ライター:aKINa*

肩幅の広いキャリア系の魅せ方5選!新たな一面は秋のトップスで!

キャリア系の定番といえば、清楚感・きちんと感のある綺麗めファッション。そんなイメージを崩さずに、秋のトップスで、更に大人っぽさや可愛さをプラスしてみませんか?30代前半、肩幅が広くても、着こなせるトップスは山ほどありますよ!キャリア系の新たな一面、魅せ方5選をご紹介します。

シェアする
1

後スリット裾シフォンカットソー

バックスタイルに自信あり!

後ろにスリット、裾にはシフォン、首回りは少し大きめカットで女性らしさを忘れない1枚です。
ストレッチのきいた素材なので、着心地はもちろん、動きやすさも◎
肩・胸元で生地の切り替えがあることで、肩幅がすっきりして見えます。ブラックはフォーマルからカジュアルに幅広く使えます。ネイビー系ストライプ・グレー系ストライプは、合わせるボトムスによって、魅せる表情が変わります。

商品名 後スリット裾シフォンカットソー(ベルーナ)
価格 2,990円(税抜)
購入できる店はこちら
2

T巻き風長袖Tシャツ

時間の無い朝にはこれ!

肩から縦に入るラインは、肩幅を狭く見せてくれる優れライン。
カーディガンやストールを肩に掛ける暇がなくても、このトップスを着れば問題無しです。
ブラック・アイボリーTシャツにはグレーが、ベージュにはネイビーが、それぞれに合う組み合わせなので、忙しい朝でも色の組み合わせに悩むことはありません。カジュアル過ぎることの無い1枚です。

商品名 T巻き風長袖Tシャツ(nowistyle)
価格 2,759円(税抜)
購入できる店はこちら
3

タッセルフロントニット

秋に欠かせないタッセルも!

秋のワンポイントに欠かせないタッセルも、抜け感のあるニットなら30代前半でも若過ぎずに着こなすことが出来ます。
またさり気なくV字になっているタッセルが、全体をすっきり見せてくれるので、肩幅も気になりません。
きっちりとしたボトムスに合わせれば、クールな女性に、ジーンズに合わせれば大人カジュアルに魅せることが出来ます。

商品名 タッセルフロントニット(FOREVER21)
価格 2,790円(税抜)
購入できる店はこちら
4

オーガンジースリーブフラワートップス

大柄フラワーでオン・オフ共用!

デザインが袖で切り替わっていることで、肩幅の強調を抑え、華奢に見せてくれます。綺麗なAラインは、体型カバーにもなります。
スリーブ部分は透けているので、フェミニンな雰囲気を持ちつつも、キャリア系のセクシーさも忘れません。オフホワイトとブルーの2色展開で、どちらもボトムスを選ばず、オン・オフ問わず使えます。

商品名 オーガンジースリーブフラワートップス(GRL)
価格 1,299円(税込)
購入できる店はこちら
5

ゆるっとエレガンスプルオーバー

可愛いのにとっても清楚!

大きめに開いたUネックは、デコルテを綺麗に見せてくれるだけでなく、肩の生地を少なく見せていることで、広い肩幅が気になりません。
袖口は、折り返ることで手首も細くなり、また配色がとても可愛いです。このトップスの特徴でもあるゆるっと感が、清楚の中にある可愛らしさや、女性らしさを醸し出してくれるので、1枚は持っていたいですね。

商品名 ゆるっとエレガンスプルオーバー(ベルーナ)
価格 4,990円(税抜)
購入できる店はこちら

今回のテーマは、肩幅の広いキャリア系の秋のトップス。
動きやすさや清楚感は大事にしつつも、素材やデザイン等のポイントを抑えることで、肩幅の広さは気にならなくなります。
ジャケットやカーディガンを羽織るだけで、手持ちのトップスでも肩幅が華奢に見えるようになりますよ。キャリア系だからと言って、いつもきっちりしていなくてはならないわけではありません。時にはカジュアルに、時にはフェミニンに・・・そんなギャップも30代前半の魅力的なんです。キャリア系の新たな一面、この秋トップスで見つけてみてくださいね!

この記事に関するキーワード

  1. 肩幅が広い
  2. 20代前半
  3. キャリア系
  4. トップス
  5. 肩幅

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:aKINa*
age:0
ヤンチャな息子がいる一児の母親です。ファッション・ネイル等、オシャレな情報が大好きです。いつまでも“女”でいられるよう、コラムを通して一緒に女子力UPを目指したいです。

PR