ライター:あこ

食事制限が苦手な方必見!ダイエットに最適なこんにゃく特集

こんにゃくと聞くと煮物に入っていたりするイメージがあるかもしれません。しかしそんな脇役なこんにゃくにはとてもすごい効果があったんです! こんにゃくは食物繊維が豊富なので脂肪やコレステロールといったものを吸収しづらくしてくれます。そしてこんにゃくに含まれている成分であるグルコマンナンが腸内環境を改善して腸に溜まった老廃物を掃除してくれます。今回は実はダイエットの強い味方になってくれるこんにゃくについてです!

シェアする
1

こんにゃくは栄養素たっぷり?!

こんにゃくには栄養成分が実は豊富に含まれており、グルコマンナンカルシウムマグネシウムセラミドなどが入っています。

グルコマンナンは血糖値・血中コレステロールを下げてくれるのでメタボリックシンドロームや太る原因、糖尿病を防ぐ効果が期待できます。また、体内の老廃物を排出する働きもあるので整腸作用や便秘解消効果もあるといわれています。腸を活性化させることによって代謝をあげることができちゃうんです!脂質や糖分を包み込んで吸収しにくくするので外から新しく入ってきた太る原因もシャットアウトしてくれるということになります。

そしてカルシウムが意外にもしっかりと含まれており、骨粗鬆症といった病気を予防してくれます。カルシウムが不足してしまうと補おうとするために体内で骨の中からカルシウムが溶け出してしまうのでカルシウムはとても必要な栄養素だといえます。また、カルシウム不足になると骨から溶け出したカルシウムを体内に吸収させようとして血管を収縮させたり血管に付着してしまう可能性があり、高血圧や動脈硬化を引き起こす恐れがあるのです。また、イライラの原因を解消するのにもカルシウムが必要なので脳や神経を正常に働かせる効果もあるといえます。

マグネシウムはカルシウムをサポートするべく、骨を丈夫にしたり神経系に必要な栄養分でマグネシウムを同時接種することでマグネシウムの効果が一層良くなるといえます。そして偏頭痛を緩和させたり、生理前のPMSを軽減する効果があるのでダイエットはもちろんのこと健康にもかなり効果があります。

そして最後にセラミド。よく美容液なんかで聞く言葉ですが保湿力の高い成分なので美肌効果が期待できます。ダイエットをしながら健康管理もできて美肌になれたら最高ですよね!

2

実はこんなことにも効果がある?!

栄養成分が豊富なのはよくわかっていただけたと思うのですが、実はこんにゃくはピロリ菌を抑制する効果もあるんです!ピロリ菌というのは胃の中に潜んでいる厄介な最近のことで感染経路はいまだにはっきりとはわかっていません。慢性胃腸炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどといった思わぬ病気にも発展しかねない実はとても恐ろしい菌なのです。

現在の医学ではピロリ菌を除去するために病院で施術する方法もありますが、副作用やリスクが高いといった点から安全性が高い方法として自然とピロリ菌を減少させることができる食品などを摂取するといった方法も取られています。そしてこんにゃくはその食品の1つでもあり、ピロリ菌の感染性予防・数値を下げる抗菌作用があるということがわかっています。胃上皮にピロリ菌が付着するのを防いだり、胃の中に定着するのを避ける作用があるといわれています。

3

こんなにローカロリー!

こんにゃくはローカロリーとして有名ですが、100gあたりのカロリーが5~7kcalといわれています。白米だと普通盛り1杯にあたるのですが、それで約235kcalなのでこんにゃくをお腹いっぱい食べたとしても白米1杯分ものカロリーを摂取するのはそう簡単にはできませんよね。そういった点でもこんにゃくは美容・ダイエット、両方に効果的だといえます!

4

こんにゃくの有効的な取り方

こんにゃくを料理に入れたりするのもとてもいい方法ですが、こんにゃくを効率食吸収して本格的にダイエット効果を高める方法があります。

食事の1番最初に食べるのはもちろんですが、より効果を高めるためには食事をとる30分前にコップ1杯の水とこんにゃくを半分~1枚食べましょう。食物繊維であるグルコマンナンは水を含むとよく膨らむといわれており、この性質を活かすことで食事をとる前に先にこんにゃくと水でお腹を膨れさせ満腹感をあげておくことでどか食いや食べ過ぎを防ぎ少量食べるだけでお腹いっぱいになるのでカロリーをあまり摂取しないで済みます。また、こんにゃく自体歯ごたえがあるので満腹中枢を刺激することで食欲を抑制する効果もあるといえます。

次に有効的なのが3色のうち1食をこんにゃくをメインにした料理に置き換える方法です。板こんにゃくやこんにゃくで作られたラーメンや米粒などを使うことで炭水化物の量を減らしてカロリーを抑えられます。そしてこんにゃくに含まれる食物繊維が腸内環境を改善することから下っ腹やぽっこりとしたお腹の解消にもなります。

5

こんにゃくの賢い食べ方

こんにゃくにはいろんな種類があり正直いい食べ方やレシピがわからないという方もいますよね。そんな方のためにこんにゃくの種類によっていい活用方法をご紹介します!

まずは1番よくみる板こんにゃく。煮物に使う方が多いかもしれませんが歯ごたえがよく味を染み込ませやすいといった利点を活かしておすすめなのがこんにゃくのステーキです。少し筋切を入れて焼くことで味の染み込みが更に増し、美味しく食べられます。また、熱湯で茹でて水気を切った後にうすい牛肉を巻きつけて小麦粉・溶き卵・パン粉をつけてあげることでこんにゃくのカツレツができます。歯ごたえがよくジューシーで味気がもともと少ないこんにゃくの味をうまく利用しています。

そして肉じゃがなどによく入っている糸こんにゃく。ご飯を炊くときに細かくみじん切りにした糸こんにゃくとひじきなどを入れてだしとめんつゆで炊き込むことで食感のいいちょっとした炊き込みご飯になります。具材や味付けを変えることでさらにレパートリーを増やすこともできますし、白米に細かく刻んだ糸こんにゃくを入れるだけでも炭水化物の摂取を減らせます。

そして玉こんにゃく。みたらしや黒蜜、黄な粉をまぶすだけでお団子の代わりになりちょっとしたおやつやデザートとして食べることが出来ます。一緒に摂るものによってはさらにこんにゃくの栄養素を増してくれるのでオリジナルレシピをどんどん開発することで食べるのを我慢したりすることでストレスになってしまう方にはローカロリーで食物繊維が豊富なため思いっきり食べることができる上、腹持ちがいいのでいいダイエットになりそうですね!

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. こんにゃく
  3. ローカロリー

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:あこ
age:33
食ビジネスにかかわる仕事をしています。食環境改善などのコラムを通じて、皆様のお役に立てればと思います。これからもよろしくお願い致します。

PR