ライター:*はる*

社会人の心得!日本人なら知っておきたい、お彼岸の知識4つとは?

あなたは、お彼岸(おひがん)について知っていますか?日本に生きる社会人であれば、ぜひとも知っておきたい「お彼岸」の知識。大人になってからでは、なかなか人には聞けないですよね。この機会に、しっかりと覚えておきましょう!

シェアする
point
  • お彼岸は年に2回あります!
  • お墓参りにも作法があります!
  • 「ぼたもち」と「おはぎ」の違いもありますよ♡
1

お彼岸って何?

出典:出典先リンク

お彼岸というのは、「春分の日」と「秋分の日」を目安に、年に2回あります。

春は、「春分の日」の前後3日間を含む、合計7日間がお彼岸です。
秋も春と同様で、「秋分の日」の前後3日間を含む、合計7日間のことをいいます。

最初の日を、「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」と呼びます。

春分の日には、太陽が真東から出て、真西に沈みます。
この日を境に、少しずつ、昼が夜より長くなっていきます。

この現象と、「極楽浄土は西にある」とする仏教信仰が結びつき、お彼岸の習慣が出来ました。

秋分の日についても、春分の日と同様です。
昼と夜の長さが同じで、この日を境に夜が長くなっていきます。

2

お彼岸って何?~続編~

出典:出典先リンク

太陽が真西に沈む春分・秋分の日を、先祖たちが住む世界と、この世とが交流できる日として考えられ、仏事を行ったことが、お彼岸の始まりとされています。

仏教では、現世を「此岸」(しがん)といいます。
そして、生死の悩み・苦しみなどの煩悩を脱した、涅槃(ねはん)の境地を「彼岸」としています。

つまり、仏様の住む世界を「彼岸」というのです。

お彼岸には、寺では読経(どきょう)や法話を行い、家庭ではお墓参りをします。
亡くなったご先祖様の霊を、厚く供養するのです。

お墓参りは、お彼岸中の7日間なら、いつでも構いません。
家族が一緒に出かけられる日を、選ぶと良いですね。

3

お墓参りの持ち物。

出典:出典先リンク

お墓参りに持って行く物は、供花(きょうか)、数珠、ろうそく、線香、ライター、お供え物が基本です。

お供え物は、故人の好きだった物や、お米、季節のお菓子などを用意すると良いでしょう。

また、空のペットボトルに、水を入れて持って行くと便利です。お参りする場所の数などにもよりますが、少し余裕を持って、多めに用意すると安心です。
また、お墓を掃除する為のタワシ、ホウキ、ごみ袋も準備したいですね。

手桶やひしゃくは、お寺や霊園に設置されているので、特に持参する必要はないでしょう。

4

お墓参りの仕方。

出典:出典先リンク

お墓に着いたら、まず周囲の雑草やごみを取り除きましょう。

手桶に水を入れ、墓石の上からかけながら、タワシなどを使って洗い清めます。
花立てや、水鉢の掃除もするとベストです。

掃除が終わったら、花立てに水を入れ、持参した花を飾ります。
墓石に水鉢(くぼみ)がある場合は、供水を満たしておきましょう。

続いて、墓前にお供え物を並べます。お米とお菓子をお供えする時は、お米はひとつまみ程が目安です。

線香は、束のまま火をつけます。線香先端の炎は、手であおいで消します。口で吹き消さないようにしましょう。

墓前にかがんでから合掌して、丁寧に拝みます。

「個人的な願い事をする」などの行為は控えましょう。
ご先祖様に安心して頂けるように、日頃の感謝をしたいものですね。

あとがき

出典:出典先リンク

それではここで、お彼岸知識の+αを。

お彼岸のシンボルは、春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」です。

ぼたもちは、牡丹餅と書きます。春に咲くボタンの花をモチーフにしていて、丸く大きめに作られます。

おはぎは、お萩と書きます。秋に咲くハギのように、小ぶりで上品に作られます。
黄色いハギの花をイメージして、全体に黄粉(きなこ)をまぶしたおはぎもあります。

自宅で作るものをぼたもち、店で販売しているものをおはぎと言う説もあります。
お彼岸には、ぼたもちやおはぎを用意してみてはいかがでしょうか?

この記事に関するキーワード

  1. お彼岸
  2. マナー
  3. 社会人

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:*はる*
age:30
全ては、絶対に大丈夫!

 試練の連続を乗り越え、ワクワクな人生観を見つけました。
「本当の幸せを育てる秘訣」をお伝えします。
 あなただからこそ、出来ることがあります。

 共に、笑顔の光を放って生きましょうね♡

PR