ライター:*みか*

もう大丈夫だよ!!ダイエット中のやっかいな停滞期を脱出する4つのこと

シェアする
point
  • ダイエット中に「停滞期」はなぜ起きるの?
  • 「停滞期」の上手な過ごし方とは?
  • 「停滞期」を脱出する4つの方法♪
  • 食べまくって「停滞期」を乗り切る!?
1

どんなときに停滞期を感じる?

出典:出典先リンク

まず始めに、ダイエットチャレンジャーを苦しめる停滞期の原因について迫りましょう。皆さんはどんな時に、停滞期を感じますか?

① 食事制限を行なっているのに痩せない
② 運動しているのに痩せない
③ 断食しても痩せない


多くの人が感じている停滞期の状態は主にこの3つ。
これはいずれもダイエット停滞期ならではの症状と言えるでしょう。
これらはダイエットを志す、誰しもに起こりうるであろう症状で、ダイエットには付きものです。

このやっかいな停滞期は個人差はありますが、大抵の人の場合、ダイエット開始から1ヵ月ぐらいの時期から見え始めるでしょう。
その原因は私たちの体のしくみと大きく関わりを持っています。


私たちの体は、どんな過酷な状況下に置いても生き延びようとする力が自然と湧き、防衛本能が自然と働く生き物なのだとか。
そんな防衛本能により、どんな過酷な状況でも体温調節やエネルギー吸収、脂肪などのコントロールが行なわれるのです。

ダイエット中の停滞期は、この防衛本能により、ダイエットの際に行なう食事制限や運動などで落ちていく体重をキープしなければという防衛が体に働き、落ちていく体重を押さえていると言われています。
つまり体が勝手に「過酷な状況下に置かれている」と勘違いし守りに入っていることになります。こうなるとちょいとやっかい。

人間の体にとって最もエネルギーに変わるものが「脂肪」で、それを必死で蓄えようとしているのでしょうね。これは自分VS自分に備わる防衛本能との闘い。

停滞期の期間は個人差はありますが、約2週間から1ヵ月ぐらい続くと覚悟しておきましょう!

停滞期が長すぎると途中で挫折しちゃうピグ!
2

【1】ストイックな食事制限はやっちゃダメ

さてここからは停滞期を上手に脱出する4つのことに迫っていきましょう。

出典:出典先リンク

ダイエットの停滞期を起こさせる1番の原因は過激な食事制限にあるとされています。

食べ過ぎたり、脂っこいものを避けたり、偏った食事をすること以外なら、バランス良く食事したほうがストイックに食制限をかけるより、よっぽどダイエットを助けるでしょう。

先にご紹介した防衛本能は、こうした過度なダイエットから身を守るために、体が判断して体重の減少を押さえているから。
早く痩せたいと焦った結果、余計に痩せなくなってしまうという魔のトライアングル・・それが停滞期なのです。

最近流行の「プチ断食」なんて特に停滞期を迎えやすいダイエット法の一つで、やり方を間違えばリバウンドのもとともなりかねないのでご注意を!


また基本的に食事について心配しなければならないのは主に夜だけで、エネルギーを良く使う朝や昼などは、極力食べ過ぎないことにさえ気をつけていれば、そんなに制限することもなく好きなものを食べることで、ストレスの少ないダイエット生活を送れるのではないでしょうか。

停滞期に陥ったときこそ、普段通りの食生活を心がけ、それが過ぎ去るのを待ちましょう。

制限なんてしたくないピグ!
3

【2】運動は軽めのウォーキング程度で押さえましょっ!

出典:出典先リンク

痩せないからといって、いつもよりキツイ運動を行なうのもやめましょう。

停滞期はそれが過ぎ去る時を待つしかありません。

今すぐ体重を落としたがっても効果はなく、むしろ運動量を減らすぐらいの方がちょうど良いのです。

この時期に無駄に筋肉をつけたり、有酸素運度をしてもただ疲れるだけとなってしまうことのほうが多く、かえって逆効果となることもあるでしょう。

ただじっと待つという事は、停滞期にはとても必要なことですが、それが1番難しいことでもありますよね。

例えば、マラソンやジョギングなどの激しい運動を好んでいた人が少し軽めのジョギングに変えてみたりすることは、案外効果的で運動のやり方に変化を付けることは、とてもこの時期には良い待ち方の一つだといえるでしょう。

辛い運動なんてやりたくないから、むしろラッキーだピグ!
4

【3】ダイエット日記を付けてみる

出典:出典先リンク

停滞期だからといって油断してると、これまでやってきたダイエットが水の泡ともなりかねませんよね。

そこで提案したいのが、「ダイエット日記」を付けてみるということです。

食事の後に食べた物を書き留めておくだけでも、食べ過ぎ防止になったり、カロリーを把握する良い材料ともなりえるでしょう。

停滞期は痩せにくいからといっても、ダイエットの延長線上にあります。
そこを勘違いして、どうせ痩せないからダイエットもしばらくお休みとなっては、また一からの振り出しに逆戻り・・。

最初にも言いましたが「停滞期を制する者がダイエットの成功者」となるのです。

例え体重が減らなくても、諦めることなく、その時を待ちながらダイエットを意識した行動を保つことで停滞期から上手に脱出することが出来るのではないでしょうか。

停滞期はいわば、ダイエットを成功させるための準備期間!ダイエット日記はそんなあなたの準備期間をぶれることなく支えてくれる大切な記録となることでしょう。

痩せないのに日記付けたって意味ないピグ!
5

【4】自分へのご褒美Dayを設定♥

出典:出典先リンク

ダイエット停滞期に挫折しないためには、自分へのご褒美として、その時だけは何でも好きなものを食べて良い日を設定るすることが大切です。

我慢ばかりしていては、ストレスが溜り、停滞期を超えることなく脱落してしまう恐れが・・。

カロリーも何もかも忘れて好きなものを食べることがどんなに自分を解放することへと繋がるのか、その精神的威力には凄まじいものがあるでしょう。

ただし、ご褒美を与える時間帯は夜ではない方が無難でしょうね。
こうしたストレス発散法も取り入れつつ、停滞期を上手に脱出してください。

ご褒美は大好きだから、はりきって食べるピグ!

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか?

ダイエット中の停滞期を上手に脱出する方法、それは「待つ」こと。

待ったその先にダイエットの成功がきっと見えてくるはず。

そして正しく待つためには、待っている間の行動が大切・・今回はそんな停滞期の正しい過ごし方についてご紹介しました。脱出出来るその日まで、しんぼうしんぼう。

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. 停滞期
  3. 脱出

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:*みか*
age:0
ドラマ・音楽・お洒落・ドライブが大好きなライターです。 お暇なときはコラムをどうぞ♥

PR