ライター:ちひろ

ムダ毛の自己処理には充分に気をつけて!

脇毛や産毛など、気になる部分をカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしている女性は多いことでしょう。ただ、自分でムダ毛を処理することには、リスクもある点を知っておいてください。むやみに自己処理すると、肌を傷つけてしまいますからね!

シェアする

ムダ毛を処理していて、カミソリで肌を切ってしまった・・・、毛抜きで抜いたらできものができてしまった・・・という経験はありませんか?

「たまにはあるけど、少しぐらいしょうがないでしょ~」と軽く考えているかもしれませんが、あなたが思っている以上に深刻なダメージを肌に与えているのです。

おどかしたいわけではないのですが、ムダ毛の自己処理について、それぞれの方法の危険性を紹介しますので、ぜひ知っておいてください。

あなたのきれいな肌を守るために、とても大切なことですから。

1

カミソリ・電気シェーバーで剃る

一番手軽にムダ毛を剃ることができるので、女性でも使っている人は多いと思います。
ただ、毛根からの処理ではないため、すぐに生えてきてしまって、定期的なケアが必要になります。

鋭利な刃物で皮膚の表面を擦っているため、肌の角質まではがれてしまって、肌への負担も大きいです。
カミソリ負けや肌の黒ずみ、色素沈着の原因にもなりますし、毛が生えている方向に逆らって剃っていく“逆さ剃り”を繰り返すと、毛穴から細菌が入って、炎症を起こす恐れもあります。

<ちょっとこぼれ話>「毛を剃ると濃くなる」って本当?

「毛を剃ると濃くなる」と感じている女性は多いと思いますが、
実はこれには医学的な根拠がないそうです。

とは言っても、皆さんも「いやいや、脇毛をずっと剃ってたら、どんどん太く・濃くなってるし!」というような実体験を持っていますよね。

通常、1本1本の毛は先に向かって細くなっていますが、これをカミソリで剃ることで、毛の切断面が大きくなります。そして、次に生えてくるときは、切断面が大きくなったままで伸びてきますから、毛が濃くなったと感じるのです。
ですから、実際には太くなっていないとのことです。

ただし! 肌を傷つけるような剃り方をすると、毛が濃くなる場合があります。
毛はもともと、外敵から肌を守るという役割のために生えていますから、何度も繰り返し肌を傷つけていると、毛が肌を守ろうとして濃くなる可能性があるのです。
大きな傷を作った後、その周りから濃い毛が生えてきた経験はありませんか?
それは、肌を守るためだったのですね。

2

毛抜きで抜く

毛抜きを使って、毛根から引き抜く方法です。
毛根付近まで毛を抜くことができれば、3~4週間は処理する必要がありませんが、1本ずつ抜くので、とても根気のいる作業ですよね。
そして、何よりも痛いです! 痛みを伴うということは、肌への負担もかなり大きいということになります。

毛抜きを使うことで強引に毛穴が開かれるので、皮膚組織が傷んだり、雑菌が入って炎症を起こすこともあります。
ひどい場合は、鳥肌状になってしまうこともあります。

そのほか、埋没毛になることも。
「あれ? 毛が見えるのに、毛抜きでつかもうと思っても、つかめない!」というふうに思ったことはないでしょうか。
これは、埋もれ毛が原因で、毛抜きなどで自己処理をしていると、毛が根元から抜けずに、途中で切れてしまいます。
そして、毛抜きによって炎症を起こした毛穴が、毛穴を防ぐかさぶたを作ってしまい、途中で切れた毛が肌の中に埋まってしまうのです。

やっかいなのは、この埋もれた毛が埋もれたまま成長するので、毛の色が目立って、肌が黒ずんで見えてしまいます。

しかし、このときに埋没毛を毛抜きや針で無理やりほじくったり、肌ごと毛を引っこ抜こうとすると、よけいに肌を傷つけてしまいます。

3

脱毛ワックス、テープ、シート

脱毛したいところにジェル状のワックスやテープ、またはシートなどを貼って、一気に引きはがす方法です。

一度で広範囲にわたって毛根から毛を抜くことができますが、はがすときに激痛が走りますので、これも肌への負担が非常に大きいと言えるでしょう。

力任せに引っ張り上げるので、毛根から出血したり、皮膚や毛根が赤く腫れたりする場合もあります。

4

脱毛・除毛クリーム

クリーム状の脱毛剤、除毛剤を塗ることで、化学作用によって毛を溶かして、キレイにするという方法です。
これはほとんど痛みがなくて、簡単に脱毛することができますね。

ただ、痛みがないからと言って、肌への負担が少ないわけではありません。

脱毛・除毛クリームは、毛根組織を分解することで肌をツルツルにするため、実は非常に皮膚への負担が大きいのです。
クリームには刺激物も含まれていますので、肌がかぶれる危険性もあります。

肌の弱い人には、あまりおススメできない脱毛法ですね。

5

脱色剤で目立たなくさせる

ムダ毛を脱色して、皮膚の色に近づけて、目立たなくさせる方法です。
脱色したときは確かに目立たないかもしれませんが、脱色後に伸びてくる部分は元の黒色のため、だんだんとまだらになってしまいます。
まだらになると、余計に目立ったりしちゃいますよね。

そして、脱色剤も刺激性が非常に強いですから、敏感肌の人はかぶれや炎症を起こす可能性もあります。

あとがき

ムダ毛の5つの処理方法について、そのリスクをお伝えしました。
いかがでしたか?

毛を剃ることが少し怖くなってしまったかもしれませんね。
ただ、怖がらせることが目的ではなくて、それだけ肌に負担があるということを知ってほしかったのです。
きれいな肌にするために毛を剃っているのに、毛を剃って肌が汚くなってしまったら、悲しすぎますからね。

「危険なことは分かったけど、剃らないワケにはいかないんだよ~!」と思っていますよね?
女性の皆さんのそのお気持ちは、よ~く分かります。
これから、ムダ毛の正しい剃り方も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

あなたの大切な肌を守るために、やさしく毛を剃りましょう。

この記事に関するキーワード

  1. 体毛
  2. ムダ毛
  3. 毛深い
  4. 脱毛

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR