ライター:ちひろ

威圧的・感情的! 無責任・保守的! 八方美人! 3タイプの上司とうまく付き合う方法

前回のコラム「職場の人間関係をカイゼン! 上司との付き合い方」では、社会人としての基本的な心構えを紹介しました。ただ、ひと言で上司といっても、さまざまなタイプの上司がいますよね。心の底から尊敬できる上司であれば、付き合いやすいと思いますが、中には怖くて付き合いにくい上司もいるでしょう。そんな上司とどのように人間関係を築いていけば良いのでしょうか。上司を3タイプに分類して、うまく付き合う方法を紹介したいと思います。

シェアする
1

威圧的・感情的な上司

「いつ見ても怒っている、威圧的な上司が怖い」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
普通の口調で、指示・指導してくれればいいのに、いちいち怒鳴り口調で言われるので、委縮してしまいますよね。

こんな上司は、「ぜったい部下から嫌われているはず」と思いますが、意外と部下から信頼されていたりしませんか?

このタイプの上司は、非常に仕事に厳しいだけなのです。
ですから、何も結果を出していない新人には厳しくて、一見とっつきにくいですが、一度認めた相手に対しては、とことん面倒見が良くなります。

仕事に厳しいですから、仕事で手を抜くようなことがあると、烈火のごとく怒ります。
手を抜くなんて、まったくもって許せないんですね。
あなたは手を抜いていないと思っているかもしれませんが、上司の基準ではあなたが手を抜いているように映っているかもしれません。

上司が思わず感心するぐらい、がむしゃらに仕事を頑張ってみてはいかがでしょうか。

また、怖いと思われているからこそ、多くの部下はなかなか話しかけられないと思いますが、思いきって懐に飛び込んでみるのも良いでしょう。
懐に飛び込むというのは、簡単に言えば、一緒に飲みに行ってみることです。

このタイプの上司は、意外と人の相談に乗ることが好きなので、会社ではなかなか言えないあなたの悩みに答えてくれるかもしれません。
多少説教くさくなるかもしれませんが、あなたのことを理解してもらえるだけでなく、仕事に関するヒントも与えてもらえるので、一石二鳥です。

上司を誘うことはなかなか勇気が必要ですが、誘う人が少ないからこそ、効果てきめんなのです。
上司だって、部下から誘われたら、嬉しいんですよ。

2

無責任・保守的な上司

あなたは、やる気に満ち溢れていて、「こんなことをやりたいんです!」と新しい企画を提案したのに、上司に「う~ん、それは難しいね」と言われ、明確な理由がなかったら、やる気をなくしてしまいますよね。

企業というものは、年数を経れば経るほど、どうしても保守的な考え方が蔓延しがちです。
会社をさらに成長させるよりも、会社を守ることにフォーカスしてしまうのですね。

ただ、そんな保守的な空気が蔓延していたら、上司が部下を潰すだけでなく、会社の業績は悪くなっていく一方でしょう。
それでは、どうしたらよいのでしょうか。

このタイプの上司は、自分の立場を守ることに執着してしまっているので、あなた1人だけで提案することは難しいでしょう。
そこでまず、同僚と話し合って、あなたの意見を聞いてもらいましょう。
同僚から賛同を得られれば、あなたの提案に価値があることが分かって、自信になると思います。

そして、会議やミーティングの場を利用して、あなた1人ではなく、数人で同じ提案をするのです。
あなた1人だけならまだしも、何人もの部下から提案されれば、いくら無責任で保守的な上司であっても、「無理!」「ダメ!」などのひと言では片づけられないでしょう。

チームプレーで、上司の無責任・保守的という壁を打ち破ってください!

3

八方美人で面倒見の良い上司

とても人当たりが良くて、面倒見が良いなんて、最高の上司だと思いますよね。
いつもニコニコしていて、新入社員にも優しい。
新人には天使のように見えるでしょうが、意外と曲者だったりするんですよ。
社会って、怖いですね。

八方美人で誰にでも愛想が良いということは、裏を返せば、誰にも心を許していないということです。
愛想が良いという殻で、自分自身を守っているだけなんですね。
ですから、いざトラブルが発生したとき、部下に対してもっとも冷たい態度を取る可能性が一番高いタイプなのです。
表で八方美人なだけ、裏ではえげつないほど悪口を言っている人もいますからね・・・。

あなたが新入社員だったら、そんな現実があることを見せてしまって申し訳ないですが、そういうタイプの上司がいることも事実です。
あなたもその上司にはニコニコ対応しながらも、あまり本心を見せないことが重要です。
当たり障りなく接しながら、上司の真の人となりを探っていきましょう。

また、八方美人ということは、仕事ができない上司の可能性もあります。
仕事ができない分、人間性の良さでカバーしているのですね。

ただ仕事ができないだけで、裏表がない上司であれば、あまり気にする必要はありません。
仕事ができないことに対して、あなたが上司にイラッとしないでくださいね。
職場の雰囲気が良いというのは、とても素晴らしいことですよ。
あなたたち部下が、上司の仕事もカバーしてあげてください。

あとがき

タイプ別の上司との付き合い方を指南してみましたが、いかがでしたか。

これから社会人になるという方は、「面倒くさいタイプの上司がこんなにもいるのか・・・」と、愕然としたかもしれません。

でも、これが現実なのです。
職業選択は自由ですから、会社を選ぶことはできますが、上司を選ぶことはできません。

あなたの職場にどんな上司がいるかは運次第なのです。
さまざまなタイプの上司とうまく付き合えるようになれば、あなたの社会人としての能力はさらに上がっていくことでしょう。

上司との人間関係の構築も、社会人としての貴重な経験の1つです。
あまり悩み過ぎずに、良い関係を築いていってください。

この記事に関するキーワード

  1. 人間関係
  2. 上司との接し方
  3. 社会人としての心構え

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR