ライター:yukicoco

薬を使う前に原因をつきとめて!【ニキビ】の解消は生活の改善がカギ♡

お顔の肌は、他の部分よりも敏感で、体やココロの状態が表れやすいところです。今回は、ニキビの根本的な原因となる4つの点を紹介します。原因がわかれば、改善されるのも圧倒的に早くなるので、自分の生活に当てはまっていないか、チェックしてみましょう♪

シェアする
1

甘いものとデトックスはセットに! 毒素をため込まない習慣が大切♡

出典:出典先リンク

普段の食生活を見直してみましょう。
甘いものを採りすぎていませんか?

糖分は消化がしにくい栄養素のひとつです。
なので、消化しきれず、たまってしまった毒素がニキビとなって表れるケースもあります。

でも、どうしても食べたい!という時や、お友達との約束などもありますよね♪
そういう時は、毒素を排出することを意識してみましょう♡

半身浴を普段より長めにしてもいいですし、白湯を飲んでもいいでしょう♪
ニキビとなって表れる前に、意識して食事をしたり、排出力を高めることにフォーカスすることがとても大切ですよ♡

2

認めたくない! でもやっぱりニキビはストレスのサインのひとつ。

出典:出典先リンク

もしかしたら、知らず知らずのうちにストレスをためてしまっていませんか?
現代社会では、ストレスゼロ!というのは難しいかもしれません。

だからといって、仕方ないこととして諦めると、カラダやココロがサインを出すでしょう。

その一つがニキビです。
ニキビができているのを見つけると、きっと誰もが嫌悪感や劣等感を感じることでしょう。

でも、その事実としっかり向き合ってみませんか?

私、ストレスためちゃってたかもな...、ちょっと頑張りすぎちゃったかも...。
そういう風に認めてあげることが改善の第一歩にもなるでしょう!

3

睡眠なくしてニキビの解消なし! カラダの治癒力に任せてみて♡

出典:出典先リンク

あなどってはいけないのが睡眠です。
お仕事をされていたり、休日には習い事、自分磨きのために資格取得の勉強など、現代の女性はとっても素敵です!

でも、睡眠時間を削って頑張りすぎていませんか?
休むときにはしっかりと休んで、メリハリをつけましょう!

睡眠は一番の美容です。
もし、ニキビなどの不調が表れていたら、その日から見直すことができる睡眠を意識して、充分にとりましょう!

なぜなら、寝ている時間も、体は休まず働き、翌日も元気に迎えられる準備をしてくれます。
そんな時間を削るなんてもったいないですよね♪

4

生理とニキビの深い関係。 ニキビの解消は、生理との上手なお付き合いを♪

出典:出典先リンク

女性は、生理との関係で女性ホルモンのバランスが崩れることで、肌も調子が悪くなったり、ココロのバランスも乱れることがしばしばあります。

多くの女性が感じている症状ではないでしょうか。
お肌に表れたニキビと生理の時期を確認してみると、ホルモンが大きく影響していることも考えられるかもしれません。

でも生理は、女性にとってとても大切なカラダの機能ですよね♪
これからも上手に生理と付き合っていくためにも、生理の周期を意識して、生活習慣や食事を見直してみましょう!

あとがき

出典:出典先リンク

今回は、ニキビの原因を4つ紹介しました。
一度できてしまったニキビは消えるのに少し時間がかかるかもしれません。

でも、原因さえわかり、ちゃんと自分が認めてあげることさえできれば、スムーズに解決できることでしょう♡

お薬でどうにかしようとする前に、根本的な生活の改善が重要です!

そして、一生付き合っていくカラダに対する考え方を意識することで、長期的な美しさを目指すことができるでしょう♡

生活を見直してニキビが治ってきたら・・ニキビ跡を解消しちゃおう♡

この記事に関するキーワード

  1. ニキビ
  2. 原因
  3. 方法
  4. デトックス
  5. ストレス

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:yukicoco
age:0
【経歴】アパレル経験あり。美容、ライフスタイル、ファッションなど、幅広いテーマを執筆中。
【コメント】より魅力的になったり、より良い生活を送るためのアイデアを実生活に取り入れています。流行の発信地ともいえるハリウッドで生まれるアイデアをそのまま取り入れるよりも、わたしたち日本人に合ったものや、私たちらしさを再発見できる情報を積極的に取り入れたいです。

PR