ライター:sariemon

あなたは知ってる?賢いダイエッターなら知っています♡おすすめ食事法!

女性にとって永遠の課題ダイエット!!色々試してみたけど、中々うまくいかないと悩んでいる方も多いのでは??そんなあなたにオススメしたい、食事法をご紹介しちゃいます♡

シェアする

出典:出典先リンク

女性にとってダイエットとは永遠のテーマです。
でも、乱立する様々なダイエット法を試しすぎて疲れていませんか?

確かに一時的に体重は落ちるかもしれないけれど、たいていの場合はリバウンドや、肌荒れ、疲労感などを感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

それは果たして健康に良いダイエットなのでしょうか?

迷ってしまったときは、これから紹介する健康的でシンプルな食習慣に切り替えてみてくださいね。

1

間食には低GI値食品を選んで

出典:出典先リンク

低GI値(血糖インデックス)とは、体脂肪として蓄えられにくい食品のこと。
消化時間が長く、満腹感も腹持ちも良い(お腹が空きにくい)のです。

ここで重要なポイントは、全ての食事を低GI値にするのではなく、朝食や間食を低GI値食品に変えてみること。

低GI値食品は、ビタミンやミネラルも豊富に含まれている食品でもあります。
積極的に、毎日の食事に少しだけ、低GI食品を登場させてあげてくださいね。

【代表的な低GI値食品】
玄米・そば・中華そば・春雨・パスタ(全粒粉)・全粒粉小麦パン・野菜・果物・ゼリー・プリン・牛肉・豚肉・鶏肉全般・乳製品など

2

一日5食食べてみて

出典:出典先リンク

『一日5食も食べたら太っちゃう!!』
そう思った方。安心してください。
決して毎食、お腹いっぱいにしなさい、ということではありません。

通常の3食(朝食、昼食、夕食)に加えて、ヘルシーなもの(低GI値食品)を午前中と午後に一回食べましょう。

食事と食事の間を大幅に開けて、空腹に耐えられなくなってから一度にたくさん食べるより、少なめの食事をこまめにとるほうが、体脂肪減少につながるという研究結果があります。

あなたは激しい空腹感を感じながら、食べる量をコントロールできますか?
おそらく、そんな状況では冷静な判断など無理でしょう。

騙されたと思って、この一日5食を5週間試してみて。
きっと、体に素晴らしい変化が訪れますよ。

3

食物繊維を豊富に摂ろう

出典:出典先リンク

食物繊維は、炭水化物の早すぎる消化を防ぎ、満腹感を感じやすいのが特徴です。

ダイエットするうえで、お腹いっぱい!と感じることって体や脳、心にとって本当にとても大切なこと。

満足感を感じられない食事をしていると、きっとあなたはダイエットに不向きな食品をつまみぐいしてしまうでしょう。

また、老廃物の排出も促してくれるので、ダイエット中の悩みの一つである便秘も解消してくれますよ。

【食物繊維が多く含まれている食品】
きくらげ・大豆・おから・ゴボウ・枝豆・甘栗・オクラ・ブロッコリー・きのこ類・ブルーベリーなど

4

良質なタンパク質を摂ろう

出典:出典先リンク

毎食必ず良質なタンパク質を摂りましょう。
だからといって、ボディビルダーのように生卵10個飲め、とか、鶏のささみだけ食べろ、ということではありませんのでご安心を!

たんぱく質は脂肪として蓄えるころが難しく、たいていの場合は筋肉に吸収されるかそのまま排出されてしまいます。

一日中適度に撮り続け、何度もたんぱく質を摂れば、代謝アップに繋がるという数多くの研究結果で証明されています。

さらにたんぱく質を摂取していると、多くの炭水化物とは違い、常に満足感が得られるのです。
チーズや肉抜きの食パン一枚だけ食べても、満足感は得られないですよね。

鶏、豚、牛肉、魚介類、卵、乳製品、大豆は積極的に食べましょう。

あとがき

出典:出典先リンク

痩せるために、摂取カロリーを減らすことも、運動をして消費カロリーを増やすことも、とても大切です。

ですが、無理なダイエットはいずれリバウンドし、あなたの健康を奪い、いいことなど一つもないまま、間違ったダイエットを繰り返してしまうのです。

今日食べた食事が、明日のあなたを作ります。
今回、取り上げた中の食品を頭の隅っこに置いておけば、きっと目標に近づくはず。

なぜなら、コンビニやスーパー、レストランで何を選ぶべきか、あなたはもう知っているのですから。
さあ、美しい体を手に入れる第一歩を踏み出して。

関連記事

1週間でマイナス4kg!?短期ダイエット法4選
もう失敗したくない!食事制限ダイエット4つのポイント
いつもの食事でダイエットできちゃう!?今日から試したい4つの方法

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. おすすめ
  3. 食事

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:sariemon
age:0
【経歴】現在、大手スポーツクラブで勤務しています。ダイエット、姿勢改善、ボディメイク専門トレーナーです。個人指導、大型スタジオでの集団指導、フィットネス系イベントに出演しています。
【コメント】心も体も美しく、ヘルシーな女性を目指しています。いくつになっても女であることを忘れないよう、アンテナを張り巡らせています。日本に住みながらにして、フランスのパリジェンヌが目標です!日々、頑張りすぎない生き方を目指しています。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR