ライター:あこ

飲むだけで痩せる?実はダイエットに最適な牛乳の飲み方

牛乳はカロリーが高く、飲むと太ってしまうイメージを持っている方って多くありませんか?最近ではコーヒーショップでも牛乳から豆乳に変えてカロリーダウンさせようとする方も多くいますよね。 しかしそんな牛乳も栄養素やミネラル分が豊富に入っており、高カロリーだと思っている牛乳はコップ1杯で約130kcalなんです!20代女性の1日の摂取する必要があるエネルギー量の10%にも満たしません。また、牛乳も種類が豊富なので脂質摂取の制限がしたいのなら低脂肪乳や無脂肪乳を選ぶことで簡単に制限しながら摂取することができます。

シェアする
1

牛乳に含まれる成分

よくカロリーが高いといわれますがビタミンが豊富でカロリーが牛乳よりは低いといわれている豆乳と比較してみると牛乳の方が栄養分がバランスよく入っているのです。

まずは炭水化物の代謝に必要なビタミンB1は無調整豆乳が0.03mg、牛乳が0,04mg。脂質や炭水化物の代謝に必要なビタミンB2は無調整豆乳が0.02mg、牛乳が0.15mg。脂質、炭水化物、タンパク質の代謝に必要なパントテン酸は無調整豆乳が0.28mg、牛乳が0.55mgとどの数値にしても牛乳の方が優れているんです♪

以上のことから必ずしも豆乳の方がダイエットになったり、栄養があるというわけではないようです。

2

ダイエットのための栄養素を手軽に取り入れられる!

ダイエットに必要なのはカロリーや脂質をできる限りとらないことではなく、逆に栄養素をまんべんなく体に満たしていることなのです。ダイエットをしていることでタンパク質・鉄・カルシウムは不足しやすいといわれていますがそういった栄養素も牛乳だと豊富に含まれていることから手軽に摂ることができます。

牛乳の種類を選ぶことでカロリーを制限することはできるので、まずは栄養素をしっかりと体に補うことで代謝を上げて痩せやすい体つくりをしてみてはいかがでしょうか?

3

牛乳でむくみ解消?!

牛乳に栄養素やミネラルが豊富に含まれているということはよくわかったと思いますが、その中でもカリウムがたっぷり含まれています。

カリウムは血中のナトリウムを排出して心臓や筋肉の機能を調節して血液やリンパ液の流れを良くしてくれます。そうすることで水分の調節をすることで浮腫みを抑制させる働きがあります。足の浮腫みが酷い方や立ち仕事の方にも効果的だといえます。

ちなみに牛乳に含まれるカリウムは市販のものである200mlのもので、1日に必要なカリウム量の約20%が摂れるといわれています。また、牛乳に多く含まれているカルシウムも不足することで浮腫みの原因になるほど浮腫みに関係しています。

4

牛乳は飲み方次第で効果絶大!

牛乳はいつ飲むかで効果が全く違います。多くの栄養素を含んでいることから同量のほかの飲み物に比べて満腹感を多く得られることから食事の15~30分前に飲むことで食事の摂取量を減らしてくれる働きがあります。

次にいいのがウォーキングや運動後に牛乳を1杯飲むと効果的だといわれています。それは牛乳に含まれるタンパク質は筋肉の成長を助けたり基礎代謝力をアップしてくれる効果が期待できるからです。ダイエットには必須といえる有酸素運動などと組み合わせることでより効果を得られます!

そして最後にお勧めなのが食後に1杯牛乳を飲む方法です。牛乳に含まれるビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸という成分には痩せ効果があるといわれており、糖質や脂質などを分解して排出させる働きを活性化してくれます。食べ過ぎてしまったと思ったときに飲むことで太りにくくしてくれます。

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. 牛乳
  3. むくみ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:あこ
age:33
食ビジネスにかかわる仕事をしています。食環境改善などのコラムを通じて、皆様のお役に立てればと思います。これからもよろしくお願い致します。

PR