ライター:ちひろ

質の良い睡眠を取る方法

私たちの人生の3分の1は、睡眠時間です。それだけ多くの時間を占める睡眠ですから、美しさを作り上げるという点においても、重要な要素の1つであると言えます。
質の良い睡眠を取ることで、キレイになれるだけでなく、起きている時間の生活がより充実することでしょう。

シェアする

「美は夜に作られる」という言葉があるように、睡眠はただ単に疲労を回復させるだけでなく、女性の美容にとっても非常に重要です。

例えば、夜10時〜朝2時のゴールデンタイムというのを聞いたことがあると思います。
この時間に眠りについていることが美しさの秘訣と言われていますね。

なかなかこの時間に寝るのは難しいかもしれませんが、美容のためには
しっかりと睡眠時間を確保するとともに、質の良い睡眠を取る必要があります。

あなたは毎日、ぐっすりと眠れていますか?

美容のために、質の良い睡眠を取る方法を紹介しましょう。

1

食事を睡眠の2時間前に済ませておく

食べ物を口に入れた後、体内では食べ物を消化するための活動が始まり、消化器官が少なくとも2時間は働きます。

消化器官が働いているままですと、脳や神経はしっかりと休むことができません。

睡眠をとる2時間前には、食事を済ませておきましょう。

また、夕食はなるべく消化の良いものを摂ることを心がけましょう。
消化器官にあまり負担のかからない食事を摂ることで、消化器官の働きもスムーズになり、快眠につながります。

2

入浴は睡眠の1時間前までに

人間の身体は、寝るときに体温が下がっていくことによって、うまく眠りにつくことができるのです。
ちなみに、寝ているときの体温は約1℃下がっています。

ですから、就寝の1時間前までに、お風呂に入って十分に身体を温めて、1時間くらいかけて少しずつ体温が下がってきたところで、布団に入ると、眠りにつきやすくなります。

3

寝る前にストレッチをする

お風呂に入って、身体が温まった後に、ストレッチやマッサージなどの軽い運動を行うこともおススメです。

血液の循環が良くなって、心も身体もリラックスできます。
5分でもいいので、毎日続けることがポイントです。

ストレッチをしてから布団に入るという行動を繰り返すことで、脳や神経に「ストレッチをしたら、もう寝る時間だ」という信号を送ることができるわけです。

これで、布団に入るときには、脳や神経が休む準備に向かっているので、良い睡眠が取れるようになるでしょう。

4

飲み物はノンカフェインのものを

寝る前は、なるべくリラックスした状態を作ることが望ましいので、ノンカフェインの飲み物を摂るように心がけましょう。

とくに、香りのいいハーブティーなど、リラックス効果の高い飲み物がおススメです。

カフェインの入ったコーヒーなどは、覚醒作用がありますので、就寝前には控えたほうが良いと思います。

アルコールもお勧めできません。

寝付きが悪いために、「寝るためにお酒を飲んでいる」という人も多いようですが、アルコールを摂取していると、質の良い睡眠は取れません。
アルコールで寝付きは良くなるかもしれませんが、夜中に目が覚めてしまったりして、ぐっすり眠れていないのです。

5

寝る前になるべくスマホを見ない

いまや私たちの生活にスマートフォンは欠かせませんが、スマートフォンやタブレット、パソコンの画面の光は、知らず知らずのうちに私たちの脳に刺激を与えています。

ずっとスマホなどを見ていると、脳や神経が休まらないのです。

最初は難しいかもしれませんが、少しずつ寝る前はスマホなどを見ないようにしていきましょう。

最近では、質の良い睡眠を取るために、あえて寝室にスマホなどを持ち込まないというルールを決めている経営者も増えていると聞きます。
女性にとっても、経営者にとっても、質の良い睡眠をとることは重要なのですね。

ぜひ、スマホを見ない癖を付けましょう。

6

部屋を暗くして寝る

スマホで説明した通り、光の刺激は睡眠に深く関係します。

私たちの網膜が受ける光の量が減ることによって、メラトニンという睡眠へと誘導してくれるホルモンが分泌されます。

私たちの身体は、周囲の環境が暗くなったことをメラトニンの分泌で把握して、脈拍や体温などを低下させて、睡眠の準備に入るのです。

ですから、なるべく部屋を暗くして寝ましょう。

遮光カーテンや雨戸、アイマスクなどを使って、暗い環境を作り上げてもいいですね。
真っ暗では寝られないという人は、月明かりのような暖かみのある明かりをうまく使ってみてください。

真っ暗で寝た分、朝起きたときは、カーテンを開けて、思いっきり朝日を浴びましょう。
光を浴びると、脳や身体が活性化されて、1日の活動の準備を始めることができます。
質の良い睡眠を取れば、朝の目覚めも気持ち良いですよ!

7

アロマでぐっすり

寝付きが悪くて悩んでいるという人は、アロマを利用してみてはいかがでしょうか。
心地よい香りに包まれると、スムーズに眠りにつけますよ。

いま、さまざまな香りのエッセンシャルオイルが販売されていますから、あなたがリラックスできる、お気に入りの香りを見つけてみましょう。

それでも「たくさんありすぎて、どれがいいか分からない!」という人にはラベンダーやカモミール、ベルガモット、ローマン、ネロリなどがリラックスできるでしょう。

8

リラックスした寝る姿勢

寝るときは、どのような姿勢で寝ていますか?
仰向けで寝る人、うつぶせで寝る人など、皆さんそれぞれの癖があると思いますがやはり一番リラックスできるのは、「仰向けで手足を伸ばした状態」で寝ることです。

このリラックス状態によって、体内のリンパ球が増えて、免疫機能も高まります。

仰向けで手足を伸ばして寝ましょう。

あとがき

いかがでしたか。質の良い睡眠を取るための8つの方法を紹介しました。

ただ、どんなに質が良くても量(睡眠時間)が少なすぎては、良い睡眠になりません。

私たちの理想の睡眠時間は、一般的に7時間半と言われています。女性の皆さんは、主婦の方でも、働いている方でも、忙しい毎日を送っていることでしょう。睡眠時間をしっかりと確保することはカンタンではないかもしれません。

でも、質の良い睡眠を取れていれば、疲労の回復度もまったく違うので、日中によりアクティブに活動することができます。
女性の美容にも大きな効果がありますからね。健康的で美しくなりたいあなたは、しっかりと睡眠を取りましょう。

この記事に関するキーワード

  1. 睡眠
  2. 美容
  3. 食事
  4. 入浴
  5. 飲み物
  6. アロマ
  7. リラックス

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR