ライター:ちひろ

二重まぶたになるマッサージ

二重まぶたをめざして、マッサージを始めてみませんか? マッサージでまぶたの脂肪を落として、二重まぶたのラインを作って、ラインの癖をつけることで、どんどんあなたのまぶたが二重になっていきます! 二重まぶたになった姿をイメージしながら、毎日続けていきましょう!

シェアする

一重まぶたで悩んでいる女性の皆さん。
アイプチを使わなくても、美容整形に頼らないでも、二重まぶたになったら、 こんなに嬉しいことはないですよね。

自分の力で二重まぶたになる方法があったんです。
それは、目元のマッサージです。

マッサージですから、1~2日では二重まぶたになりません。
毎日、継続することが大切です。
最低でも1カ月は続けてみてください。

ただし、まぶたの形状は人それぞれですから、マッサージを続けたからといって、
必ず二重まぶたになるとは言い切れません。

それでも、まったくお金をかけずにできるのですから、
やってみる価値はあると思いませんか?

さっそくマッサージを紹介していきましょう。

1 まぶたの脂肪を落とす

一重まぶたの一因として、まぶたの脂肪が多いことが挙げられます。
まずは、まぶたの脂肪を落とすことで、二重のラインを付けやすくなるのです。
美容整形でも、まぶたの余分な脂肪を切除してから、縫合しますからね。

ステップ① 目の周りを温めて冷やす

蒸しタオルを5分間、両目の辺りに乗せます。
次に、水で濡らして絞った冷たいタオルを1分間、両目に乗せます。
これを2~3回繰り返してください。
血行が良くなって、脂肪の燃焼が期待できます。

※蒸しタオルの作り方

水に濡らして絞ったタオルをロールケーキのようにぐるぐると丸めます。
500Wの電子レンジで1分加熱してください。
たったこれだけで、蒸しタオルのでき上がり! カンタンですね。

ステップ② ツボを押す

眉間のすぐ下にある、骨が少し落ち込んでいるところに、親指を当てます。
何回もぐいぐい押すのではなく、グーッと押さえつける感覚で、1分間キープしてください。
これで、さらに血行が良くなります。

ステップ③ マッサージで脂肪を流す

アイクリームなどを塗って、滑りを良くしてください。
人差し指の腹で、まぶたの目頭から目尻にかけて、少し強めになぞります。
人差し指が目尻まで来たら、そのままにしておいて、
次に同じように中指の腹で、まぶたの目頭から目尻まで、ゆっくりとなぞってください。
人差し指と中指が揃ったら、脂肪をこめかみに流すイメージで、目尻側に流しましょう。
これを両目で10回ずつやってください。

(ライター注 目元をマッサージしている風のイラストまたは画像を入れてください。参考URL: http://mery.jp/34982)

脂肪が原因で一重まぶたの人や、むくみが原因で腫れぼったいまぶたの人は
これでスッキリとした目になりますよ。

2 二重まぶたのラインを作る

まぶたの脂肪が落ちてきたら、二重まぶたのラインを作ります。

二重まぶたのラインを探して、そのラインに癖をつけて定着させることで、
二重まぶたになることができるのです。

ステップ④ 二重まぶたのラインを探す

突然ですが、とにかく思いっきり目を大きく見開いてください。
眉毛もまぶたもとにかく思いっきり持ち上げてください。
すると、眉毛を引っ張り上げる前頭筋と、まぶたを引っ張り上げる眼瞼挙筋の境目がもっともくぼんで、谷間ができます。
ここで、まぶたに脂肪が少ない人は、ラインがうっすらと現れるはずです。
このラインが、あなたの二重まぶたのラインになります。

出典:beautiful-eye.com

二重まぶたのラインは、見つかりましたか?
見つからなかったというあなたも安心してください。
ちょっと強引に二重まぶたを作る方法を紹介します。

ステップ⑤ 二重まぶたのラインを作る

また、眉毛を思いっきり上げて、まぶたも思いっきり上げて、とにかく目を思いっきり大きく見開いてください。
鏡を見ながら、まぶたの淵から4~6㎜くらいの一番くぼんだところに、爪楊枝やアイプチの棒のような細めの棒を押し当てて、まぶたは大きく開いたまま、眉毛だけをゆっくりと下ろしながら、細めの棒でまぶたを織り込むようにして、二重まぶたを作ります。

目頭のほうから少しずつ織り込むように作ってください。
とくに、目頭と目尻をしっかりと押さえると、癖がつきやすいと思います。
目を刺さないように、十分に注意して行ってくださいね。

どうですか? 二重まぶたになりましたか?
二重まぶたができたなら、癖をつけていきます。

3 二重まぶたのラインの癖をつけるマッサージ

少しでも二重まぶたができたという人は、二重まぶたを定着させるためにマッサージを行いましょう。
まだ二重まぶたができないという人は、1・2も続けてみてください。

ステップ⑥ 眉毛の下の骨を押し上げる

眉毛を思いっきり上げて、目も大きく見開いてください。
眉毛の下にある骨を、親指の腹で3秒くらい押し上げてください。
目頭から目尻までだいたい4カ所で行います。
眉毛の下の骨を押し上げるイメージです。
   ↓
上のマッサージで押した感覚があるうちに、眉毛を素早く下ろして、二重まぶたにしてください。
目は細くしないで、大きく見開いたまま、素早く眉毛を下ろすのがポイントです。
   ↓
二重まぶたになったら、その状態をできるだけ長く続けましょう。
まぶたにシワをしっかりと刻むイメージです。

以上が、二重まぶたになるマッサージです。
やること自体は、とても簡単なことばかりでしたね。

最初はうまくできないかもしれませんが、あきらめずに毎日続けてみてください。
マッサージを続けることで、まぶたのむくみが取れたり、脂肪の燃焼につながるので、
日を追うごとに二重まぶたになりやすくなるはずです。

二重まぶたは一日にして成らず! です。

「あ~、今日はマッサージ面倒くさいなー」というときは、
あなたが二重まぶたになって、明るい笑顔になっている姿をイメージしてください。
その姿をイメージしたら、頑張れますよね!

あなたがきれいな二重まぶたになりますように。

この記事に関するキーワード

  1. 一重まぶた
  2. 二重まぶた
  3. マッサージ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR