ライター:nanatsu

風邪の季節を健康的に!知っているようで知らなかった【健康豆知識】

風邪が流行りだす時期になってきました。あなたは風邪をひくとどのように過ごしていますか??実はあなたの行動間違っているかも・・・!?今回は、ちょっとした豆知識をご紹介します。

シェアする

出典:出典先リンク

テレビでも風邪薬のCMを見かけるようになり、エアコンをつける日も多くなってきました。
いよいよ、風邪の季節到来です。

風邪はこじらせると厄介ですよね。
出来たら、初期段階でなんとか治したいものです。

でも、ちょっと待って!?
あなたの風邪予防、本当に合っていますか?

風邪を引いたくらいでは仕事休みたくても休めない。。
そんな頑張り屋さんのあなたのために、知っているようで実は知らなかった風邪についての豆知識をご紹介させていただきます。

しっかり風邪予防して、元気に健康的に過ごしましょう。

1

風邪を引いたらお風呂はダメなの?

出典:出典先リンク

子供の頃、風邪を引くと、お風呂へ入らず寝かされていませんでしたか?
でも、これって間違いなんです。

昔の家はお風呂が家になく、銭湯まで歩いて行っていたので、家に帰るころには湯冷めをしてしまうのを心配して風邪の時はお風呂へ入らず寝かされていたのです。

それに、元々日本人は熱めのお湯に入る傾向がありますので、風邪でなくても体への負担は大きいようです。

欧米では、風邪を引くと半身浴で体の芯まで温めることを勧めるそうです。
お風呂に入ることで、体は清潔になりますし、湯気を吸うことで、気管を乾燥から守りますし、いいことづくめです。

もちろん風邪の症状が重い場合や、高熱が続いているような場合などは当然入浴は止め、すぐに寝るか、病院へ行くことをお勧めします。
薬を飲んで睡眠をしっかりとってください。

2

ヨーグルトでおいしく風邪予防♪

出典:出典先リンク

R-1乳酸菌の入ったヨーグルトドリンクを毎日1本摂取し続けた小学校があり、そこでは、他の地域の学校に通う子供たちと比べ、インフルエンザへの感染率が格段に低いというデータがあります。

この結果でもわかるように「R-1乳酸菌」には、風邪を引く原因となる風邪ウイルスに感染した細胞を撃退する『NK細胞』を活性化させる働きを持つもので、子供たちにはもちろん高齢者の方々にも予防の意味で効果的です。

朝、牛乳を一杯飲む習慣のある人はその一杯をヨーグルトに変えてみるだけで、おいしく健康的に風邪の季節を快適に過ごせますよ。
ぜひ、一度試してみてはいかがですか?

3

女子力UPのアロマで風邪予防♡

出典:出典先リンク

アロマはリラックス効果だけではなく、風邪予防に効果のある精油でもあることをご存知でしたか?

今から、ご紹介させていただくアロマは抗菌作用も高く、発汗や解熱作用もあり、風邪の予防や、初期症状に最も効果的です。

まず、【ユーカリ】
ユーカリには強い抗菌、抗ウイルス作用が期待できます。
また、ユーカリに含まれる1.8-シネオールという成分はタンを切るのに優れているので、セキ、ぜんそく、鼻づまりのホームケアに使われることもあります。

次に【ティートリー】
こちらも強い抗菌、抗ウイルス作用が期待できます。
ユーカリよりもやや香りがやわらかいので、香りの好みによってティートリーを選ぶのも良いかもしれません。

他にもラベンダーやレモンなども風邪予防に適しているといわれています。
好みの香りでマスクに数滴たらしたり、除湿器の中に入れたり使い方は様々です。

4

実は間違い?!熱を下げるってダメなの?

出典:出典先リンク

風邪を引くと、なんとか熱を下げようと、おでこに冷えピタ貼ったり、水枕を使ったりと、必死に下げようとしますよね。

でも、熱が上がるにも理由があるのですよ。
熱が上がっている体の中では白血球とウィルスが戦っているのです。

戦っている最中では、いくら体を冷やしても熱は下がらないのです。
寒気がしているのに無理に冷やそうとするのは逆効果です。

あと、注意していただきたいのは、汗を無理に出そうとしないことです。
体力が落ちているところに無理やり汗をかこうとすれば、ただ体力を消耗するだけです。
脱水症状を招き、大変危険です。

熱が出たら、睡眠をしっかりとり、安静にしておくことが一番です。
自分の免疫力を信じ、熱が下がるのをじっと待ちましょう。

5

夜中咳が止まらなくて寝られない!咳を止める方法とは

出典:出典先リンク

風邪を引くと、夜中咳き込んで、寝られない時ありませんか?
咳が止まらなくて、苦しくて寝ていられません。

どうして、夜になると咳がひどくなるのでしょうか?
それは、夜は副交感神経が優位になるので気管支が収縮しやすくなることで気道が狭まり、咳が出やすくなると言われています。

では、咳を止めるにはどのような方法があるのでしょうか?
まず、温かい飲み物を飲みましょう。
体も暖まりますし、湯気で喉が加湿されます。

お湯の中にはちみつを溶かした飲み物が効果的です。
はちみつのとろりした部分が喉の乾燥を防いでくれます。

また、背中を温めてあげるのも効果的です。
肩甲骨の間に咳を鎮めてくれるツボもありますし、風邪を引き背中が筋肉痛のような痛みの出る人も温めることにより、痛みが和らぎます。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがだったでしょうか?
私たちは食生活も生活環境も昔より断然よくなり、便利で快適になった反面、昔の人たちよりも免疫力が低下してしまいました。

科学が進歩し、細菌を早い段階で察知できるようになり部屋でも外でも何でも殺菌と書かれたものであふれています。

私たちは昔より菌に接する機会が減り、菌に対する抵抗力を養うことなく大人になってしまいました。

現代の科学の進歩と、昔の生きるための知恵を融合させ、菌もうまく取り入れながら暮らしていければ、殺菌ばかりに気を取られることもなくなります。

何事もやりすぎはいけません。
程々が生きていく上で丁度よいのです。

この記事に関するキーワード

  1. 健康
  2. 豆知識
  3. 風邪
  4. ヨーグルト
  5. アロマ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:nanatsu
age:0
【経歴】ゴルフ場の営業として勤め、出産を機に退社。営業ではコンペ開催、HP作成など色々な業務をしておりました。現在は子供も落ち着き、平日は事務職として働いています。
【コメント】自分の経験してきたことを色々な媒体で発信していけたらと思っています。今興味のあることは、ペット関連です。その中でも猫が大好きです。ペットとしてではなく、保護猫への活動も興味あります。今後は色々なテーマを考えていきたいと思っています。

PR