ライター:ちひろ

ほうれい線を消すために効果的な食べ物とは?

ほうれい線が出てきて悩んでいるというあなたは、毎日の食事を見直してみましょう。肌のハリ・ツヤを取り戻すために摂取する食材に気をつけてみたり、よく噛んで食べたりするなど、食生活に意識を向けて実践することで、ほうれい線を消すことにつながりますよ。

シェアする

まずは、毎日の食事において、よく噛んで食べることを意識してみてください。
しっかりと噛むことで、表情筋を鍛えることができます。

その意味では、食事のとき以外でも、ガムを噛むことも良いですね。
1回につき、20分くらいは噛み続けることで、表情筋のトレーニングになります。

ただし、食事のときも、ガムを噛むときも、左右両方の歯を使ってバランス良く噛むことを心がけてください。
片方の歯ばかりを使って噛むと、骨格の歪みにつながり、ひいては頬がたるんでしまい、むしろほうれい線ができる原因となってしまいます。

左右バランスよく、しっかり噛むことが大切です。

この基本を抑えたところで、ほうれい線を消すために効果的な食材を紹介します。

コラーゲンを摂る

肌のハリ・ツヤが失われてしまうと、肌のたるみが生じて、ほうれい線などのシワができてしまいます。
肌にとって大切なハリ・ツヤを保つには、コラーゲンが欠かせません。

コラーゲンには保湿作用もありますから、コラーゲンが減ってしまうと、肌が乾燥してしまいます。
肌の乾燥はシワの原因になってしまいますから、しっかりとコラーゲンを摂りましょう。

とくに、年齢が高くなってきているあなた。
体内のコラーゲンは、年齢とともに徐々に減ってしまいますので、意識的にコラーゲンを摂取してくださいね。

<コラーゲンを多く含む食べ物>
・ 鶏肉(鳥皮、手羽先、鳥軟骨など)
・ 豚足
・ 牛すじ
・ ウナギ
・ 鯛
・ 鮭の皮
・ フカヒレ
・ サザエなどの貝類
・ ゼリー

肉や魚には、コラーゲンが含まれているものが多いと言えますね。

「コラーゲンが重要!」と聞くと、1日じゅうコラーゲンを含む食べ物ばかりを摂る人がいますが、実はあんまり意味がありませんよ。
1日に大量に摂取しても、体内で余ったら便などで排出されてしまいますから。
少しずつでいいので、毎日継続してコラーゲンを摂りましょう。

ビタミンCを摂る

ビタミンCはコラーゲンの生成を活発にする働きがあるので、ぜひコラーゲンと一緒に摂ってください。

紫外線対策にも、ビタミンCは効果的です。
紫外線を浴びると、肌の奥深くに浸透して細胞を傷つけ、コラーゲンなどの生成を抑制してしまうため、ほうれい線だけでなく美肌にとって大敵なのです。

さらに、ビタミンCには抗酸化作用もありますから、肌の老化を防いで、みずみずしさをキープすることにもつながります。

<ビタミンCを多く含む食べ物>
・ レモン
・ ゆず
・ キウイ
・ みかん
・ イチゴ
・ アセロラ
・ ブロッコリー
・ さつまいも
・ じゃがいも

かんきつ系の果物には、ビタミンCが多く含まれていますね。

ビタミンCも一度にたくさん摂っても、余分なものは排出されてしまいます。
体内に蓄えておくことは難しいので、毎日こまめに摂取しましょう。

たんぱく質を摂る

肌の主成分はたんぱく質であり、実はコラーゲンもたんぱく質の一種です。
たんぱく質は、肌の新陳代謝を促進し、肌の乾燥を防ぎます。

たんぱく質によって、肌のハリや弾力が生まれているので、ほうれい線対策として、良質なたんぱく質を摂ることも非常に大切です。

<たんぱく質を多く含む食べ物>
・ たまご
・ チーズ
・ ヨーグルト
・ まぐろ
・ かつお
・ 鶏のささ身

たまごや乳製品などに多く含まれていますね。
しっかりとたんぱく質を摂りましょう。

ほうれい線が増えてしまう食べ物

ほうれい線に効果的な栄養素として、コラーゲン、ビタミンC、たんぱく質を紹介しましたが、逆にほうれい線が増えてしまうかもしれない、恐ろしい食べ物があります。

それは、砂糖をふんだんに使った甘いものを食べ過ぎることです。
糖分は、疲労を取り除いたり、ストレスを解消する働きがありますので、適度に摂ることは良いのですが、過剰に摂取してしまうと、カロリーの摂り過ぎによって太ってしまったり、身体が酸化して、老化にもつながってしまうと言われています。

おどかしているようでごめんなさい。
スイーツはとても美味しくて、ついつい食べ過ぎちゃいますけれど、あなたの身体のことを考えたら、あまりお勧めできません。

もちろん、絶対に食べてはいけないというのではありません。
我慢しすぎてもストレスが溜まって身体に良くないですから、例えば「1日のご褒美としてこれだけ食べよう」と、量を決めて食べるのも良いと思います。
あくまでも食べ過ぎないように気をつけてくださいね。

ほうれい線のない、若々しい肌をめざしているあなたなら、きっとできるはずです!

あとがき

さあ、ほうれい線に効果的な食べ物が分かりましたか?
毎日の食事で、少しずつ取り入れてみてくださいね。

もちろん、食事の大前提として、栄養バランスを考えることが大切ですよ。
コラーゲンが摂れるからといって、お肉ばかり食べるのではなく、しっかりと野菜も食べてください。

バランスのとれた食事を続ける中で、意識的にコラーゲンやビタミンC、たんぱく質を摂ることを心がけると、肌がきれいになって、ほうれい線もできにくくなることでしょう。

あなたの肌が美しくなりますように(^^)

この記事に関するキーワード

  1. ほうれい線
  2. 食事
  3. コラーゲン
  4. ビタミンC
  5. たんぱく質
  6. 栄養バランス

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR