ライター:みりん

新社会人さん必見!オフィスメイク術を身に着けよう

スッピンで会社に行くのも、やりすぎたメイクもマナー違反。加減がなかなか難しいところではないでしょうか?そこで今回は、基本のオフィスメイク術をご紹介したいと思います。普段メイクに力を入れている人もそうでない人も、しっかりとオフィスメイクを身に着けて、春の新生活を送っていきましょう!

シェアする
point
  • オフィスメイクはやり過ぎNG!!
  • まずは基本から♡
  • 自分にあったメイクを模索しよう!
1

オフィスメイクの基本

出典:出典先リンク

オフィスメイクの基本のポイントは、清潔感・健康的・明るさ。

やりすぎはもちろんNGだけど、逆に薄すぎると男性社員からはスッピンだと思われてしまうかも。

普段メイクとはまた違った、「ナチュラルだけどしっかりメイク」 を心がけましょう。

2

ナチュラルなベースメイク

出典:出典先リンク

ナチュラルメイクには一番重要といってもいいくらいベースメイクは大事です。

手順をしっかりとふんで重ねていくことでナチュラルでもしっかりとアラを隠すことができますよ。

化粧水で保湿をしっかりと。
化粧下地はファンデーションのノリにかかわってくるので丁寧に。
ファンデーションは厚くなりすぎないように注意。
フェイスパウダーでヨレるのを防ぐ。
 
厚塗り感がでないように薄く重ねていくことを意識しましょう。

そうすると崩れ防止にもなります。

3

アイブロウは印象を左右する大事なポイント!

出典:出典先リンク

眉毛は顔の印象を左右する大事なパーツです。

オフィスメイクでは細眉より太眉を意識するよう心がけて。  
自眉を整える程度が自然で好印象に仕上がりますよ。
毛流れを整える
形を決めてペンシルやパウダーで眉尻から眉頭に向かって足りない部分を描いていく。
はみ出ている毛をカットして整える。

4

アイメイクのコツ

出典:出典先リンク

アイメイクは控えめな色使いを心がけるようにするのが◎

アイシャドウはラメが大きいものや派手な色味はNGです。

顔の中の色にある色味を選ぶようにしましょう。

無難なのはブラウン系。派手でなければピンク系もOK。
ですがピンク系は色を外してしまうと腫れぼったい目元になってしまいあまり好印象ではないので要注意。

アイラインは上まつ毛の間を埋める程度にして、自分の目の形に沿うように描いていきましょう。

目尻をあまりにはみ出してしまうと他のパーツがナチュラルな分浮いてしまうので、サッと流す程度に。

下まぶたの目尻まで囲んでしまうと一気に濃いメイクの印象になるので、下まぶたは目尻を濃いめのアイシャドウで引き締めるか涙袋を強調させるくらいが◎

マスカラはダマにならないように丁寧に仕上げていきましょう。

5

血色感をプラスして健康的に

出典:出典先リンク

チークやリップメイクをするとくすんだ肌がパッと明るくなり健康的な印象にみせてくれます。

ただ、チークは特に自分では気づかないうちに塗りすぎてしまっていることもあるので注意!

パウダーチークの場合はブラシに粉を含ませてから一度ブラシをトントンとして余分な粉を落としてからサッと乗せていくようにしましょう。

ピンク系、オレンジ系、ブラウン系さまざまな色味がありますが、ベージュが入った色味だとナチュラルに仕上がりやすくなります。

リップにも自然な色味をプラスしましょう。

リップ、チークともに自分の肌の色に合った肌馴染みのいい色味を選ぶようにすると派手にならずパパッと仕上げられるので、BAさんなどに色味を見てもらうといかも♪

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたでしょうか?

ナチュラルに仕上げるのは結構難しいですよね。

物足りなく感じてしまったり逆にメイクしている顔が見慣れなかったりさまざまではないでしょうか。

まずは基本を身に着けてから徐々に自分に合ったメイク法を模索していきましょう!

この記事に関するキーワード

  1. 新社会人
  2. メイク
  3. ナチュラル

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:みりん
age:23
元ネイリストで現在は2歳児の母をしております。
女性がより魅力的になれるようなご提案をしていきたいと思っています。
色々な情報を発信していくにあたって日々アンテナを張ることで筆者自身も小綺麗なおかんになれるんじゃなかという魂胆でございます。よろしくお願いします。

PR