ライター:ギュル

誰もが一度は憧れる!外国人との燃えるような恋愛♡

誰もが一度は、外国人との燃えるような恋愛に憧れるのでは??でも、いざそうなったとき様々な文化の違いから戸惑うことも多いはず。いつか訪れるかもしれない外国人との恋愛の為、どのようなものか今から少し学んでおきませんか??♡

シェアする

出典:出典先リンク

草食系男子が日本で大流行な昨今。
でも、やっぱり、女子はオトコの子からのアプローチに憧れるもんなんです。
ちょっとくらい、攻めて来てもらいたい、そ~ゆ~もんなんです!

草食系を尻目に、外国人の肉食系に日本人女子はすっかり虜に。
アイラブユーの言葉はもちろん、人前でもハグ&キス、愛情表現は大袈裟なほど良い♡

そんな外国人とのお付き合い、いろんなギャップや壁に悩むこともあるかと思います。

ちょっと気をつける事など、見てみましょう。

1

言わなくてもわかるハズ!は通用しません

出典:出典先リンク

日本では時に、沈黙は美徳的な考え方があります。
毎日毎日、「好きだよ」「愛してる」の言葉は必要ない、愛情表現の常用使いはその信頼度が薄れると思われているフシがありますよね。

それは外国ではほとんど通用しません(笑)

逆にその積み重ねで愛情が大きくなると考えてるフシがあります。

「言わなくてもわかる」は、「言わなくてもわかるけど、言って欲しい」「その言葉が聞きたい」と考えてくださいね。

日本人女性で「恥ずかしい」と照れがあるかもしれませんが、ここは思い切って!女優になりきってください♪

2

基本、世の男はマザコンなのです!

出典:出典先リンク

日本人も実はそうなのですが、日本人女性には異様に嫌われるため、オープンにできないんですよね、実はマザコンだという事実を。

外国ではマザコンは当たり前なので、隠しません。

マザコンなお陰で、レディ・ファーストや女性に優しい気質が生まれてると思ったら、有難いと思うべきなのか・・・。

外国のマザコンは、会社からでもママに電話をかける、ママの手料理が最高だと自慢する、と日本ではあまり見かけないタイプ。

日本でマザコンというと、身の回りを甲斐甲斐しく世話されてるタイプが思い浮かびますが、これって子離れできないお母さん、ですよね。

外国人はそうではなく、純粋にママが好き♪ってタイプです。
なので、自立はしてるし、自分で何でもできるし、日本でのマザコンとはイメージが違うので、許してあげましょ。

3

イヤなものはイヤ!自分の意見はハッキリと

出典:出典先リンク

日本人女性の特徴として、何でも受け入れて、笑って従うというモノが挙げられます。

嫌われたくない、という気持ちの表れなのか、初めは外国人男性にも新鮮でお淑やか、日本人女性って優しいんだ~と好意的に受け入れられますが、それが続くと・・・。

自分を好きじゃないと思い、逆に別れを早めてしまう可能性もあるんです。

イヤなものはイヤだとハッキリ伝える、自分の意見を言う、これがとても大事になります。

本心で同じ意見ならそれをキチンと伝える、同じ意見で嬉しいと、とにかく何を考えているか、相手に伝える努力をしましょう。

4

女友達との付き合い

出典:出典先リンク

外国人の彼の、女友達。
彼女との距離、気になりますよね。

彼と同じ言語を話し、価値観も自分より近い、彼のことをもしかしたら自分よりも理解してるかもしれない、彼は彼女と一緒の方が楽しいかもしれない・・・。
そんな不安がよぎりますよね。

不安になったら、そのことを彼に伝えればいいのです。

日本では恋人がいたら、他の異性とは若干の距離を置く、なのであなた達の距離感が心配なのだと、素直に伝えればいいのです。

そうすると、彼はさらにあなたを愛おしく思ってくれるでしょう。
外国でヤキモチは嫌われることは少ないです。
むしろ、相手を喜ばす事になりますから、大いにヤキモチを焼きましょう♪

あとがき

出典:出典先リンク

外国人との燃えるような恋。
なんだかワクワクドキドキしますよね。

確かに、国も言葉も、文化習慣も違うので、不安になることも多いと思いますが、大丈夫!
同じ人間です。表現の仕方が若干違うだけで、気持ちは通じあいます。

表現の仕方、これが重要になってくるので、ここだけちょっと頑張ってください。

日本人は奥ゆかしすぎて、なかなか伝わらないこともありますが、相手もあなたの事を理解しようとしてくれるなら、きっと大丈夫。

素敵な大恋愛ができますように♡

この記事に関するキーワード

  1. 恋愛
  2. LOVE
  3. 外国人
  4. 海外

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ギュル
age:0
【経歴】13年、旅行の添乗員をしていました。日本国内外を飛び回り、また休みを取っては海外へ短期留学をし、たくさんの事を自分で見て、聞いて、考えて、吸収してきました。現在はトルコ/イスタンブール在住で旅行業に携わっています。
【コメント】世界で通用するような!いいオンナを目指して、一緒に楽しんでもらえたら、と思います♪

PR