ライター:*みか*

痩せる食べ方はこれ!ダイエットは何を食べるのかではなく、どう食べるのかが大事

きちんと運動しているし、食事制限もしてる!それなのに上手く痩せられない・・。 そんな声をよく耳にすることがあります。いったい何故なのでしょうか。 それにはいくつかの間違った認識があるからです。 そこで今回はそんな皆さんの問題を解決すべく、正しいダイエット知識をご紹介するとともに食事にもスポットを当て、「太らない食べ方」や「食べるタイミング」などについても注目していきたいとおもいます。 只今ダイエット中の方はもちろん、これからダイエットをはじめる皆さんもぜひ参考にしてくださいね。

シェアする
point
  • 必ず押さえておきたいダイエットの基礎知識!
  • 正しい1日の食事法は?
  • 食べる順番にも秘密あり!

ダイエットに大切な「基礎代謝」とは?

出典:出典先リンク

皆さんは「基礎代謝」と「ダイエット」の深い関係をご存じでしょうか?

基礎代謝とは私たちが生きていくために必要とされる最低限のエネルギーのことを指します。
例えば心臓を動かすこと、呼吸をすること、そして安定した体温を保つことも基礎代謝というエネルギーのなせる業。

基礎代謝のエネルギーは「カロリー」という形で表すことが出来ます。

つまり1日当たりの平均的なエネルギー量を知ることで、1日に必要な摂取カロリーの目安ともなるのです。
カロリー計算にもぜひお役立てください。

基礎代謝は男女によって違い、一般成人男性の1日当たりの平均は約1,500キロカロリー、女性では約1,200キロカロリーとされています。

基礎代謝を調べる方法はこちら(引用:Wikipedia)から。 表は年齢や性別を当てはめご参照ください。

平均的な1日当たりの基礎代謝量は「基礎代謝基準値」×「体重」で求められます。

この基礎代謝が低い人は高い人に比べ痩せにくい傾向にあり、ダイエットにはとても不利だといわれています。
同じ量を食べても太りやすい人とそうではない人に分かれるのは、こうした基礎代謝の違いによって、消化に使うエネルギー量が違うからです。

低い基礎代謝を上げる最適な方法は「筋肉」を付けること。

平均よりも低いという方はダイエット前の下準備としてまずは「筋トレ」をすることをおすすめします。

食事制限などを行う際は、基礎代謝を上げることでより効果的に働きますよ。


難しいことはわからないピグ!

ダイエットに大切な「基礎代謝」とは?

出典:出典先リンク

いくらダイエットのことや食べ方についての知識を得ても、食べ過ぎてしまっては何の意味もありません。

ダイエット中の食べ過ぎを防ぐために日々のカロリー計算はダイエット時の必修科目。

しかしカロリー計算は難しく、とても面倒だと思っている方も多いのではないでしょうか?

でも大丈夫!

そんな皆さんのために現在様々なアプリが開発されています。
例えば「カロリサイズ」や「楽々カロリー」など毎日の食事を記録し、体の変化を日々確認することが出来る優れもの。

こうしたアプリを活用しながらカロリーを管理し、より健康的なダイエット生活を送りましょう。


朝ごはんは抜かない!

出典:出典先リンク

朝は時間との闘いです。
通勤や通学の準備でいっぱいいっぱいという方も多いのではないでしょうか?

そのため朝ごはんをゆっくりと食べている余裕がなく、抜いてしまいがち。

しかし朝ごはんの存在は健康にもダイエットにも大切な役割を果たすといわれています。

朝ごはんの役割とは、基礎代謝のアップ!

私たちの体は睡眠中、体温を下げています。そのため朝、目覚めた直後は通常よりも体温が低く時間と共にだんだんと戻ってくる感覚だといいます。

朝ごはんを食べることは、体を目覚めさせ体内活動を活発にさせる、すなわち代謝を上げる事へと繋がっていくのです。
朝ごはんと言っても何も堅苦しく考える必要はありません。

例えば「おにぎり」や「パン」「シリアル」「野菜ジュース」「果物」「ヨーグルト」などいずれか1品だけでも、何も食べないよりは格段にダイエットを助けてくれるといいます。

何かを口にするということはそれほど体にとって大切なポイントとなるのです。

朝ごはんは確実に「量」や「カロリー」にこだわるのではなく「質」を考えることで上手に向き合うことができるのではないでしょうか。


ピグは朝からがっつり食べるピグ!

お昼はしっかり食べドキ!

出典:出典先リンク

ダイエット中のお昼ごはんは特に大切な時間です。
カロリーを考えつつ、食べる量を減らすことはおすすめしません。

最もおすすめのお昼メニューは「和定食」です!

これは特に栄養バランスに優れ、しかも満足のいく量を予測できるから。
不足しがちな野菜の入った定食を選ぶことが満腹感とともに栄養バランスにも繋がるでしょう。


またコンビニでお昼を済ませたいあなたへのおすすめはお弁当も美味しいですが、栄養が偏りがちになるため、ダイエット中はよりバランスを考えるべく単品物を活用して自分で栄養を整えると良いでしょう。

例えば「おにぎり」+「お味噌汁」+「サラダ」+「おかず」など。

お弁当を選んだ際もサラダをプラスするなど栄養バランスをご自分で整えてみてはいかがでしょうか。


理想の夜ご飯は?

夜は朝やお昼と違い、動くことが少なくまた「睡眠」という切っても切り離せない時間まで付いてきます。
そのためなるべくカロリーを抑えた消化に良い物を食べたいものですね。

例えば白米を「おかゆ」としていただく方法はダイエット中にはとてもポピュラーな食べ方です。
おかゆにすることで消化を助け、カロリーも抑えることが出来ます。

そしてメインは肉よりも魚にしましょう。肉を食べる際には鶏肉や脂身の少ないものを選ぶようにしてください。

大切な栄養素である「野菜」はサラダでも、野菜炒めでも、代謝を高めてくれる野菜スープや味噌汁にしても良いでしょう。

その他、ダイエットを助ける食材として「きのこ類」や腸内清掃をしてくれる「こんにゃく」、そして食物繊維豊富な「豆類」に「海藻類」などがあります。

これらの材料を上手に活用し、飽きのこないダイエットメニューとしてください。

人気メニューには「鮭のホイル焼き」や「きんぴらゴボウ」、「しゃぶしゃぶ」、「ひじきの煮物」、「春雨スープ」などがありますよ。


「夜納豆」のススメ

出典:出典先リンク

朝食というイメージのある納豆。
しかしその栄養価から近年では夜に納豆を食べる夜納豆が推奨されています。

そのわけは納豆に含まれる成分の中に血液をサラサラにし体内を整えてくれるから。
むくみを取る効果もあるため美容的にも嬉しいですよね。

また納豆には食物繊維が含まれており、これはダイエットの大敵「便秘」を改善するだけでなく、私たちに満腹感を感じさせる効果もあるのだとされています。

そのため食べ過ぎることを押さえるべく食事の前に食べておくことでよりダイエット効果が増すようです。

そしてトッピングには定番で栄養価の高い「卵」や脂肪燃焼が期待されるカプサイシンの入った「キムチ」が相性バツグン!
特にキムチは脂肪燃焼の他に基礎代謝を上げるというダイエットには嬉しい特徴もありますのでぜひ。

それでも夜はガツンと食べたいピグ!

食べる順番で「食べ痩せ」しましょ♪

出典:出典先リンク

食事を取る際に理想的な消化をうながし、より痩せやすい食べ方とは。

まず始めにサラダなどの「野菜類」

野菜は腹持ちが良く、満腹感を感じやすいため暴飲暴食を押さえてくれる効果があります。

そのためサラダで少しお腹を満腹にしてから次へと進むと食べ過ぎを防ぐことが出来るでしょう。
さらに、野菜には食物繊維も豊富に含まれているためお通じにも良いですよね。

野菜類の次は「汁物」。
そして最後に「炭水化物」を美味しく食べてください。

これらの順番を念頭に置きながら食事を楽しむと、過度の食事制限など無茶をしなくても健康的にダイエットへと導かれるのではないでしょうか。


ピグは最初にメインディッシュをいただくピグ!

最後に・・・☆

出典:出典先リンク

いかがでしたか?
ダイエットへの正しい知識を知ることでより痩せやすいプロセスを踏むことが出来ます。

知らずに無理なダイエットをした結果が、上手く痩せられなかったのでは何もかもがもったいない。

正しいダイエット法を知るという事は、ダイエットだけでなく健康、そして美しさへとも繋がっていくのです。

その全てには何より食というものが深くかかわっているのではないでしょうか。ぜひお試しください。

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. 食事
  3. 太らない食べ方

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:*みか*
age:0
ドラマ・音楽・お洒落・ドライブが大好きなライターです。 お暇なときはコラムをどうぞ♥

PR