ライター:ギュル

世界へデビュー!憧れの海外移住に備えてやるべきこと5つ

誰もが一度は憧れる海外移住。でも、実際はどのようなものか行ってみないとわからない。。不安もあるけどいつかは!!と思っている方も多いのでは?そこで今回は、海外移住に向けて備えておくべきポイントをご紹介します♡

シェアする

出典:出典先リンク

海外移住!なんて素敵な響きでしょう。
ネイティヴ並みに英語を操り、イケメンでイクメンな外国人の旦那さん、めっちゃかわいいハーフの赤ちゃん、映画のようなロマンチックなデート・・・♡

そんな映画のような生活を夢見てる人が多いかと思います。
が、しか~しっっっ!現実はそんなに甘いモノではありません。

言葉の壁、人種の壁、果ては日本で感じたことのない宗教の壁!
いろんな壁が、希望に胸を膨らませたあなたの前に立ちはだかります。

その壁を越えるため、実際に海外移住した私から今できることをアドバイスしちゃいます♪

1

まずは言葉の壁!語学を伸ばそう

出典:出典先リンク

やっぱり何をおきましても、言葉です。
語学力がないと何も始まりません。
もちろん、それと共に「伝える努力」も。

いきなり流暢に話せというのは無理ですし、日本人の性格上、正しい発音、正しい文法じゃないと恥ずかしいという気持ちが先に立ってしまい、なかなか口に出せない人も多いですよね。

恥ずかしいなら、恥ずかしくないように発音&文法の勉強をすることは大事ですし、慣れれば多少間違っても大丈夫ということも学べます。

例えば映画を見たり、音楽でも、外国語を聞いて慣れることも大事です。

今は世界中の人とチャットやメールができますので、友人を作るのも有効かも◎

2

その国の過去と現在を知っておきましょう

出典:出典先リンク

語学留学をする際に大事なのは、自分の国を知ることですが(英語クラスで母国について発表することが多々)、海外移住の場合はそれに加えて、その国を知ることです。

日本では思いつかないタブーがあったりしますし、その国の歴史や人種構成を学んでいく上で、自分に有利な情報も得られます。

例えば、アメリカや欧米でしたら、食文化には開けた国なので日本食が大変な人気。

そうなると、寿司職人や板前さんなど、日本食のプロフェッショナルが求められる所になります。
ちょっとした和食レストランでの仕事を望んでいるのなら、お料理の勉強をしておくのも有効でしょう。

宗教上のタブーも事前勉強が必要です。
日本では考えられないタブーがあります。
それを知らずに冒してしまうと、命に関わるので気を付けましょう。

3

お金は心が折れたときの助けにもなります

出典:出典先リンク

海外移住決行の前に、お金のこと。
お金はあるに越したことはありません。
できるだけ貯金しておきましょう。

すぐに仕事が見つかったとしても、その給料が入るのは1ヶ月先。
その前に家を探したり、それに伴う生活費など、初めの半年くらいはどんどんお金がなくなっていきます。

また、仕事が思うように見つからなかったり、言葉や文化の壁で海外生活がおもしろくなかったり、様々な理由で落ち込むこともあるでしょう。

そんな時は、気分転換におしゃれして、素敵なカフェやレストランで贅沢してみたり。
気分転換にもお金の余裕が必要です。

お金がないという焦りで、心までへこんでしまうことも。。
半年は仕事がなくても何とかなる!くらいの貯金をしておきましょう。

4

トラブルも楽しめるくらいの広い心構えで

出典:出典先リンク

ここからは、心構えについて。

基本的に、日本より快適な国はありません。
飛行機も地下鉄も、渋滞のあるはずの路線バスも、すばらしい緻密さで予定通りに遂行されます。

そんな国、日本だけです!!

バスが1時間来なかった。土日にはほとんど走ってない。
最終が20時。果ては、客がいないからと勝手にルート変更など。
日本では考えられない、ありえないトラブルが目白押しです!

それにイチイチ怒り爆発させていては、体が持ちませんし、おもしろくありません。
そのトラブルも楽しめるくらいの心を持ちましょう(自分にも言い聞かせてマス)。

5

信用できる母国の友人を見つける

出典:出典先リンク

語学留学の時は、同じ日本人を避ける人も多いですよね。
語学力向上のため、これは理解できます。

でも、海外移住はまた別物です。
移住となると長期に渡ります。

その時、やっぱり気持ちを分かち合えるのは同じ国の人。
心置きなく、母国語で愚痴を言い合ったり、悩みを相談したり。

また、情報収集のためにも、日本人の輪に加わって置くことは悪いことではありません。

ただ、小さくとも、良くも悪くも日本人コミュニティ。
噂や妬み、僻みなどのゴシップも多いので、注意は必要かも。

あとがき

出典:出典先リンク

海外移住、島国の日本だからこそ、多大なる憧れと希望、不安があります。
その不安を少しでも小さくして、憧れと希望を大きく膨らませ、世界へ羽ばたいてみましょう!

世界は広いです。
日本では感じられない感覚、充実感や疎外感もあります。

日本のいいところ、悪いところ、海外のいいところ、悪いところ、それらを全部ひっくるめて、たった一度の人生を悔いなく、謳歌できますように♡

この記事に関するキーワード

  1. 海外
  2. 移住
  3. 英語
  4. アドバイス

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ギュル
age:0
【経歴】13年、旅行の添乗員をしていました。日本国内外を飛び回り、また休みを取っては海外へ短期留学をし、たくさんの事を自分で見て、聞いて、考えて、吸収してきました。現在はトルコ/イスタンブール在住で旅行業に携わっています。
【コメント】世界で通用するような!いいオンナを目指して、一緒に楽しんでもらえたら、と思います♪

PR