ライター:ちひろ

猫背矯正アイテムが強力サポート! 楽して正しい姿勢を手に入れよう

猫背を治すためには、日頃からの心がけが大切ですが、仕事などが忙しくて「日中はそこまで意識が回らない……」という方も多いかも知れません。そんなときは、猫背の改善をサポートするグッズに頼ってみるのも1つの方法です。おススメの猫背矯正アイテムを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

シェアする
1

マジコ キョウセイベルト

コルセットや腹巻のメーカーとして有名な「中山式」が開発した、猫背矯正ベルトです。

丸くなった背筋を伸ばすには、後方へ反るように下へ引きつける方法がもっとも効果的ということで、クロスベルトでウエストを引きつけることで矯正力を高めます。

クロスした背中のベルトを両肩にかけて、さらに腰部のベルトもつけることで、正しい姿勢を作り上げることができます。

軽さと通気性にこだわった薄地のメッシュ素材を採用しているため、ベルトをつけていてもムレにくく、快適に過ごせるとのことです。
洋服の下に着けていても目立たない薄型タイプなので、つけたまま外出することも可能です。

ただ、無理な締め付けは身体に負担をかけるので、苦しいなと思ったらファスナーを外して、ひと休みしてください。
はじめは10分くらいの装着にとどめて、慣れてきたら少しずつ時間を伸ばすようにすると良いでしょう。

定価は5940円(税込)ですが、中山式の直販ショップであれば3600円(税込)で購入可能です。

ご購入はこちら
2

モグ バックサポーターエイト

数字の8の形をした、かわいいバックサポーターです。
バックサポーターとは、イスの背もたれに置いて使うもの。

8の字のリングが立体的なボリュームを作り出して、背中・腰・ヒップを支えます。
整形医学でもっとも腰に優しいと言われている背骨のS字形状をサポートしてくれるとのこと。

デスクワークが多い方は、座っているときに姿勢が崩れてしまいがちですから、このようなサポーターを活用して、姿勢を正していくことが必要ですね。

また、独自のパウダービーズと伸縮性の高い生地によって、伸ばしたり・縮めたりすることができ、高さを調節できます。
自分の身体に合うように微調整できるので、どんな体型でもフィットするんですね。

さらに、バックサポーターエイトは、大・中・小の3段階のボリュームになっているので、通常の背当てとして使うだけでなく、ボリュームのあるほうを上にして使えば、背もたれ付きのヘッドレストにもなり、さまざまな使い方を楽しめます。

価格は3024円(税込)と、お手頃ですね。

ご購入はこちら
3

トゥグリッパー 指間パット

足指の小指から中指の間に装着する指間パットです。
これを足の裏に着けるだけで、足指を刺激して、身体全体を真っすぐ補正するアイテムです。

足の指にパットを着けることで、姿勢が良くなるなんて、ちょっと信じられないですよね。

実は、日本人の多くは、足の指先でしっかりと踏ん張れていないことが多いそうです。
足の指先で踏ん張れないと、身体の重心がかかと寄りになってしまい、足で均等にバランスが取れないために、頭の位置が前方にずれたり、腰が正しい位置からずれたりして、身体が歪んでしまうとのこと。

そこで、この指間パットを着けると、身体の基盤である足底筋群が発達して、体の重心が正常になって、頭や腰の位置が正しい位置に戻るので、自然と姿勢が良くなるのです。

足から姿勢を正していくなんて、新しい発想ですよね。
でも、言われてみれば、足も腰や背中とつながっていますから、正しく・バランス良く歩くことで、正しい姿勢になるというのも納得です。
上半身だけでなく、下半身も大切という訳ですね。

価格は1900円(税抜)と2500円(ブラックシリカ入り、税抜)の2種類があります。

ご購入はこちら
4

横向き抱き枕

朝、起きたときに肩や首が凝っている感覚があって、疲れてしまっているという方は、寝ているときの姿勢があまりよくないのかもしれません。

1日のうち、3分の1は睡眠時間ですから、寝ているときの姿勢が悪いと、起きたときにも影響してしまうのです。
かといって、寝ているときは無意識ですから、姿勢をコントロールできませんよね。

そこで、この横向き抱き枕です。
U字型になっていて、片一方が長くなっているので、その長い部分を背中に当てて、U字型にすっぽり収まるように横向きになると、背骨と首が正しい位置をキープして、良い姿勢のまま快適に眠ることができます。

背骨と首が正しい位置にあると、呼吸を妨げることもないので、イビキの改善にもつながりますよ。

価格は2480円(税抜)です。

ご購入はこちら

あとがき

猫背を矯正するための便利グッズを4種類紹介しました。
あなたが使ってみたいと思える商品はあったでしょうか。

あなたのライフスタイルに合わせたアイテムを選ぶと良いと思います。
イスに座っていることが多いなら「バックサポーターエイト」、立ち仕事で歩いていることが多いなら「指間パット」というように、日常の生活で大きなウェイトを占めているものに合わせましょう。

それから、これらのグッズはあくまでもサポートであることを忘れないでください。
「矯正ベルト」を着けているから、外しているときは「な〜んも考えないで、楽な姿勢にしよう〜」ではまったく意味がありません。

普段の生活から正しい姿勢を意識した上で、これらの便利グッズを使うことで、より早く猫背を改善できるのです。

グッズをうまく使って、楽しみながら、猫背を治していきましょう!

この記事に関するキーワード

  1. コラム
  2. 猫背
  3. 姿勢
  4. 猫背矯正

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR