ライター:nanatsu

月に1回やってくる・・。厄介な生理前のイライラを解消する5つの方法

毎月決まってやってくる生理前のイライラ・・・わかっていても、周りの家族や仕事場の後輩にイライラをぶつけてしまう。あとから、ものすごく嫌悪感が襲ってくる。毎回の繰り返し、どうにかしたいですよね。まずは、イライラのメカニズムをしっかり把握し、少しでもイライラを軽減する方法を見つけましょう。

シェアする
1

生理前のイライラはPMS(月経前症候群)と呼ばれています。

出典:出典先リンク

女性の8割が経験している、このPMS(月経前症候群)。
イライラの原因はホルモンバランスの変化。

「黄体期」と呼ばれる排卵後から生理前にかけての期間にプロゲステロンの分泌が多くなり、神経伝達物質のひとつ「セラトニン」が減少からイライラの原因となります。

セラトニンは心の安定をつかさどる物質のため、不足するとイライラが起こります。

2

低用量ピルを処方してもらう

出典:出典先リンク

低用量ピルは避妊のための薬ではありません。
女性のための様々な効果が得られるのです。

例えば、生理前のイライラを緩和したり、生理痛も軽くなります。

生理痛の原因は、増殖した子宮内膜の中にはプロスタグランジンという物質が含まれており、この物質が子宮収縮を促すと同時に痛みも引き起こします。
これが生理痛です。

ピルに含まれるホルモンは子宮内膜の増殖を抑えます。
従って、ピル服用中の出血や、出血前後の痛みは、通常の月経と比べて少なくなるのが普通です。
まれに、出血量がゼロになることもあります。

その他にピルの効能は女性特有の病気、子宮がん、卵巣がんになりにくくなったり、乳房の良性腫瘍の発生率が下がります。
また、生理前の肌荒れ、ニキビも軽くなります。

ピルといえば、避妊効果だけかと思っていたのですが、がんや、腫瘍の発生も抑えられるとはびっくりです。

3

ピルに抵抗のある人は漢方を試してみる

出典:出典先リンク

いくら、がんの発生を抑えられるとはいえ、ピルはやはり抵抗がある方には、漢方がお勧めです。

効果はゆっくりですが、自分の体に合った漢方を選ぶことで、かなり生理前のイライラも緩和されます。

PMSの全般の症状に効果のある漢方薬をご紹介いたします。
「桃核承気湯」「桂枝茯苓丸」「当帰芍薬散」

この3つの効果はPMSの症状の便秘、肩こり、のぼせ、出血、月経不順に効果があります。

これとは別にPMSの精神的な症状に効果のある漢方は、「女神散」「加味逍遥散」「抑肝散」 の3つがあり、効果としては、生理前のイライラ、不眠、のぼせなどに効果があります。

漢方薬はドラックストアでも購入できますが、子宮を収縮させる作用がある漢方もあるので、ご自分で選ぶことは避け、医師の診断を受け、処方してもらいましょう。

4

薬に頼らず、自然のリラックス方法を取り入れる

出典:出典先リンク

薬を処方する程ではないものの、でも生理前の憂鬱は解消したいあなたには、アロマはいかがでしょうか。

女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモンバランスを整えてくれるアロマオイルがお勧めです。

わざわざ、オイルポットを用意しなくても、ハンカチやタオルに数滴たらして、部屋に置いておくだけでも効果的ですし、お風呂の湯船に数滴いれてもリラックスでき、体も暖まり、ぐっすり眠れますよ。

代表的な3つのオイルをご紹介いたします。
「ゼラニウム」「クラリセージ」「イランイラン」がお勧めです。

ゼラニウムはローズのような香り、クラリセージはほんのり甘い草木の香り、イランイランはエキゾチックな香りですので、お好みでブレンドするのもよし、単品で香りを楽しむのもよし。

アロマオイルには、リラックス効果だけでなく、美肌を手に入れたり、ダイエットがうまく進んだりと、女子力アップにも効果が期待できそうです。

5

食事療法でイライラは改善できます

出典:出典先リンク

生理前というのは、どうしても鉄分が不足します。
貧血になったり、立ちくらみなどとても危険です。

そこで食事は赤身のステーキをお勧めします。
月に一度、気分転換も兼ね、プチ贅沢な、かつおの刺身や赤身肉のステーキがオススメ!!
デザートにはドライフルーツ、血液をサラサラにする玉ねぎもお勧めです◎

生理前に鉄分を多く摂っておくと生理後の出血による貧血も防げるし、玉ねぎは玉ねぎの血液をサラサラにする効果によって血液を外に出そうとする子宮の動きを軽減しますし、だるさも和らぎ一石二鳥です。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか?
毎月やってくるイライラ、毎度毎度の事だったので、じっと耐えてやり過ごしていましたが、色々な方法で解消できることがわかりましたね。

自分に合ったやり方で、生理前のイライラを解消し、パートナーや仕事仲間にも気を使わせない、出来る女子に生まれ変わりましょう。

この記事に関するキーワード

  1. 生理
  2. イライラ
  3. 方法
  4. 解決

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:nanatsu
age:0
【経歴】ゴルフ場の営業として勤め、出産を機に退社。営業ではコンペ開催、HP作成など色々な業務をしておりました。現在は子供も落ち着き、平日は事務職として働いています。
【コメント】自分の経験してきたことを色々な媒体で発信していけたらと思っています。今興味のあることは、ペット関連です。その中でも猫が大好きです。ペットとしてではなく、保護猫への活動も興味あります。今後は色々なテーマを考えていきたいと思っています。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR