ライター:みりん

カラダの中からポカポカ!簡単冷え性対策

冷え性に悩まされている女性は多くいますよね。カラダが冷えるとむくみやすかったり肩こりに悩まされたり疲れが取れなかったりと、不調を引き起こしてしまう大きな一因の一つ。冷えの原因を知ることで冷え性解消の道がひらけますよ。しっかりと対策をして身も心もスッキリとした毎日を送りましょう!

シェアする
point
  • 女性の天敵冷え性を改善!
  • 身体が冷える食べ物とは!?
  • マッサージでぽかぽか身体を♡
1

冷え性になる原因とは?

出典:出典先リンク

あなたは夏でも手足が冷えていませんか?

カラダがゆがんでいたり、運動不足が原因で手足の先まで血液を運べなくなり、末端の冷えを引き起こしてしまいます。

足先は心臓から離れているので冷えやすいです。

指の間に汗が溜まることで冷えることも。

また、女性は腰が冷えるという方も多くいます。

女性の場合、子宮や卵巣といった生殖器があるので、腹部や腰回りの血流が悪くなりやすいのです。

足の冷えが腰の冷えに繋がっているケースもあるので、服装などにも気をつけていきたいですね。

全身が冷えるという方は新陳代謝の低下が原因かも。

汗をかきにくかったり疲れやすいと感じる方は新陳代謝が低下してきている証拠です。

冷えといっても末端の冷えから全身までの冷えとさまざまです。

カラダの不調につながってしまうのでしっかりと対策していきましょう!

2

食材選びに気を付けよう!

出典:出典先リンク

カラダを温めてくれる効果のある食材があれば逆に冷やす効果のある食材もあります。

意外な食材がカラダの冷えを引き起こしてしまいますので、注意しましょう。

カラダを温めてくれる食材の代表格は生姜や唐辛子ですね。

生姜の成分には熱を発する働きをするものがあるのでカラダをポカポカにしてくれます。

唐辛子含まれることで有名な「カプサイシン」という成分は血行をよくしてくれる働きがあります。

逆にカラダを冷やしてしまう食べ物には、キュウリやトマト、ナスなど。

夏が旬で、水分が多いとうことが特徴ですね。

夏の暑い日にはさっぱり食べられてカラダを冷やしてくれる効果があるのでありがたい食材ですが、食べ過ぎには注意しましょう。

3

血行促進マッサージ法

出典:出典先リンク

大きい太ももの筋肉が冷えるとカラダの冷えに繋がるので、太ももマッサージで血行を良くしていきましょう。

湯船につかりながらするとより効果的です。

1.太ももの内側に両手をあてる
2.親指で脂肪をしごくように揉んでいく
※膝上から脚の付け根まで数回繰り返す
3.膝上から脚の付け根までリンパに沿って流してく

主に下半身の冷えに効果的です。

4

服装で冷え性対策

出典:出典先リンク

カラダを締め付けるような洋服や下着は血流を悪くしてしまいます。

冬場でもストッキングにミニスカートなどのファッションもNG。

上半身を温めていても足元から体中に冷えは広がってしまいます。

カラダにピッタリとまとわりつくような肌着は血行を悪くしてしまうので、動きに合わせてカラダにフィットするものを選ぶようにしましょう。

重ねていく洋服は余裕のあるサイズのものを。空気の層を作ってくれるので温まった空気を保持できます。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたでしょうか?

温かい食べ物や飲みものを取り入れることを意識するだけでは根本的な解決にはなりません。

カラダを温める食材やマッサージ、服装選びに注意して冷え性対策をしていきましょう。

この記事に関するキーワード

  1. 冷え性
  2. マッサージ
  3. 健康
  4. 食べ物

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:みりん
age:23
元ネイリストで現在は2歳児の母をしております。
女性がより魅力的になれるようなご提案をしていきたいと思っています。
色々な情報を発信していくにあたって日々アンテナを張ることで筆者自身も小綺麗なおかんになれるんじゃなかという魂胆でございます。よろしくお願いします。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR