ライター:ちひろ

正しいサイズのブラジャーを着けよう

胸を大きくしたいなら、あなたに合ったサイズのブラジャーを身につけることから始めましょう。サイズだけでなく、カップも合っているか、チェックしてみてください。さらに、正しいブラジャーの着け方をマスターすることで、よりバストアップを実現しやすくなりますよ。

シェアする

胸が小さいと悩んでいるあなた、バストアップをめざす前に、そもそも正しいサイズのブラジャーを着けていますか?

実は、日本人女性の約8割がブラジャーの選び方&付け方を間違えていると言われています。
ですから、もしかしたらあなたも自分のサイズに合っていないブラジャーを着けているかもしれません。

ブラジャーを着けるとき、「胸にストレスを与えない」ことがもっとも大切です。
とくに、バストを支えているクーパー靭帯はストレスを受けやすいので、ブラジャーの着け方を間違えると、バストを理想の位置で支えられなくなってしまいます。

胸が小さいからといって、締め付けの強いブラジャーを着けて、無理に胸を寄せたり上げたりしていませんか?
その気持ちは痛いほどよく分かりますが、胸は大きなストレスを受けて、余計に小さくなってしまいます。
それどころか、血液やリンパの流れも悪くなってしまいますので、美容や健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。


バストアップしやすい環境を作るためにも、正しいブラジャーの選び方と着け方を学びましょう。

あなたのブラジャーのサイズは間違っている?

腕を上げると、ブラジャーも上がってくる
普通に座っているときでも、ブラジャーのストラップ(肩ひも)がずり落ちてくる
ブラジャーのストラップにお肉がくい込んでいる
ブラジャーの前、胸の谷間の辺りが浮いている
背中のバンドの部分にお肉がくい込んでいる
ブラジャーからバストがはみ出している

6つのチェックポイントのうち、1つでも当てはまるものがあったら、あなたのブラジャーのサイズは間違っています。
すぐにでも、自分のサイズに合ったブラジャーに変える必要があります。

あなたに合うブラジャーの選び方

ブラジャーのカップ数は、トップ(乳首の位置)とアンダー(胸の輪郭部分)の差で決まります。
つまり、胸の膨らみの一番高いところと低いところの差を測ってみてください。

ポイントとして、トップを自分で測るときは、「90度のお辞儀をした状態」で測りましょう。
なぜなら、立った状態で測ると、ほとんどの女性のバストは理想の位置よりも下に垂れているため、トップとアンダーの差が少なくなってしまい、ほぼ間違いなくカップ数が下がってしまうからです。

トップとアンダーのサイズの差は、何センチありましたか?
10cm=Aカップ
12.5cm=Bカップ
15cm=Cカップ
17.5cm=Dカップ
20cm=Eカップ
22.5cm=Fカップ
トップとアンダーの差が10cmならAカップ、12.5cmならBカップとなります。

そして、アンダーのサイズは何センチでしたか?
62.5〜67.5cm=65
67.5〜72.5cm=70
72.5〜77.5cm=75
77.5〜82.5cm=80

Aカップで65なら「A65」、Bカップで70なら「B70」というように、カップ数は決まるのです。
しっかりと測ってみてくださいね。


次に、あなたはカップ数だけでブラジャーを選んでいませんか?
自分のバストをじっくりと見てみてください。
外向きのバストであったり、底が広いバストであったり、人によってさまざまな特徴があります。
自分に合うブラジャーを選ぶには、実は胸の形が重要なのです。

そして、ブラジャーもカップ数だけでなく、さまざまな形があります。
あなたに合ったカップのブラジャーを選びましょう。

いくつかブラジャーの種類を紹介します。

<1/2カップ>
上半分が水平にカットされており、カップが硬めでしっかりしているのが特徴です。
これによって、下からバストを持ち上げて、胸の上部にボリュームを出すことができます。

・ 胸が小さめの人
・ はと胸の人
・ 胸が下がり気味の人
1/2カップのブラジャーは、このような胸の人におススメです。
反対に、胸が大きめの人は、カップから胸があふれてしまうことがあるので、あまりおススメできません。

<3/4カップ>
上辺が斜めにカットされた形で、ストラップが外側に付いているものが多いことが特徴です。
これによって、胸の上辺をつぶさずに、脇から胸を寄せることができます。

・ 小さめの胸の人
・ 胸の間が離れ気味の人
・ 脇に胸が流れている人
3/4カップのブラジャーは、このような胸の人におススメです。

<フルカップ>
カップからストラップにかけて自然に細くなる、しずくのような形をしているのが特徴です。
これによって、大きめの胸を安定させて、下がり気味の胸全体を持ち上げることができます。

・ 大きめの胸の人
・ 胸が下がり気味の人
フルカップのブラジャーは、このような胸の人におススメです。
胸の上部にボリュームがない人には、おススメできません。


それから、ブラジャーのサイズは変わりやすいものです。
体重も日々変わっているでしょうし、生理などにも影響を受けます。
数年前に測ったサイズだけを見て、ブラジャーを購入していませんか?
必ず試着をして、胸にフィットすることを確かめてから、ブラジャーを購入しましょう。

正しいブラジャーの着け方

正しくブラジャーを着けていれば、胸にストレスを与えることなく、とても快適に過ごすことができます。
正しいブラジャーの付け方を解説しましょう。

引用:ワコール下着の基礎知識より


ストラップに腕を通して、両肩にかけます。

カップの下を両手で持って、ブラジャーとバストの位置を合わせてください。

上体を90度に倒してください。
そして、乳房をカップの中に収めて、前の中心を合わせてホックを留めます。
バストの付け根にブラジャーのカップを合わせることもポイントです。

上体を90度に倒したまま、寄せ上げるバスト側の手をブラジャーの下カップに添えます。

寄せ上げるほうの反対の手を、背中と脇の部分にまで手を入れて、中央に寄せます。
さらに、顔のほうに向かって胸を寄せ上げていきます。

バストをカップの中にしっかりと収めたら、上体を起こして、ストラップの長さを調節してください。

鏡を見て、ブラジャーが水平になっているか、上半身を動かしてみてズレないかを確かめてください。

ストラップはくい込んだり、ゆるんだりしていませんか?
ブラジャーの前中心が浮いていませんか?
カップの上辺がくい込んだり、あまったりしていませんか?
脇が浮いたり、押さえられたりしていませんか?

ストラップの長さは、ストラップと肩の間に人差し指がすっと通るくらいがちょうど良いでしょう。
ストラップがずれないように短くしすぎると、肩こりの原因にもなりますので、注意してください。

あとがき

あなたのブラジャーの選び方・着け方は、正しかったですか?
ブラジャーは毎日着けているものなので、とくに意識をしていなかったかと思います。
カップ数だけでブラジャーを選んでいたり、着け方に変な癖がついていたという人も多いのではないでしょうか。

正しいサイズで、正しいブラジャーを着けるだけで、カップ数が上がったという女性もたくさんいます。

バストアップをめざしているあなたは、ブラジャーにも気を遣って、胸を優しく包んであげてくださいね。

この記事に関するキーワード

  1. ブラジャー
  2. サイズ
  3. バストアップ
  4. 選び方
  5. 着け方

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR