ライター:ちひろ

ランニングが楽しくなって、全然ツラくない! 音楽の力をうまく使って快適に走ろう♪

あなたが聴いている音楽と、走っているときのピッチが合わなくて、ランニングをいまいち楽しめなかったという経験はありませんか? それもそのはず、音楽のテンポとランニングのピッチには密接な関係があって、その2つをうまくシンクロさせることで、驚くくらい楽に走れるようになるんですよ! にわかには信じられないかもしれませんが、だまされたと思って一度だけ試してみて!

シェアする
1

ピッチとBPMを合わせて走ろう

ランニングと音楽に共通するもの、それはリズムです。

ランニングでは
・ 脚の動きから生まれる「運動リズム
・ 息を吸ったり吐いたりの「呼吸リズム
・ 心臓の鼓動である「心拍リズム
という、3つのリズムがあります。
そして、1分間などの決められた単位あたりの歩数のことをピッチと言います。

音楽でも、1拍・2拍、4分の4拍子などといった、リズムがありますよね。
1分間あたりの拍数をBPM(Beat Per Minute)と言います。

このピッチとBPMがぴったり合うと、 快適に走れて、あまりツラさを感じなくなるという研究データがあるのです。

<実験>
好きな曲・嫌いな曲、BPMとピッチが合う曲・合わない曲。
これらの4つの条件で、音楽を聴きながら10分間走ります。
大学生の男女10人ずつ、合計20人で行いました。

すると、「嫌いな曲でBPMとピッチが合わない曲」に比べて、
「好きな曲でBPMとピッチがあった曲」を聴くと・・・
・ 「楽しい!」と思う感覚が約20%アップ
・ 「キツい・・・」と思う感覚が約10%ダウン
という結果が現れたのです。

自分の好きな曲を聴いて、楽しいと思うのは分かりやすい結果ですよね。
それと同時に、自分のピッチとBPMが合った曲を聴くことで、 「キツい」という感覚が軽減されるのです。

つまり、音楽を聴きながら走るのなら、 自分のピッチとBPMがあった曲を聴くことで、キツくなく、快適に走ることができるというわけですね♪

2

初心者ランナーは160BPMがおすすめ

シドニーオリンピックの女子マラソンで金メダルを獲得した
Qちゃんこと高橋尚子選手。

当時、hitomiさんの「LOVE2000」という曲が大のお気に入りで 練習前にいつも聴いていたと話題になりました。

好きな音楽を聴くと、身体が曲に合わせて自然にリズムを取ってしまう経験って、 私たちでもありますよね。

高橋尚子さんにとって、「LOVE2000」が大好きな曲であることはもちろん、 自分のピッチとぴったりと合っていたことで、もしかしたら金メダルにつながったのかもしれません!

それくらい、ピッチとBPMのシンクロって、重要なんですね。

とはいえ、どんな曲がランニングに合うか分からないという女性も たくさんいることでしょう。

いくらあなたが大好きな曲であっても、ピッチと合っていなかったら、 快適な走りのジャマになってしまいますから。

そこで、曲選びのヒントをいくつか紹介したいと思います。

ヒント① テンポが一定な曲を選ぶ
ランニングを楽に続けるコツは、一定のペースで走ることです。

「いつも同じペースで走ってるよ!」と思うかもしれませんが、 意外と自分では気づかないうちにペースが上がったり、下がったりしていますよ。

例えば、前のランナーを抜かすためにちょっとペースが上がっていたり、 ちょっとした坂道でペースが下がったりしているものなのです。

それは、なかなか自分では気づきにくいですから、 一定のリズムで流れる音楽を聴いて、その音楽のリズムにピッチを合わせると、 楽に走れますよ♪

ヒント② 自分に合うBPMを見つける

先ほど、BPMとは「1分間あたりの拍数」と解説しました。
例えば、140BPMなら、1分間に140回ビートを刻む曲ということになりますね。

そして、140BPMの曲に合わせて走ると、1分間に左右合わせて140回脚を動かすことになります。

あなたは、どのくらいのBPMで走りたいですか?

初心者ランナーであれば、160BPMくらいがおすすめです。

3

160BPMのヒット曲はこれ!

それでは、BPM155〜165あたりのヒット曲を紹介しましょう。

・ BUMP OF CHIKEN「supernova」 BPM157
・ いきものがかり「ありがとう」 BPM157
・ FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」 BPM157
・ Mr.Children「HERO」 BPM161
・ B’z「OCEAN」 BPM161
・ 嵐「サクラ咲け」 BPM162
・ 浜崎あゆみ「SEASONS」 BPM163

このように、J-POPのヒット曲でもたくさんありますね。

1分間で160歩だと、30分で4800歩、60分で9600歩のステップを踏むことになります。
1曲5〜6分が多いですから、30分走るなら5〜6曲、60分走るなら9〜10曲準備すると、同じ曲を聴くことなく、走りきることができますね。

BPMは、1分間あたりの拍数ですから、あなたの好きなアーティストの曲について、 「1・2・3・4・・・」とBPMを数えてみて、160くらいのものを見つけてみるというのも、楽しいですよね♪

ぜひ、お気に入りの曲を見つけてみてください!

あとがき

ランニングと音楽との密接な関係について、ちょっとだけアカデミックに解説してみましたが、いかがでしたか?

音楽のリズムと走るピッチを合わせると、楽に走れるだなんて、面白い実験結果ですよね。

ということは、あなたの気分に合わせて、曲を変えることもできますね。
「今日はゆっくり走りたい」というときは、スローテンポな曲を聴きながら、 「身体が軽いな〜」というときは、アップテンポにしてみたり。

最初はゆっくりの曲から入って、少しずつ上げていくというのも良いですね!

あなたのランニングスタイルに合わせて、うまく音楽をシンクロさせてみてください♪

この記事に関するキーワード

  1. ランニング
  2. 音楽
  3. リズム

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR