ライター:まさ子

冷え性にバイバイ☆簡単にポカポカ温まる4つの方法

寒い季節はクリスマスに年越し、イルミネーション、バレンタイン…と出かけるイベントが盛りだくさん!「だけど冷え性だし、外出したくないなぁ」というあなたに、今日から簡単にできる冷え性対策を紹介します。身体の芯から温まって、寒い冬もアクティブに出かけましょう☆

シェアする
point
  • 寒い時には冬野菜!
  • 生姜でポカポカあったか
  • 白湯で簡単ポカポカ
1

冬野菜を食べよう!

出典:出典先リンク

あなたが冷え性になっている原因に食生活の可能性があるかも!

「食べることは、生きるること」と言われるくらい、食べるものは大切です。

でも、何を食べたらいいのか分からない!忙しくて食べるものに気を配れない!というあなた!

【冬野菜】を食べてみましょう。

夏野菜には身体を冷やす働き、冬野菜には身体を温める働きを持っています。

普段食べているものを冬野菜に変えるだけで、美味しく冷え性対策をしちゃいましょう☆

冬野菜の具体的なものは、かぶ・カリフラワー・小松菜・ごぼう・春菊・大根・ねぎ・白菜・ほうれん草等があります。

料理するのが面倒って人は、簡単な鍋にしてもいいですし、外食で冬野菜のものを食べるように意識するだけでもいいですね♪

2

生姜を食べよう!

出典:出典先リンク

風邪の予防やダイエット等、幅広く愛される【生姜】。

そんな生姜はもちろん、冷え性対策にもおススメです!

風邪をひいて生姜湯を飲んだら、温かくなった記憶はありませんか?

生姜を食べるたり飲んだりすると、血行がよくなり身体の中からポカポカしてきますよね。

海外では薬に使われることもあるそうです。

生姜を使った料理だと、豚肉の生姜焼きやホットジンジャー、鍋の薬味として等、色々な活用法がありますね☆

想像しただけでお腹がすいてきます!

便利で親しまれる生姜を料理に生かしえて、身体の芯から温まりましょう♪

3

白湯を侮るなかれ!

出典:出典先リンク

とにかく面倒臭いというあなたには、【白湯】がおススメです!

なんといっても白湯は水を沸かして、少し冷ますだけでできちゃいます☆
お湯を飲むのですから、飲んだら温かいのは当たり前ですよね。

でも白湯には新陳代謝を高める効果もあります。

胃腸などの内臓機能を温め、血の巡りをよくしてくれます。
さらにデトックスや利尿作用、ダイエット効果もあると言われています。

またお湯なので、どんなに飲んでもカロリーゼロというのもいいですね♪

しかも無料!

朝の一杯、お休み前の一杯に白湯を飲んで、綺麗に温まりましょう。

4

白湯をアレンジして楽しもう!

出典:出典先リンク

白湯を飲み始めた頃は何も感じないけれど、慣れてくると白湯を甘く美味しく感じられるようになってきます。

そのまま飲んでも良いのですが、感単な白湯だからこそアレンジも楽しみやすいですよね。

ここでは、多く愛用されている【白湯のアレンジ】の例をご紹介します。

白湯+生姜
白湯+シナモン
白湯+黒砂糖
白湯+梅
白湯+レモン
白湯+みかんの皮
白湯+柚子
白湯+昆布
白湯+はちみつ
白湯+塩

白湯には色々なもの合うので、アレンジも無限大☆

白湯+二つ三つ組み合わせて、自分のオリジナル白湯を見つけるのもいいですね♪

また、その日の体調に合わせてアレンジを変えるのも楽しそうです。

あとがき

出典:出典先リンク

ここでは簡単に温まる4つの方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

どれも今日から実践できる簡単な方法だと思います!
全部実践しなくても、気に入ったのを一つからはじめてもいいですね。

寒さの本番はまだまだこれから!

できるなら、健康に元気に冬を過ごしたいですよね。

冷えは万病のもとともいうので、今回紹介した冷え性対策を参考に、楽しく簡単に温まって、冷え性とサヨナラしちゃいましょう!

この記事に関するキーワード

  1. 冷え性
  2. 冬野菜
  3. 生姜
  4. 白湯
  5. レシピ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:まさ子
age:28
いくつになっても、美に対しての探求心はモリモリです☆ 可愛いもの大好き! 可愛くなるのに制限なんてない! どんな人でも可愛くなれる!!! コラムを通して、読んでくださる方も、私も可愛くなっていけるように頑張ります♪

PR