ライター:nanatsu

貧乳なんて呼ばせない!胸を大きくする効果的な5つの方法とは?

胸にコンプレックスを抱えている人、多いですよね。しかし、胸を大きくする方法といいましても、実際のところ医学的に根拠があるのか、わからないような方法もたくさんありますよね。どれを信じてよいのかわからないあなたへ、体の仕組みをしっかり理解したうえで胸を大きくさせる方法をご紹介いたします。ご自分に合った方法で、バストアップしていきましょう。

シェアする
point
  • まずはバストアップエクササイズから。
  • その下着本当に胸に合ってる??
  • 食品からバストアップ効果のある栄養素を♡
1

バストアップエクササイズ

出典:出典先リンク

日本人女性特有の体型は欧米人に比べ、体全体に厚みがありません。
厚みがないために、胸が横へ横へと流れて行ってしまうのです。

そこで、この横への広がりを抑え、バストアップ効果のあるエクササイズをご紹介いたします。

バストアップでは「大胸筋を鍛える」ことがとても重要です。

大胸筋は言わば胸を支える土台なのです、この土台である大胸筋に筋肉があるのとないのでは、胸の張りが全然違ってきます。

2

乳腺刺激マッサージ

出典:出典先リンク

胸を大きくするためのキーワードは「乳腺」です。

胸は主に、乳腺と脂肪でできており、乳腺を発達させることで、乳腺の周りに脂肪が付きやすくなります。

この働きを利用し、胸を大きくするマッサージを行ってみましょう。

マッサージはお風呂上がりの血行が良くなっている時に行なうのが良いでしょう。

力を入れ過ぎず、オイルがクリームを手に塗ってからマッサージしていきます。
妊娠初期の段階ではマッサージは子宮が収縮することがあるので、避けましょう。

マッサージ方法は以下の通りです。

①右手でバストの左下に手を入れ、そこから谷間を通り、右のバストの上に動かして、さすり上げます。
②左右交互に、8の字を描くイメージで10回。

基本的に、胸の周辺を円を描くようにマッサージしましょう。

この時に力を入れすぎると、クーパー靭帯を痛めてしまうので、優しく指をはわせるような感覚にしてください。

3

下着を正しくつけて本来の胸の大きさへ

出典:出典先リンク

運動が苦手で継続することができない、そんな人はまず、下着を見直すことから始めましょう。

体に合っていない下着をつけている人って結構いるようで、下着を試着しないで購入したり、ネットで購入したりする人も多いですよね。

サイズももちろんの事、色々な形やデザインによりサイズも若干違ってきたりしますので、面倒でも、下着は試着してから購入しましょう。

サイズも大事なのですが、装着の仕方もしっかり教わりましょう。

背中や、お腹周りのお肉をしっかりブラジャーの中に入れてあげるだけで、サイズも全然違ってきます。
見た目も余っていたお肉が収まっているので、すっきりします。

4

指圧で刺激しバストアップ

出典:出典先リンク

胸を大きくする方法で指圧があります。

女性ホルモンを活発にするツボ、乳腺を発達させるツボ、バストに張りを与えるツボなど、胸を大きくするためのツボにも色々あるので、ぜひお試しください。

ツボ押しはリンパの流れも良くしてくれるので、血行が良くなり、胸だけでなく、肌全体の環境も整えてくれるので、美肌にも効果があります。

お風呂に浸かりながら行うと、新陳代謝も高まり、リラックスしますので、ストレス解消にもなります。

ツボ押しのポイントは1回3~5秒ぐらいが目安です、これを3~5回ほど繰り返すのがオススメ。

体の体調が悪いときや熱がある時、食後やお酒を飲んだ後は、ツボ押しはNGです。
充分注意しましょう。

5

食品から胸を大きくする栄養素を摂取する

出典:出典先リンク

胸を大きくするためには、女性ホルモンを分泌させることが重要です。

そのために、大豆イソフラボン、たんぱく質、ボロンなどを積極的に取り入れなければいけません。
食品の中で、トップクラスの食材といえば、『大豆』です。

大豆には、大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと非常に似た性質を持っており、エストロゲンと同じような働きをしてくれます。

大豆イソフラボンは魅力的な成分ですが、摂取すればその分効果が得られるわけではないので適量を摂取してください。

何事にも取り過ぎはよくありません。

食品安全員会は一日の大豆イソフラボンの目安摂取量は70mg~75mgと発表しております。

納豆1パック(45g)で約35mg、豆乳1パック(200g)には約40mg含まれているとのことです。

毎日毎日豆腐ばかりでは飽きてしまうので、おから、みそ汁など大豆製品はバラエティーに豊富ですので、色々な食材から摂取してみてください。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたでしょうか。
胸というのは、女性にとって単なるパーツではなく、とても重要なものです。

見た目はもちろん、胸はないよりあった方がいいに決まってますし、女性も胸があるだけで、姿勢も良くなると同時に、自信へと繋がります。

それに、なんといっても、異性からの視線もだいぶ違ってくるのもまた事実です。

女性のシンボルである胸を継続と言う努力だけで、お金をかけずに大きくすることが出来たら、毎日の生活も大きく変わってくるのではないのでしょうか?

この記事に関するキーワード

  1. バストアップ
  2. 胸が小さい
  3. 悩み
  4. ケア
  5. 方法

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:nanatsu
age:0
【経歴】ゴルフ場の営業として勤め、出産を機に退社。営業ではコンペ開催、HP作成など色々な業務をしておりました。現在は子供も落ち着き、平日は事務職として働いています。
【コメント】自分の経験してきたことを色々な媒体で発信していけたらと思っています。今興味のあることは、ペット関連です。その中でも猫が大好きです。ペットとしてではなく、保護猫への活動も興味あります。今後は色々なテーマを考えていきたいと思っています。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR