋肉を動かすのに、脂肪酸ではなくグリコーゲンなどの糖類が使われると、 血糖値が下がって、お腹が空きやすくなります。

さらに、運動をした後は、より食事を美味しく感じて、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

その点、コーヒーを飲んでから運動をすると、グリコーゲンの多くは残るので、 無用にお腹が空きやすくなるということがなくなるため、 運動をした後でも、食べすぎる心配も少なくなると思います。

脂肪を燃焼させて、お腹が空きにくくなるので、ダイエットに一石二鳥ですね♪

ちなみに、ウォーキングの後には、筋肉の回復をサポートするために 牛乳や豆乳を飲んで、たんぱく質を補給しましょう。

3

コーヒーにはこんな健康効果も!

<ポリフェノールでアンチエイジング>
コーヒーの有効成分として、注目されているのがポリフェノール。
ポリフェノールは、活性酸素を除去して、アンチエイジングが期待できる抗酸化成分です。

コーヒーには、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類が豊富に含まれています。
ポリフェノール含有量は、赤ワインに次いでコーヒーが多いのです。

<シミを抑える>
ある調査によると、コーヒーは日本人の食生活で代表的なポリフェノール摂取源であることが分かりました。

そして、コーヒーの摂取量と肌の状態を調べる研究を行ったところ、 コーヒーポリフェノールの摂取が多いほど、紫外線によるシミが少ないことが分かったとのことです。

とくに、1日2杯以上飲む人がもっともシミが少なかったようです。

<糖尿病リスクを下げる>
コーヒーには、糖尿病発症のリスクを下げる効果があると言われています。
複数の研究結果によると、 コーヒーを1日4〜6杯飲む人は、1日2杯以下の人に比べて、Ⅱ型糖尿病発症リスクが28%下がる という報告があります。

これは、カフェイン抜きのデカフェでも糖尿病発症リスクが下がるため、 コーヒーのポリフェノールによる働きであると考えられているのです。

あとがき

コーヒーというと、嗜好品であまり身体に良いという印象はなかったのですが、 調べてみると、いろいろなメリットがあることが分かりました。

ぜひ、ウォーキングダイエットの前にコーヒーを飲んでみてください。

ただし、1つだけ気をつけてほしいことがあります。
それは、コーヒーに砂糖やミルクを入れない、ということです。

コーヒーに砂糖を入れてしまうと、余分なカロリー摂取になるだけでなく、 カフェインによる脂肪燃焼効果を下げてしまうためです。

苦手な女性が多いかもしれませんが、コーヒーはブラックで飲むようにしましょう☆

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. コーヒー
  3. カフェイン
  4. ポリフェノール

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR