ライター:ギュル

勝負の日に限って出来ちゃう大人ニキビ。その原因と対策とは??

10代の頃のにきびは青春の象徴!と、困った存在ではあるけれど、仕方がないと諦め半分で付き合ってきました。でも、20代以降のいわゆる「大人ニキビ」は、そういうわけにも行きません!なんとか対策を打たないと、痕が残ったり、悪化したり、日常のお仕事にもプライベートにも支障を来たします。同じ場所に繰り返しできたり、治りにくかったり、あごの周りにできることが多くなったり。そんな大人のニキビの傾向と対策をご紹介します。

シェアする
1

ニキビってナニモノ?若い頃のとは違う「大人ニキビ」

出典:出典先リンク

ニキビは基本的には「皮脂(肌の脂)が詰まる」ことで発生します。

その皮脂は男性ホルモンが活発になると増える傾向があり、思春期にはホルモンバランスが不安定で、女子も男性ホルモンが活発になるそうです。

そして大人になると、様々な理由でこのホルモンバランスが崩れ、皮脂が増えてしまい、大人ニキビの原因になっているようです。

また、10代とは違い、毎日フルメイク!という人も多いと思うので、そのお肌への刺激も主な原因になります。

2

できる前に原因を断つ!生活習慣を改善しよう

出典:出典先リンク

10代の学生と違って、大人になると悩みの種類も変わり、それが膨大になりますが、ホルモンバランスの崩れは、「ストレス」「不規則な生活習慣」などが挙げられます。

ストレスと一言で言われてしまえば、もう返す言葉もありませんよね。

でも、治りにくいといわれる大人ニキビが悪化すると、一生消えないシミになったり、クレーターのようなニキビ痕(こん)が残ってしまう場合がありますので、気をつけましょう!

良質の睡眠や、新陳代謝を良くするための冷え対策、ビタミン豊富な食事と、適度な運動など、ちょっとした心がけで改善されることも。

3

ニキビと乾燥の因果関係

出典:出典先リンク

脂が多いなら、乾燥させたほうがいい?と勘違いしそうですが、そうじゃありません。

肌の乾燥で、代謝機能が低下して、肌バリアの機能も低下します。
そうなると、お肌の状態が悪く、ニキビのできやすい状態になってしまいます。

オイル成分の少ない物で、保湿を十分に行ってくださいね。
乾燥はニキビだけじゃなく、美しい透明感のある肌を作る上でも重要です!

4

できてしまったら?ニキビの治療法

出典:出典先リンク

自分でニキビを潰すというやり方はもちろんご法度です!

特に大人になってからのお肌は若い頃ほど治癒作用がないので、痕を残す可能性が高くなります。

あまり頻繁にニキビができるようであれば、皮膚科などの専門家へ相談するのがベスト◎
痕が残ったら大変ですもんね。

今はニキビでも病院に診てもらう時代なのです。

病院に行く暇がない人はこちら♡

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか?
大人ニキビはなかなか厄介なシロモノです。

ストレスが大敵!ストレスを溜めるな!と言われても、ストレスフルな現代社会、ストレスを避けて通ることは大変難しいです。

でも、ホルモンバランスを崩し、男性ホルモンを増やす事が悪いので、それを理解し、女性ホルモンを増やす努力をすれば、それも徐々に改善されるはずです。

女子力を高める意識を持って、「おっさん化」する男性ホルモンを増やさぬよう、気をつけましょう♪

関連記事

薬を使う前に原因をつきとめて!【ニキビ】の解消は生活の改善がカギ♡

この記事に関するキーワード

  1. ニキビ
  2. 原因
  3. 方法
  4. 大人ニキビ
  5. 乾燥

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ギュル
age:0
【経歴】13年、旅行の添乗員をしていました。日本国内外を飛び回り、また休みを取っては海外へ短期留学をし、たくさんの事を自分で見て、聞いて、考えて、吸収してきました。現在はトルコ/イスタンブール在住で旅行業に携わっています。
【コメント】世界で通用するような!いいオンナを目指して、一緒に楽しんでもらえたら、と思います♪

PR