ライター:ちひろ

夜ウォーキングにはメリットがたくさん!でも危険も多い!安全に女性が歩くためのポイント5つを紹介

「朝は準備で忙しいから、仕事帰りの夜にウォーキングしたい」と考えている女性は多いことでしょう。確かに夜ウォーキングをすると、寝つきが良くなって、良質な睡眠を取れるといったメリットがあります。ただし、女性ひとりでの夜ウォーキングには、十分に気をつけてください。やっぱり暗い夜道では、何があるか分からないですからね・・・。そこで、女性が夜ウォーキングをする場合に、気をつけるべきポイントを紹介します。これを参考にして、安全に楽しく歩いてくださいね☆

シェアする
1

夜ウォーキングにおける3つのメリット

夜にウォーキングをすると、どんな良い効果があるのでしょうか。
メリットを挙げてみました。

<仕事の疲れが取れる!>
「仕事で疲れた後にウォーキングなんて、もっと疲れるでしょ!」と思っていませんか?
実は、夜の適度な運動は疲れの解消につながります。

仕事の後に疲れを感じるのは、例えばオフィスで一日中、同じ姿勢でいることによって、 血流が悪くなることが原因です。

そのため、仕事の後にウォーキングで身体を適度に動かすことで、血流が良くなって、 身体のすみずみにまで血がいきわたります。
それで、疲労の回復につながるのですね♪

<良質な睡眠を取ることができる!>
人間は、体温が高いところから低いところに落ちていくことで、眠りを誘うようになります。
ウォーキングを行うことで、体温が高くなりますから、 終わった後に少しずつ体温が下がっていくに従って、自然と眠くなります。

自然と眠くなるのがポイントです☆
寝つきが良ければ、それだけ熟睡できるということですから、良質な睡眠につながると言えますね。

<自律神経を整えてくれる!>
夜ウォーキングは、昼よりも人通りが少なく、静かな場所を歩くので、心を穏やかにしてくれます。

また、多くの方は夜ウォーキング後に仕事などの予定はないでしょうから、あまり時間を気にせず、ゆったりと落ち着いた気分でできますね。

このように、リラックスしながらウォーキングできると、自律神経のバランスを整えてくれる効果が期待できます。

交感神経と副交感神経、この2つの自律神経の乱れが体調の悪さにつながりますので、 自律神経を整えることは心身ともに重要なんですね。

このように、夜ウォーキングには、さまざまなメリットがあるのです。

2

安全に夜ウォーキングするためのポイント

しかし、一方で、夜ウォーキングには「安全面に難がある」という、 大きなデメリットがあります。

なるべく安全に歩くためのポイントを紹介しますから、ぜひ実践してみてほしいと思います。

●人通りの少ない時間帯は避ける
普段のウォーキングコースは、公園ですか? 公道ですか?
まず、そこが夜でも人通りが多いかどうかを確認してください。
昼間は人が多くても、夜になると途端に人が少なくなる場所も多いですからね。
目安としては、夜にひとりでウォーキングしている女性が多ければ、比較的安全と言えるのではないでしょうか。

●暗い場所、障害物の多い場所も避ける
人通りの少なさだけでなく、暗い場所も避けたほうがいいですね。
街灯が少なくて、薄暗いような場所は、人が通っていても、怖いですよね。
少しでも怖さを感じるようなところは、歩かないようにしましょう。

また、背の高い木や茂みなど、障害物が多い場所も避けてください。
障害物が多いということは、人の目の死角になるポイントが多いということですから、 もし急に暴漢に襲われたとき、死角で周りの人に気づいてもらいにくくなってしまいます。

人目を遮るような障害物のないコースが理想的ですね。

●男性っぽい服装で歩く
ピンクのウェアやスカートなど、少し暗くても、ひと目で女性と分かる服装であると、 変質者が近寄ってくることがあるかもしれません。

男性っぽい色合いのウェアを着たりして、遠目で見ると男の人に見える服装をすると、 狙われるリスクが下がるのではないでしょうか。

男性っぽいウェアを持っていなければ、ウインドブレーカーなど上着だけ男性用のものを購入するというのも、ひとつの方法ですよ。

●あらかじめ避難できる場所を確保しておく
夜ウォーキングのコースで、何かトラブルが起きたときに、すぐに逃げ込める場所を確保しておいてください。
逃げ込める場所とは、例えば交番であったり、コンビニ・スーパー、友達の家など、助けを求められる人がいるところですね。
1カ所だけでは不安ですから、何カ所か見つけておくと、安心ですよね♪

●友達と一緒にウォーキングする
一番の防犯対策は、ひとりでウォーキングしないことですよね。
女性の友達はもちろん、彼氏が一緒にウォーキングしてくれたら、安心できますよね。

なかなか友達や彼氏と時間が合わなくて、一緒にウォーキングできないという方は、 やはり夜にウォーキングしている人が多いところで歩くのがオススメです。

ほかにもウォーキングしている人がいれば、ひとりでも心強いですよね。

あとがき

夜ウォーキングのメリットと、安全に歩くためのポイントを紹介しました。

なんだか、おどかしてしまったみたいですみません・・・

ただ、やっぱり女性ひとりの夜ウォーキングにはリスクがあるので、 万が一を想定しておくことは大切だと思います。

より魅力的な女性になるために、ウォーキングでダイエットや美を追求しているのに、 頭のおかしい変質者に台無しにされたくないですからね。

とにかく安全第一で、十分に気をつけて、夜ウォーキングを行ってください。

この記事に関するキーワード

  1. ウォーキング
  2. メリット
  3. リスク

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR