ライター:LoverSoul

全身パリパリ!?から乾燥知らずになっちゃおう

乾燥する季節になると、肌の乾燥が気になったり、悩んでいる人って、老若男女問わずとても多いですよね。お風呂に入った直後から「肌がパサパサする」「ピーンと張っている気がする」という声もよく聞きます。どうして肌が乾燥してしまうのか、どうすれば乾燥知らずの肌になれるのか、誰もが知りたいそんな疑問に、今回はお答えしちゃいます!

シェアする
1

どうして肌が乾燥するのか

出典:http://話題なう.jp/

冬になると一気に空気が乾燥したり、寒くなったりして、喉の乾燥から風邪になる人が多くなりますよね。

それと同じで、喉よりも露出している肌は、湿度が低くなって、乾燥するようになると、水分が奪われやすくなってしまうのです。

また、冬場は寒さで厚着をするので、自分でも気づかないうちに汗をかき、洋服に水分を吸収されてしまって、乾燥するなんてこともあるんです。

肌が乾燥する原因はほかにもあって、油の取り過ぎに注意が必要です。

鼻の際やTゾーンなどの油やテカリを気にする女性って多いですよね。
しかし、油とり紙で油を取り過ぎてしまうと、肌は保湿するためにさらに油を出そうとして、肌自体が荒れてしまうことが多いのです。

さらに、考えられるのは、「成人型アトピー性皮膚炎」です。
アトピーというと、ちっちゃい子のアレルギーと思っている方も多いかもしれませんが、成人型アトピーというものがあるんです。
そして、この成人型はストレスと大きく関係しています。

社会に出るとストレスがたまりやすくなり、それによって寝不足や食生活が乱れたりと、肌にマイナスの影響を与えることが多くなり、肌の乾燥・アトピーへとつながることもあるのです。

2

ボディソープの成分を見てみよう

お風呂で毎日使っているボディーソープの成分表を見たことはありますか?

シャンプーやトリートメントの成分表を気にする女性は多いのですが、意外とボディソープは何も見ないで、安いものを使っているパターンが多いように感じます。

あなたが使っているボディソープに、保湿成分は入っていますか?
また、「香料」という言葉にだまされていませんか?

香料がたくさん入っているボディーソープは、良い香りで気持ち良いとは思いますが、刺激を与えやすく、肌が荒れる原因になってしまうのです。

そして何よりも、ボディソープはしっかり泡立てて洗い、しっかり洗い流すことが大切です。
お風呂で毛穴が開いている状態なので、ボディソープの残りカスが毛穴に入って、肌が荒れるということもあるんです。

Mogansのボディウォッシュは、保湿成分をたっぷり配合していて、アロマで豊かな香りを出しているので、肌にも優しく、おススメです♪

商品名 Mogans
ボディウォッシュオールスキンモイスチャライジング
価格 2484円
販売サイトをチェック
3

ストレスから起こるアトピーの対処法とは?

出典:http://www.pilonidaldisease.info/

1で説明した通り、肌の乾燥からアトピーが起きることがあります。
「乾燥肌なのかな」と思って皮膚科に行ってみたら、アトピーと診断される人もいます。

また、アトピーはストレスから起きることもあります。
社会に出ていると、どうしてもストレスはたまりやすくなりますね。
ただ、ストレスがたまると、肌に負担がかかるような生活習慣(栄養バランスの偏った食事、睡眠不足、タバコ・・・)になってしまいがちです。

アトピー性皮膚炎の場合、なぜアレルギー反応を起こしているのかを知ることがとても重要です。
また、保湿を重視したスキンケアをしっかりと行いましょう。

このアトピー性皮膚炎が酷くなってしまうと、スキンケアのみでは対処できず、ステロイド剤に頼らなくてはならなくなってしまいます。

保湿ケアなどをしているのに、なかなか乾燥が治らないと思ったら、まずは自身のストレスや生活環境を見直してみることが、乾燥肌の改善には欠かせません。

4

油の取り過ぎに注意!

油の取り過ぎについて、もう少し説明しましょう。

テカリや脂性肌って、気になり出すとキリがないのですが、ひたすら油とり紙で油を取ってファンデーションなどでマットな肌にしていませんか?

確かにマットでお人形のような肌もきれいに見えるかもしれませんが、油とり紙で油をとってファンデーションを塗るのは、肌にとって逆効果なんです。

肌は油を取りすぎてしまうと、乾燥してしまわないように、さらに油を出そうとします。
そうすると肌荒れの原因になってしまうのですが、油を取らずにテカったままでは嫌ですよね。

そういったときに、一番効果的なのが、実は「ティッシュ」なんです。
テカリを抑える程度に油を取ってくれて、無駄に油を取り過ぎることはないので、さらにテカったりしないんです。

下手に油とり紙などを使うよりも、身近にあるティッシュで油が取れれば、とても便利で経済的ですよね。

商品名 ハロー
ソフトパックティッシュ
価格 193円
販売サイトをチェック
5

全身の保湿を怠らない!

お風呂に入っているとき、毛穴は開いている状態になります。
その状態だと、クリームなどがとても吸収しやすい状態になっています。

お風呂から上がった後に、タオルでとんとんと優しく水分をふきとり、毛穴が開いてる間に塗るというのが最大のポイントです。

ボディクリーム系は、ものにもよりますが、赤ちゃんでも使えるものが多く、ドラッグストアなどで安価に販売されているものが多くあります。

ボディクリームを全身に塗り込むことで、身体のカサカサした乾燥を防ぐことができます。塗るときはマッサージを意識して、塗り込むようにすると良いでしょう。

商品名 ジョンソンボディケア
エクストラケア
価格 390円
販売サイトをチェック
6

とくに乾燥するところは部分保湿を!

全身を保湿するために、全身にクリームを塗っても、すべて均等に塗れるわけでもなければ、均等に乾燥するわけではありませんよね。

誰もが「とくに乾燥しやすい部分」というのがあるはずです。
保湿クリームを塗っているのに、なぜ乾燥肌が治らないのか悩んでいる人もいますよね。

そんな人にオススメなのが「ソンバーユ」です。
アトピーの方や赤ちゃんにも使える上、ヤケドにもつけられる万能品です。

ただ、大量につけると、逆に荒れる原因にもなってしまうため、部分的に保湿するのに向いています。

商品名 薬師堂
ソンバーユ
価格 2160円
販売サイトをチェック

500円で自分だけのオリジナル化粧水が試せる

あれこれ化粧水に迷ったあなたに朗報
なんと500円で誰もが試せる美GENE化粧水が公式に発売されてます。
まだ、試したことがない方は是非、体感してみてください!
保湿効果はもちろんのこと、乾燥肌でお悩みの方やニキビでお困りの方も、その人それぞれに合ったオリジナルの化粧水が手に入ります。

商品名 美GENE 遺伝子キット付き
価格 500円
販売サイトをチェック

この記事に関するキーワード

  1. 乾燥肌
  2. 乾燥
  3. 肌が弱い

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:LoverSoul
age:31
女子バンドを経て音楽関係で仕事をして、アパレル系会社に勤務。さらに化粧品会社に勤めながら、ランジェリー系のプランナーを経て、現在はフリーでライター兼ガールズ系プランナー。日本の女子力を向上を目指しています!

PR