ライター:*みか*

花粉症メイクの基本の基本!お鼻ムズムズの季節だってお洒落したいの♥

花粉の季節。 何より花粉症の女の子が辛いのは、まともメイクが出来ないことなのかもしれません。 鼻はクシャミ、目からは涙。その上かゆみまであるのですからたまりませんよね。 そもそもあなたは花粉症対策のマスクの下からメイクをする派ですか?しない派ですか? 今回はそんな花粉症の際のメイク法についてご紹介していきたいとおもいます。 肌コンディションにまつわるエピソードなども交えながらどうぞ。

シェアする
point
  • メイク前にはしっかり保湿
  • 恐怖の化粧崩れ対策のキーワードは?
  • メイク落としも重要です!
1

メイク前のしっかり保湿がポイントです!

出典:出典先リンク

花粉症時期のメイクポイントは何と言っても保湿に尽きます!

メイク前にきちんと保湿することで肌コンディションの悪い時期であろうと思われる花粉症の時でも少しはメイクがやりやすくなることでしょう。

顔のむくみや肌荒れ、目の腫れ、そして乾燥などが入り混じっているため、保湿と共にゆっくりとお肌のマッサージを行なってみてはいかがでしょうか。

出典:出典先リンク

唇の保湿はリップクリームがマストアイテムです!
お口の乾燥は唇のひび割れとなって表れますのでぜひ唇にも小まめな保湿を。

2

恐怖の化粧崩れ対策★キーワードは「ナチュラル」

出典:出典先リンク

花粉症時のメイクには化粧崩れがつきものです。
常に崩れた時のことを考えてナチュラルメイクを心がけることが何より大切なのではないでしょうか。

特にファンデーション対策は大変でクシャミ、鼻水、涙などで崩れ落ちやすいファンデーションには「リキッドファンデーション」がおすすめです。

普段パウダーを使っているというパウダー派の皆さんもぜひお試しくださいね。

しかしそもそも何故パウダーよりもリキッドなのかといえば、それは簡単です!
クシャミの元となりかねないパウダーよりリキッドの方が安心だからです。

一度クシャミが出ると止まらなくなるという方が多い花粉症ですから、こうした細かな所にまで気を使うとより快適なのではないでしょうか。

3

マスカラOK!アイラインNG!

出典:出典先リンク

花粉症は鼻と目にやってきます。
目には涙や腫れ、赤みなど大きく症状が現れる場所でもあります。

そのため出来るだけ敏感な目の回りへの化粧品は薄く薄くが鉄則です!

しかしあまりナチュラル過ぎると外へ出掛けられないというお洒落さんにはアイラインはやめてマスカラに力を入れることをおすすめします。

目のふちに直接触れるアイラインは花粉症で目がかゆい時期には少しばかり不向きのような印象を受けます。

ですからマスカラで目に表情を持たせ、アクセントとしてみてはいかがでしょうか。
目元がバッチリと決まれば気持ちもグッと明るくなることでしょう。

花粉症に負けずにメイクを楽しみたい人には必見です!

4

帰宅後はダッシュでメイクを落とすべし!

出典:出典先リンク

外出を終えるとまず真っ先にメイクを落としましょう。
花粉症の方はより肌コンディションを整えるという意味でも早めのメイク落としが肝心です。

そしてしっかりとここでも保湿をし、花粉症から肌を守っていきましょう。

特に花粉症の方の場合、鼻をかみ過ぎているであろう鼻周辺のカサカサや目の周り、口元などを丁寧に洗顔し、保湿へといざなってください。

乾燥は花粉症の大敵と考え小まめな保湿を心がけましょう。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか?

花粉症のあなたでもお洒落にメイクを楽しめるポイントをピックアップしてみました。
目、鼻、口・・全てにおいて辛い花粉症。

女の子は特にその時期の肌コンディションに合わせたメイク法を選ばなければならず、時にはメイクすらも出来ない場合もあります。

ただでさえテンションが下がりがちな花粉の時期。
ポイントメイクでお洒落して少しでも楽しい気分で花粉症を乗り越えましょう。

皆さんぜひお試しください♥

この記事に関するキーワード

  1. 花粉症
  2. メイク
  3. 保湿
  4. ポイント
  5. くしゃみ
  6. 対策

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:*みか*
age:0
ドラマ・音楽・お洒落・ドライブが大好きなライターです。 お暇なときはコラムをどうぞ♥

PR