ライター:LoverSoul

もっとオシャレを楽しむために!サラサラの髪をキープする方法♪

オシャレを楽しむ女性にとって、メイクやファッションと同じくらい、髪のアレンジやカラーリングも重要ですよね。季節によって、トレンドをばっちり取り入れている女性も多いのではないでしょうか。ただ、一方では、髪のトラブルもなかなか絶えないという悩みをよく聞きます。フケ、頭皮の乾燥・かゆみ、髪がパサパサするなど、困るときがありますよね。そこで、今回はなんでフケ、頭皮の乾燥・かゆみ、髪がパサパサしてしまうのかを徹底追及します。その原因や対策を知っていれば、髪もサラサラで、もっとオシャレを楽しめちゃうこと間違いなしですよ!

シェアする

オシャレしつつも頭皮の休養が大事

季節によって、トレンドを追いかけたくなる気持ちも分かりますが、どんなにオシャレをしていても、髪の毛にフケが出ていたり、パサパサの髪では、お世辞にもオシャレとは言えません。

パーマやカラーリングは、頭皮を健康な状態にしてから行うようにしてください。
生え際が黒くなってきたから、すぐにカラーリングをするというのは、頭皮を痛めてしまいますから、控えましょう。

パーマやカラーリングに頼るのではなく、ヘアアレンジや髪留めをうまく使うのも、とてもオシャレですし、本人が気にするほど、生え際の色の違いを気にする人はいません。

ピンを使うだけのアレンジでもガラッと雰囲気が変わりますし、
まとめ髪にしたり、ハーフアップにしたりするだけでも、かなり印象が変わって、オシャレに見えますよ♪

出典:出典先リンク

正しい髪の洗い方

あなたは、良いにおいというだけでシャンプーを選んでいませんか?
もちろん洗った後のにおいも気になりますが、まずは頭皮に良いものを選びましょう。

シャンプーをする前に、髪の毛にお湯をかけますよね。
そこでしっかりお湯をかけて、揉みこむだけで、実は60~80%の汚れやほこりを取ることができちゃうんです。

そして、洗った後にシャンプーをするときも、爪を立てず、優しく揉みこむようにして、頭皮をマッサージするように洗うことが大切です。

また、意外と皆さんが間違った方法で使っているのがトリートメントです。
髪全体につけている人が多いかもしれませんが、それだと残りカスが頭皮にたまりやすくなってしまいます。
トリートメント自体は、髪をケアするためにつけるので、頭皮につけてはいけないのです!

正しい髪の乾かし方

女性の誰もが小さい頃、親に言われたであろう「風邪をひいちゃうから、早く髪を乾かしなさい!」。
実はこれ、NGなんです!

しっかり水を吸った状態の髪はとてもデリケートで、水を含んでいるところから一気に乾燥させると、髪にとてつもないダメージを与えてしまうことになります。
また、頭皮も一気に乾燥するので、フケやかゆみの原因にもなってしまいます。

お風呂から上がったら、しっかりとタオルドライをしてから、ドライヤーをしましょう。また、ドライヤーをするときは、髪から離して、短時間で行いましょう。
熱を持たせすぎるのもダメージの原因になります。

そして、頭皮の乾燥や、フケ・かゆみが気になる人は、お風呂上がりに頭皮を保湿するために、ローションやオイルなどをつけましょう。
頭皮に浸透しやすい椿オイルや、毛穴に詰まっている汚れを取ってくれるホホバオイルなど、頭皮専用のローションやオイルもたくさんありますよ。

商品名 無印良品 ホホバオイル
価格 1523円
販売サイトをチェック

頭もUVカットが必要!?

肌のUVカットは、女性なら気にしている方が多いと思いますが、実は頭もUVカットが必要なんです!

髪がパサつく理由の1つとして、頭皮が紫外線によって老化してしまうからです。
しっかり対処しないと、頭からおばあちゃんに・・・なんてこともあるかもしれませんよ。

それと、髪の分け目をあまり変えない女性によくあるのが、分け目の部分だけ日焼けしてしまうことです。
いまでは、頭皮の日焼けを防ぐためのUVスプレーなどもあるので、あまり分け目を変えたくない人にもおススメです。

また、スプレーだと、汗で落ちてしまうのではないかと心配な人に、おススメのアイテムが帽子です。
頭皮だけでなく、顔や生え際などもしっかりとカバーしてくれるので、バッグに折りたたんで入れておくと良いでしょう。

商品名 MIEUFA フレグランスUVスプレーマグノリア
価格 1200円
販売サイトをチェック

頭皮を丈夫にするには「健康第一」

やはり美しい髪の毛を作るには、しっかりと頭皮を労わるに限ります。
頭皮も肌なので、生活習慣や食習慣との関係がとても強いです。

頭皮や髪の主成分は、タンパク質でできています。
ですから、タンパク質をしっかり摂取することが大切で、それとともに新陳代謝を上げるために、ビタミンやミネラルを摂ることで、髪のキューティクルにも関係してきます。

生活習慣や体調不良も、髪には影響が大きいです。
体調を崩したら、回復させるために、栄養を与えていかないといけません。
そこで、内臓などの臓器を中心に栄養が回るようになっているので、どうしても髪は後回しになり、不足しやすい状況にあります。

ストレスや自律神経の乱れで、肌が荒れたりするのと同じで、頭皮も荒れやすくなってしまいがちです。

食習慣はもちろんのこと、生活習慣や体調を見直してみて、ちょっとした運動を取り入れたりすることで、頭皮や髪に与える影響を少しずつ抑えることがとても大事です。

この記事に関するキーワード

  1. 乾燥
  2. フケ
  3. 頭皮
  4. 頭皮のかゆみ
  5. 髪がバサバサ

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:LoverSoul
age:31
女子バンドを経て音楽関係で仕事をして、アパレル系会社に勤務。さらに化粧品会社に勤めながら、ランジェリー系のプランナーを経て、現在はフリーでライター兼ガールズ系プランナー。日本の女子力を向上を目指しています!

PR