ライター:ちひろ

ウォーキング・ダイエットに効果的な時間帯はいつ?① 〜朝・昼のメリット、デメリット〜

あなたは、朝型ですか? それとも夜型ですか? 朝型なら朝に、夜型なら夜に歩いている方が多いのでしょう。もちろん、あなたのライフスタイルに合わせて、朝でも、昼でも、夕方でも、夜でも、いつでもいいので、ウォーキングを続けてほしいと思います。とはいえ、ダイエットに効果的という観点では、ウォーキングにぴったりな時間帯はあるのでしょうか。ちょっと調べてみましたので、「もっと効率的に痩せたい!」という女性の皆さんは、参考にしてみてください。まずは、朝と昼のメリット・デメリットを紹介します。

シェアする
1

朝ウォーキングは、脂肪の燃焼効率が良い!

朝・昼・夕方・夜という4つの時間帯別に、 ウォーキングのメリット・デメリットを挙げていきましょう。

まずは、朝ウォーキングです。

<朝ウォーキングのメリット>
・ 脂肪の燃焼効率が良い
・ 日中の活動の生産性がアップ
・ 生活が規則正しくなる
・ 習慣化しやすい

早朝の空腹時は、血糖値が低いです。
そして、ウォーキングのためのエネルギーが脂肪から取り出されやすくなるため、 脂肪の燃焼効率が良いと言われています。

また、自律神経の観点から見ても、 アクティブモードの交感神経は朝から日中にかけて活発になります。
エネルギーを産生するので、脂肪を燃焼させる働きもあるのです。

朝は、寝起きで心も身体もボーッとしていると思いますが、 ウォーキングで身体を動かし、朝日を浴びることで、身体が覚醒します。
これは、朝の光を浴びると、セロトニンというホルモンの分泌が促されるため。

シャキッと目覚めれば、日中の仕事もはかどることでしょう。
そして、朝日を浴びた15時間後には、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されるので、 眠くなります。
自然と、規則正しい生活を送れるようになるのですね。

朝型の女性にとっては、習慣化しやすいと言えるのではないでしょうか。
夜型の女性は、最初はきついかもしれませんが、慣れてくれば習慣化しやすいと思います。

このように見てみると、朝にウォーキングをするのは、ダイエットにとても効果的であると言えるでしょう。

2

朝ウォーキングは、慣れるまでが大変!

朝ウォーキングは、メリットばかりのように感じますが、もちろんデメリットもあります。

<朝ウォーキングのデメリット>
・ 身体を思うように動かせない
・ 早寝早起きをしないといけない
・ 空腹感に慣れるまでが大変
・ 事故のリスクがアップ

朝、起きたばかりのときは、筋肉が硬直していたり、体温が低いことなどから、 身体が重く感じたり、思うように身体が動かなかったりします。

そして、朝ウォーキングをするためには、早寝早起きをしないといけないですね。
毎日、仕事で忙しい女性の皆さんにとって、朝はなるべくゆっくりと寝ていたいもの。
とくに、夜型の女性にとっては、苦痛に感じてしまうことでしょう。
慣れるまでは、気合いで起きるしかありませんね(笑)

それと、基本的には、朝ごはんを食べる前に、ウォーキングを行いますから、 歩いている途中に、ずーっとお腹が鳴ってしまうかもしれません。

でも、このお腹が鳴っていることが重要です。
その分、脂肪をエネルギーに変えてくれるので、燃焼しやすくなります。

お腹が鳴ったら、脂肪が燃えている音だと考えてみれば、頑張れると思いませんか♪

ただ、公道をウォーキングするときは、くれぐれも気をつけてくださいね。
寝起きで十分に頭が目覚めていなかったり、血糖値が低い状態だと、 頭がボーッとして、注意が散漫になりやすいです。

その分、交通事故の可能性は高くなってしまいますので、周囲に注意を配らなければなりません。

3

昼ウォーキングでストレス解消!

それでは、次に昼ウォーキングのメリットを見ていきましょう。

<昼ウォーキングのメリット>
・ 身体を動かしやすい
・ 気晴らしができる
・ 刺激が多い

昼間は、体温が1日のうちでも高く、とても動きやすい状態になっています。
交感神経の働きも活発で、運動をしやすい時間帯であると言えるでしょう。
体温が高いですから、思わぬケガというのもしにくいと思います。

また、日中は仕事をしている方が多いでしょう。
「仕事中には、ウォーキングなんてできないよ!」と思いますか?

でも、お昼休憩のときに、ご飯を食べる前に10〜20分歩くだけでも、気晴らしになりますよ。
とくに、デスクワークの方は、ずっと座って同じ体勢のままでいますから、身体が凝り固まってしまいます。

適度に身体を動かすだけで、コリも取れ、精神的にも気晴らしになるので、午後の仕事にもハリが出るでしょう。

そして、昼間はもっとも多くの人が活動している時間帯です。
人がたくさんいて賑やかですし、雑踏のさまざまな音が聞こえてきたりするので、 自然と脳に刺激を与えてくれますね☆

4

昼ウォーキングは紫外線に注意!

<昼ウォーキングのデメリット>
・ 時間の確保が難しい
・ 脂肪の燃焼効率がもっとも悪い
・ 紫外線が一番強い

いちばん活発な時間帯ですから、身体は動かしやすいのですが、 やっぱり仕事をしていると、ウォーキングに時間を割くというのは難しいですよね。

お昼休みにウォーキングできる時間があるとは言っても、 せっかくの休憩時間ですから、ゆっくりしたいという思いも十分に分かります。

昼休みに時間を確保できたとしても、 昼ごはんを食べてからウォーキングをしてしまうと、 血糖値が上がっているため、エネルギーは血液中のブドウ糖を使ってしまいます。

脂肪をエネルギーにしていないので、燃焼効率という点では悪いと言わざるを得ません・・・
ですから、昼にウォーキングをするなら、昼ごはんを食べる前にしましょう。

そして、一番のデメリットは紫外線ですね。
昼は紫外線が一番強いですから、しっかりと日焼け対策をしておかないと、紫外線を浴びてしまいます。
紫外線は、美容の大敵ですから、万全のケアが必要ですよ。

あとがき

朝と昼のウォーキングについて、メリットとデメリットを解説しました。
朝と昼だけで比較したら、朝のほうが効果的と言えそうですね〜

ただ、夕方・夜の効果はいかほどでしょうか?
引き続き、②の夕方・夜編もご覧くださいね。

この記事に関するキーワード

  1. ウォーキング
  2. ダイエット
  3. 朝昼夜
  4. メリット
  5. デメリット

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR