ライター:Kaori

ボーナスの使い道1位は貯金!?自由に使うためにはどうしたらいいの?

会社員にとって夏と冬のボーナスは毎回待ち遠しいものですね。 自分へのご褒美に何を買おう?なんて、使い道に思いを巡らせるのも楽しかったりしますよね。 あなたの場合、ボーナスの使い道はあらかじめ決まっていますか? みなさんがどのように使っているのか、リサーチ結果を元に見てみましょう。

シェアする
point
  • ちょっと気になる…みんなのボーナスの使い道は?
  • 自由に使える金額は?
  • あっというまに100万円?!
1

みんなのボーナスの使い道は?1位は貯金!

価格.comリサーチ調べ「冬のボーナス2015」によると、2015年冬のボーナスの支給額の平均は、60万6000円だったそうです。

2015年ボーナスの使い道について、20代以降の男女を中心に行われた調査によると、消費額が多い順に下記となっています。


 1位「貯金」20万7千円
 2位「ローン返済」18万円
 3位「子供の教育費」15万円



こうして見ると、多くの方が生活に必要な費用として消費しているようですね。

これらを必要経費と考えると、意外と自由に使える金額は限られてくるのかも!?という結果です。

出典:出典先リンク

2

自由に使える金額は?

自由に使える金額の平均額も見ておきましょう。

価格.comリサーチ調べによると、平均は〜3万円がもっとも多い結果です。

確かに、貯金やローン返済などを控除すると、残るのはそのくらいかもしれませんね。

〜3万円だと、ちょっとした贅沢は可能ですが、海外旅行に行く等という贅沢は難しくなってきます。
それに年末年始は何かと出費してしまいますよね。


消費ランキング上位を占めた「貯金」「ローン返済」「子供の教育費」は、あらかじめ金額を把握しやすい消費項目です。

ボーナス支給前にこれらの金額を把握し、自由に使える金額がいくらになるのかを事前に想定しておくことも大切ですね。

出典:出典先リンク

3

普段の節約・貯金によりボーナス時の自由に使える金額を増やす!

普段から節約・貯金を行い、ボーナス時の貯金額を減らすことにより、自由に使える金額を増やすことも可能です。

これにより、ボーナス時は自分へのご褒美♪と割り切って、お楽しみ用の出費を確保できますよ。

「でも、節約は苦手...」「毎月、結局貯金できずに給与を消費してしまう」というあなたには、給与支給時に貯金してしまう『給与天引き』や『自動引き落としの積立貯蓄』がおすすめです!

出典:出典先リンク

4

給与天引きや積立貯蓄によりあっという間に100万円!

出典:出典先リンク

普段から節約・貯金するといっても、がんばりすぎは普段の生活の質を落とします。

だからといって給与から生活費、交際費などを差し引いた残額を貯金するといったやり方ではなかなか思うように貯金ができません。

給与天引きや自動引き落としの積立貯蓄により、無理のない範囲で毎月の貯金額を給与から除いてしまい、残りの額を生活費や交際費に割り振るようにしましょう。

積み立ては月に1万円位の金額から始めることが可能です。
毎月コツコツと積み立てることで、気が付いたら100万円単位の貯金になりますよ。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

普段からの節約・貯金を計画的に行うことで、ボーナス時の出費に備えることができます。

長期休暇を利用して海外旅行にいくのも夢ではありません!

また、冬はクリスマス、お正月とイベントも目白押しです。
使い道の計画をしっかり立てて、楽しい冬にしたいですね♪

※価格.comリサーチ調べ「冬のボーナス2015

出典:出典先リンク

この記事に関するキーワード

  1. ボーナス
  2. 貯金
  3. 節約
  4. 積立
  5. 使い道

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:Kaori
age:34
ITコンサルタントとして多忙な毎日を過ごす中で、女性が輝き続けるための秘訣を模索してきました。スキンケアマイスター・コスメマイスター等の美容資格を取得し、美容と健康について情報発信中です。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR